イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)

2011年5月26日

こぎれいで格好よい役目より
内面の痛みを表現したい


名前
イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)
おすすめ作
怪しい三兄弟 DVD-BOX 1
カムバック マドンナ~私は伝説だ DVD-BOX1
Works
■TVドラマ
シティーハンター (2011 SBS)
私は伝説だ (2010 SBS)
怪しい三兄弟(2009 KBS)
シティホール (2009 SBS)
スターの恋人 (2008 SBS)
彼らが住む世界 (2008 KBS)
糟糠の妻クラブ (2007 SBS)
7月末で韓国にて「シティハンター」が無事終了しました。

こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現したい

一日に3編ずつをぶっ通しで見た中学高校時代。大学では自身で短編映画を製作したりした熱血映画通。「セブン」などフィンチャーやタランティーノ作品のようなジャンルの映画を良く観たそうで、彼は過去のインタビューで「こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現することができる演技に挑戦して見たい」と語っている。

プライベートで何度か来日していて、結構日本通。イラストがかなりの腕前で、来日の折、ファンにプレゼントし好評だった。

参照記事
映画通イ・ジュンヒョク
写真
こちらより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

キム・ナムジュ(Kim NamJu)
1992年のビューティーコンテストから1994年SBS公採タレント入社。 韓国ではファッションアイコンとして都会的な装い、ヘアースタイルで流行を牽引した。 ドラマ「モデル」はベトナムでも人気を博し、ベトナム女性たちが一番似てみたい女優に選ばれたこともある。2005年4月、俳優キム・スンウと結婚。二人のお子様がいらっしゃいます。 2008年に復帰、いまや確かな実力持つ中堅女優の代表格。2010年、「逆転の女王」でMBC演技大賞(最高俳優)に輝いた。 おすすめ記事イ・ボヨン、チェ・ジウ、キム・ナムジュ、「若いおばさん」バトル! 写真はhttp://blogs.yahoo.co.jp/omakaseseoul/14495828.htmlおまかせソウルより
イ・ヨウォン(Lee Yo-won)
ドラマ「私の期限は49日」が、韓国で5月に無事最終回。 高校2年生のとき、芸能人キャスティング大会「ユマーエンタープライズ」で大賞を受賞し、芸能界へ。 最初に注目を集めたのは2001年、ドラマ「青い霧」と、初主演だった映画「子猫をお願い」。 2年後、22歳で結婚と同時に一時引退、「ファッション70’S」で復帰した。 素朴で優しげな雰囲気にして、抜群の存在感、豊かな表情。 出産し一児の母だが、出演作が次々ヒットして大忙しのようです。 写真は「外科医ポンダルヒ」より
イ・スンジェ(Lee Soon-jae)
7月20日より韓国にて「姫の男」が始まりました。 皆さん(私も)大好きな重鎮俳優さん。「ホジュン」「商道」「イ・サン」「善徳女王」など、出演作は数知れず。韓国では「カールじいさんと空飛ぶ家」のフレドリクセンの吹替も担当。 趣味がクラリネットで「ベートーベン・ウィルス」出演時に披露している。 80年代から政治と関わり、90年代初頭には国会議員も経験。 後輩の育成にも尽力しており、放送業界の殿堂入りも果たしているほどの大人物。 これほどの人なのに芝居の中では飾らず、楽しんで演じている素敵なベテラン! 参照記事http://navicon.jp/news/8471/>自殺行為に骨ある一言 写真http://matome.naver.jp/odai/2126466921288880601>こちらのサイトより
イム・ドンジン(Lim Dong-jin)
病から回復した重鎮 大衆文化人としての自尊心と誇り 1964年演劇でデビュー。ドラマにも多数出演していて、中でも「王と妃」の世祖役では1998年KBSの優秀俳優に選ばれた。 2000年に甲状腺の腫瘍手術を受け、翌年脳梗塞で倒れる。1年ほど闘病し無事復帰。かねてからキリスト教徒で、復帰後、神学校を卒業し牧師の免許を取得している。 故チャン・ジャヨンさん事件に揺れた2009年には、国会議員会館で行われたセミナーで、今の韓国芸能界をとりまく道徳的乱れについて話し、「立場の弱い芸能人に対する保護制度が必要だ」と訴えている。 この方やイ・スンジェさんなど、発言に重みを持つ大ベテランの存在は大きいですね! 参照記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=100956放送芸能人の昨日と今日 写真はhttp://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/imdonjin_p.htmlより
パク・イナン(パク・インファン)(Park In Hwan)
父親役といえばこの人 最近は映画の出演も活発 1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編 である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。 父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が 活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを 観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。 「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、 人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」 参照記事はこちら「執行者」(韓国語)。 2006年のインタビュー記事(韓国語)。

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!