アンダーテイカー(the Undertaker)

2011年7月2日



名前
アンダーテイカー(the Undertaker)
おすすめ作
Works
■Smackdown
・・・・・
(19-0)WrestleMania27出場、ノー・ホールズ・バード戦vsHHH (2011 4月)
Hell in a Cell 2010出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsケイン (2010 10月)
(18-0)WrestleMania26出場、ストリークvsキャリア戦vsショーン・マイケルズ (2010 3月)
EliminationChamber2010出場、世界王座陥落、エリミネーション・チェンバー戦 (2010 2月)
RoyalRumble2010出場 (2010 1月)、vsレイ・ミステリオ
Hell in a Cell 2009出場、世界王座奪取、ヘル・イン・ア・セル戦vsCMパンク (2009 10月)
(17-0)WrestleMania25出場、vsショーン・マイケルズ (2009 4月)
RoyalRumble2009出場 (2009 1月)
SurvivorSeries2008、キャスケット戦vsビッグ・ショー (2008 11月)
SummerSlam2008出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsエッジ (2008 8月)
世界王座陥落(ヴィッキー・ゲレロによる剥奪)(2008 5月 Smackdown)
(16-0)WrestleMania24出場、世界王座奪取、vsエッジ (2008 3月)
NoWayOut2008出場、エリミネーション・チェンバー戦 (2008 2月)
RoyalRumble2008出場 (2008 1月)
SurvivorSeries2007、ヘル・イン・ア・セル戦vsバティスタ (2007 11月)
世界王座陥落(MIB権利行使による)、vsエッジ (2007 5月 Smackdown)
(15-0)WrestleMania23出場、世界王座奪取、vsバティスタ (2007 4月)
RoyalRumble2007出場、ランブル戦優勝、王座挑戦権獲得 (2007 1月)
SurvivorSeries2006、ファースト・ブラッド戦vsMr.ケネディ (2006 11月)
(14-0)WrestleMania22出場、キャスケット戦vsマーク・ヘンリー (2006 4月)
Armageddon2005出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsランディ・オートン (2005 12月)
SurvivorSeries2005、最終盤に登場 (2005 11月)
NoMercy2005出場、ハンディキャップキャスケット戦vsランディ・オートン (2005 10月)
SummerSlam2005出場、vsランディ・オートン (2005 8月)
(13-0)WrestleMania21出場、vsランディ・オートン (2005 4月)
SurvivorSeries2004出場、vsハイデンライク (2004 11月)
SummerSlam2004出場、vsJBL (2004 8月)
(12-0)WrestleMania20出場、vsケイン (2004 3月)
初期に近いデッドマン、墓掘り人に転身
SurvivorSeries2003出場、ベリード・アライブ戦vsビンス・マクマホン (2003 11月)
SummerSlam2003出場、vsA-トレイン (2003 8月)
Vengeance2003出場、vsジョン・シナ (2003 7月)
(11-0)WrestleMania19出場、ハンディキャップ戦vsビッグ・ショー、A-トレイン (2003 3月)
Unforgiven2002出場、vsブロック・レスナー (2002 9月)
■RAW
SummerSlam2002出場、vsテスト (2002 8月)
Vengeance2002出場、統一王座陥落、三つ巴戦vsロック、カート・アングル (2002 7月)
JudgmentDay2002出場、統一王座奪取、vsハルク・ホーガン (2002 5月)
Backlash2002出場、WWF統一王座第一挑戦者決定戦vsスティーブ・オースチン (2002 4月)
■WWE
RAW、Smackdownの2番組体制へ
(10-0)WrestleMania18出場、ノーDQ戦vsリック・フレアー (2002 3月)
抗争相手、リック・フレアー (2002)
RoyalRumble2002出場、(2002 1月)
■アライアンス、WWF並立時代
SurvivorSeries2001にてアライアンスは崩壊し、並立時代終息
SurvivorSeries2001出場、5on5エリミネーション戦 (2001 11月)
SummerSlam2001出場、統一タッグ王座奪取、WWFタッグ王座&WCWタッグ王座戦vsダイヤモンド・ダラス・ペイジ&キャニオン (2001 8月)
■WCW、WWF並立時代
WWFがECWを吸収し、アライアンス(ECW&WCW)とWWFが並立する時代に(2001 7月)
JudgmentDay2001出場、ノー・ホールズ・バード戦vsスティーブ・オースチン (2001 5月)
Backlash2001出場、WWF王座・WWFIC王座・WWFタッグ王座戦 (2001 4月)
(以降、主にケインと共同で)
(9-0)WrestleMania17出場、vsHHH (2001 4月)
■WWF
WWFがWCWを吸収し、(ストーリー上)WCWとWWFが並立する時代に(2001 3月)
RoyalRumble2001出場、(2001 1月)
SurvivorSeries2000出場、vsカート・アングル (2000 11月)
Unforgiven2000出場、フェイタル4ウェイ戦 (2000 9月)
SummerSlam2000出場、vsケイン (2000 8月)
