コン・ヒョジン(Kong HyoJin)

2011年5月28日

等身大な女性の姿を体現できる
とても気さくな女優さん

名前
コン・ヒョジン(Kong HyoJin)
Profile
生年月日:1980年4月4日
身長:172cm
体重:48kg
血液型: A
出身:ソウル
おすすめ作
Works
■ドラマ
最高の愛 (2011 MBC)
パスタ〜恋が出来るまで~ (2010 MBC)
ありがとうございます (2007 SBS)
乾パン先生とこんぺいとう (2005 SBS)
サンドゥ、学校へ行こう! (2003 KBS)
雪だるま (2003年 MBC)
勝手にしやがれ (2002 MBC)
華麗なる時代 (2001 SBS)
■映画
ミスにんじん (2008)
タチマワLee (2008)
息子 (2007)
幸福 (2007)
M (2007)
家族の誕生 (2006)
天軍 (2005)
品行ゼロ (2002)
分別のない妻、波瀾万丈な夫、そして太拳少女 (2002)
緊急措置19号 (2002)
サプライズ (2002)
火山高 (2001年)
ガン&トークス (2001)
ラスト・プレゼント (2001)
少女たちの遺言 (1999)
韓国では「最高の愛」が6月に無事終了。

個性的で独特な持ち味で、等身大な女性の姿を体現できる女優さんのひとり。周囲の人たちからは、裏表がないさっぱりとした性格で、とても気さくな性格、とのこと。

学生時代をオーストラリアで過ごし、その経験が演技にも現れているような感じを受けます。大胆さと繊細さ。

今泣いた烏がもう笑った、みたいなさっぱりしたものがありつつ、凛とした芯の強さもしっかり感じさせる方。本当に面白い!私は「パスタ」を観てファンになりました。

環境問題に関するエッセイを発表し、話題を集めたこともある。

参照記事
環境エッセイ集「空冊」
写真
パスタ壁紙

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

青山さんとすぎやまさん
保守最高の連携ですね! 青山繁晴の道すがらエッセイ、6月27日分より
コ・ヒョンジョン(Go Hyeonjeong)
人気絶頂時に引退、10年を経て復帰し、第一線で活躍 ご存知「善徳女王」でのミシルさん。 ミシル役で2009年MBC大賞(最優秀俳優)。翌年は「レディプレジデント~大物」でSBS大賞と2年連続のベスト俳優です。凄い! 09年名品イメージ女性1位(2位はイ・ヨンエ)に選ばれる など、ファッションリーダーとしても一流である彼女。 韓国ドラマ史上3位の視聴率を記録した「砂時計」のヒロインとして人気を獲得したさなか、財閥との結婚で引退。 その後8年の歳月が流れる。 2003年11月に離婚を発表。周囲の心配をよそに「春の日」で見事復帰した。 清純なイメージを見事振り払い、スター女優として活躍中。 写真はhttp://ameblo.jp/binyuming/entry-10416394776.html名品イメージ芸能人より
ハン・ジミン(Han JiMin)
韓国で1月に映画「朝鮮の名探偵」が公開、キム・ミョンミンと共演。 日本での公開は未定のようです。 身長160cm弱。170cm以上の長身女優が多くいる韓国芸能界においてとても小柄。しかし健気で愛らしい存在感、力のある澄んだ大きな瞳は、凛とした演技力とあいまって、物語の局面局面で観る者の心を掴んで放さない。 とある記事によれば、「幼い頃からたっぷりと家庭の愛情を受け育ってきたことがうかがえる、愛らしさ」。「オールイン」で同い歳のソン・ヘギョの子供時代を演じたのも今や懐かしい話。 「カインとアベル」の後、準備中だったドラマと映画の制作が白紙となったため、1年半の長い休みとなっていたが、ようやく映画「朝鮮の名探偵」が公開され、興行も大成功。 参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0120/10079289.html予想外の空白期 写真http://blogs.yahoo.co.jp/almdaunsanullim/32975108.html>こちらのブログより
チャン・ヒョク(Jang Hyuk)
韓国で10月より、時代劇「根深い木」が放送開始。 武術家の一面も持つ 挑戦意欲の高い俳優 2000年にドラマ「ワンルンの大地」に出演以来、ハイペースで映画、 ドラマ、MVなどに出演し人気上昇のさなか、2004年に入隊、一時 業界から離れる。韓国の男性芸能人なら誰もが通る試練の時期だ。 彼は兵役後の復帰に最も成功した芸能人と言われ、 MBCのドラマ「ありがとうございます」の好演で高い評価を受けた。 作品を選ぶ基準は、俳優として挑戦意識を持てる作品。 独特の、ゆっくりとした多少のろい喋り方も愛嬌がある。 日頃よりジークンドーも学んでいるので、殺陣の場面の動きは一級品。 参照記事http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=1088まだ現在進行形 写真はhttp://komasumida-janghyuck.blog.so-net.ne.jp/2009-10-23ファンの方のブログより
イ・ソンギュン(Lee Sonkyun)
優しいロマンチストから 厳しい役まで、安定した演技力 優しいイメージの男性役が似合い、ソフトで深みのある印象的な声。多彩な作品に出演するイ・ソンギュンは実は下積みが長い。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからドラマ「白い巨塔」に出演したあたりからである。そんな経歴からか、作品が良ければ、端役でもOKとか。 今や、最高のロマンチストにぴったりの俳優。しかし、ひとつのイメージにこだわらない彼は、常に多彩な役どころを選ぶ。 「パスタ」では驚くほど意地悪な役。この変身ぶり!いやはや、役者ですね。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!