チャン・ヒョク(Jang Hyuk)

2011年5月26日

武術家の一面も持つ
挑戦意欲の高い俳優

名前
チャン・ヒョク(Jang Hyuk)
Profile
生年月日:1980年12月20日
身長:177cm
体重:63kg
血液型: O
出身:釜山広域市
おすすめ作
Works
■ドラマ
根深い木(2011 SBS) 10月より韓国にて放送中
マイダス(2011 SBS)
イブのすべて(中国版)(2010年 中国浙江テレビ)
推奴(2010 KBS)
タチャ(イカサマ師)(2008 SBS)
猟奇的な彼女(日本ドラマ)(2008 TBS)1回戦ゲスト
不汗党(ブランダン)(2008 SBS)
ありがとうございます(2007 MBC)
大望(2002年~2003年 SBS)
明朗少女成功記(2002 SBS)
ワンルンの大地(2000 SBS)
学校(1999 KBS)
日差しに向かって(1999 MBC)
モデル(1997 SBS)
■映画
ウサギとリザード(2009)
オガムド(2009)
ペントハウス象(2009)
情熱のステップ(ダンス・オブ・ザ・ドラゴン)(2008)
Sダイアリー(2004)
僕の彼女を紹介します(2004)
英語完全征服(2003)
トイレどこですか?(2002)
ジャングルジュース(2002)
火山高(2001)
チャン(1998)


韓国で10月より、時代劇「根深い木」が放送開始。

武術家の一面も持つ
挑戦意欲の高い俳優

2000年にドラマ「ワンルンの大地」に出演以来、ハイペースで映画、
ドラマ、MVなどに出演し人気上昇のさなか、2004年に入隊、一時
業界から離れる。韓国の男性芸能人なら誰もが通る試練の時期だ。
彼は兵役後の復帰に最も成功した芸能人と言われ、
MBCのドラマ「ありがとうございます」の好演で高い評価を受けた。
作品を選ぶ基準は、俳優として挑戦意識を持てる作品。
独特の、ゆっくりとした多少のろい喋り方も愛嬌がある。
日頃よりジークンドーも学んでいるので、殺陣の場面の動きは一級品。

参照記事http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=1088まだ現在進行形
写真はhttp://komasumida-janghyuck.blog.so-net.ne.jp/2009-10-23ファンの方のブログより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

パク・イナン(パク・インファン)(Park In Hwan)
父親役といえばこの人 最近は映画の出演も活発 1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編 である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。 父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が 活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを 観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。 「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、 人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」 参照記事はこちら「執行者」(韓国語)。 2006年のインタビュー記事(韓国語)。
キム・スンス(Kim SeungSoo)
私の母の一押し俳優キム・スンス 優しげな紳士役と鬼気迫る悪役 善悪どちらもOKの優しげな貴公子は幅広い演技力を持つ体育学を専攻したスポーツマン。デビュー時から優しい紳士的な男性役が似合う俳優で、2003年のドラマ「百万本のバラ」で、自由気ままな青年を演じ、 KBSの優秀演技賞を受賞している。 そして大作ドラマ「朱蒙」で自身初の悪役に挑み、高い評価を得た。 2009年2月初来日。 どんな厳しい悪を演じても誠実な一面を垣間見せるのはさすが。 韓国では「今日のごとくあれ」が11月より開始。キム・ガプスと共演。 歴史劇「広開土大王」が5月より放送中。イ・テゴンと共演。 写真はhttp://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/CU/content/cms_view_769373.jspより
イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)
7月末で韓国にて「シティハンター」が無事終了しました。 こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現したい 一日に3編ずつをぶっ通しで見た中学高校時代。大学では自身で短編映画を製作したりした熱血映画通。「セブン」などフィンチャーやタランティーノ作品のようなジャンルの映画を良く観たそうで、彼は過去のインタビューで「こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現することができる演技に挑戦して見たい」と語っている。 プライベートで何度か来日していて、結構日本通。イラストがかなりの腕前で、来日の折、ファンにプレゼントし好評だった。 参照記事http://mpro.brandak.net/ijunyoku51/2008123215.html映画通イ・ジュンヒョク 写真はこちらhttp://2.suk2.tok2.com/user2/hyunbin-protok2/?y=2008&m=11&d=13&all=0より
チ・ソン(Ji Sung)
8月より韓国で「ボスを守れ」が放送開始予定。 中学までは野球の選手として活躍。 教育者の父親のもと大学は哲学科に進む。 しかし俳優への道が捨てきれない彼は、ドラマ「カイスト」の製作部にプロフィールを送る。 親からの支援もなくなり、様々な仕事をしつつ。チャンスを待った彼に 2001年、「華麗なる時代」での主役の話が。 「オールイン」「ラストダンスは私と一緒に」など評価が高い。 一時入隊し、「ニューハート」で完全復帰した、美しい好青年。 参考記事 自宅火災で火傷http://www.wowkorea.jp/news/RelationNews.asp?nArticleid=82193 写真はhttp://mydream0227.blog17.fc2.com/ファンの方のブログより
イム・ドンジン(Lim Dong-jin)
病から回復した重鎮 大衆文化人としての自尊心と誇り 1964年演劇でデビュー。ドラマにも多数出演していて、中でも「王と妃」の世祖役では1998年KBSの優秀俳優に選ばれた。 2000年に甲状腺の腫瘍手術を受け、翌年脳梗塞で倒れる。1年ほど闘病し無事復帰。かねてからキリスト教徒で、復帰後、神学校を卒業し牧師の免許を取得している。 故チャン・ジャヨンさん事件に揺れた2009年には、国会議員会館で行われたセミナーで、今の韓国芸能界をとりまく道徳的乱れについて話し、「立場の弱い芸能人に対する保護制度が必要だ」と訴えている。 この方やイ・スンジェさんなど、発言に重みを持つ大ベテランの存在は大きいですね! 参照記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=100956放送芸能人の昨日と今日 写真はhttp://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/imdonjin_p.htmlより

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!