FullyLoaded2000出場、vsカート・アングル (2000 7月)
King of the Ring2000出場、6人タッグチーム戦 (2000 6月)
アメリカン・バッド・アスに転身
股関節治療のため2000年5月まで静養 (1999 9月)
SummerSlam1999出場、(ビッグ・ショーと共同で)タッグ王座奪取、vsXパック、ケイン (1999 8月)
FullyLoaded1999出場、WWF王座陥落、ファースト・ブラッド戦vsスティーブ・オースチン (1999 7月)
King of the Ring1999出場、vsロック (1999 6月)
Over the Edge1999出場、WWF王座奪取、vsスティーブ・オースチン (1999 5月)
Backlash(InYourHouse28)出場、vsケン・シャムロック (1999 4月)
コーポレート・ミニストリー結成 (1999)
(8-0)WrestleMania15出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsビッグ・ボスマン (1999 3月)
暗黒の魔王に転身、ミニストリー・オブ・ダークネス結成(1999)
InYourHouse26出場、ベリード・アライブ戦vsスティーブ・オースチン (1998 12月)
JudgmentDay(InYourHouse25)出場、空位王座戦vsケイン (1998 10月)
InYourHouse24出場、三つ巴戦vsケイン、スティーブ・オースチン (1998 9月)
SummerSlam1998出場、vsスティーブ・オースチン (1998 8月)
抗争相手、スティーブ・オースチン (1998)
FullyLoaded1998(InYourHouse23)出場、(スティーブ・オースチンと共同で)世界タッグ王座奪取、vsケイン、マンカインド (1998 7月)
King of the Ring1998出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsマンカインド (1998 6月)
抗争相手、マンカインド (1998)
Unforgiven(InYourHouse21)出場、インフェルノ戦vsケイン (1998 4月)
(7-0)WrestleMania14出場、vsケイン (1998 3月)
抗争相手、ケイン (1998)
RoyalRumble1998出場、キャスケット戦vsショーン・マイケルズ (1998 1月)
InYourHouse19出場、vsジェフ・ジャレット (1997 12月)
Badd Blood(InYourHouse18)出場、ヘル・イン・ア・セル戦vsショーン・マイケルズ (1997 10月)
InYourHouse17出場、vsショーン・マイケルズ (1997 9月)
抗争相手、ショーン・マイケルズ (1997)
SummerSlam1997出場、WWF王座陥落vsブレット・ハート (1997 8月)
InYourHouse16出場、vsベイダー (1997 7月)
InYourHouse15出場、vsスティーブ・オースチン (1997 5月)
InYourHouse14出場、vsマンカインド (1997 4月)
(6-0)WrestleMania13出場、WWF王座奪取、ノー・DQ戦vsサイコ・シッド (1997 3月)
InYourHouse13出場、4-コーナーズ・エリミネーション戦 (1997 2月)
RoyalRumble1997出場、vsベイダー、およびランブル戦 (1997 1月)
InYourHouse12出場、アルマゲドン・ルールズ戦vsジ・エクスキューショナー (1996 12月)
InYourHouse11出場、ベリード・アライブ戦vsマンカインド (1996 10月)
SummerSlam1996出場、ボイラー・ルーム・ブロウル戦vsマンカインド (1996 8月)
抗争相手、マンカインド (1996)
(5-0)WrestleMania12出場、vsディーゼル (1996 3月)
抗争相手、ディーゼル (1996)
SummerSlam1995出場、キャスケット戦vsカマ (1995 8月)
(4-0)WrestleMania11出場、vsキングコング・バンディ (1995 4月)
抗争相手、ミリオンダラー・コーポレーション (1994)
SummerSlam1994出場、vsアンダーテイカー(偽者) (1994 8月)
RoyalRumble1994出場、キャスケット戦vsヨコズナ (1994 1月)(静養の為8月まで欠場)
(3-0)WrestleMania9出場、vsジャイアント・ゴンザレス (1993 4月)
SummerSlam1992出場、vsカマラ (1992 8月)
抗争相手、カマラ (1992)
(2-0)WrestleMania8出場、vsジェイク・ロバーツ (1992 4月)
(ベビーフェイスに転向し)抗争相手、ジェイク・ロバーツ (1992)
(ジェイク・ロバーツと共同で)抗争相手、ランディ・サベージ (1991)
WWF王座陥落、vsハルク・ホーガン (1991 12月)
SurvivorSeries1991出場、WWF王座奪取、vsハルク・ホーガン (1991 11月)
(1-0)WrestleMania7出場、vsジミー・スヌーカ (1991 3月)
アンダーテイカーとして、SurvivorSeries1990出場 (1990 11月)
■パニッシャー・ダイス・モーガン時代
新日本プロレスなどで活動
■ミーン・マーク・キャラス時代
WCWにて活動
■ザ・パニッシャー時代
USWAテキサス・ヘビー級王座奪取 (1989年 10月 USWA)
■マスター・オブ・ペイン時代
USWAユニファイド世界ヘビー級王座奪取、vsジェリー・ザ・キング・ローラー (1989年 4月 USWA)
USWAにて活動
CWAにて活動
■テキサス・レッド時代
デビュー、vsブルーザー・ブロディ (1984 WCCW)

・・・など



WM27以降、現在静養中。

でもいつ登場しても問題ないインパクトを持つ。

現役スターの中では最古参で、1990年より実に21年間(一度も退団せず)、WWEの主軸として活躍している方。「WWEの良心」とも言われ、仕事へのひたむきさ、バックステージでの信頼度、人間性の良さへの敬意が感じられる。

テリーファンク曰く「非常に教養のある男」。タジリ選手曰く「今まで出会った相手の中で最も力が強かった(他にも大型選手は多くいるのにそう語っています)」。

身体能力が抜群でかつ研究熱心、大型なのに俊敏に動けて小柄な選手とも試合を作れる。90年代に他の大型選手があまり長続きせず、ブレットなどの技巧派中型選手がWWEで大いに活躍できたのも、テイカーがいたから、と言われます。20-0の記録を打ち立てて引退する、という噂がありますけど、少しでも長く活躍して欲しい偉人です。

参考資料、ジミー鈴木・著「まるごとわかるアメリカンプロレス」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

クリス・ジェリコ(ChrisJericho)
現在、WWEを一時的に離れて、自身がヴォーカルを務めるバンドFOZZYのツアーに参加中。でも復帰の見通しはほぼ確実ですね。 現役という前提で話しますが、現在のWWEスターの中でも試合作りの巧さは屈指。 昨年の来日時は我らが日本人WWEスター、ヨシタツを相手に、退いては攻め、すかしてはその出鼻をくじき、という感じで大いにヨシタツ選手の良いところを引き出してくださいました。 揺さぶりの達人。そのくせ外見はかっこいい。大好きです我らがY2J! 写真はhttp://howtowalk.blog89.fc2.com/blog-entry-71.html>プロレス数珠つなぎより
CMパンク(CMPunk)
11月30日および12月1日の日本ツアーに出場! 横浜アリーナを魅了しました! 現在の私のお気に入り選手は、最古参のアンダーテイカーをのぞくと、ジェリコと、この人。 試合は巧いしマイクも気が利く、実況席でも仕事こなせる。 2011年6月27日放送(日本では7月8日初回放送)のRAWで彼が行った歴史的と言われるプロモ(マイクアピール)は、本当に衝撃的でした(そして多くのファンが一理あると思っています)。 その後出場停止になった情報も流れました。でもどうやらストーリーラインに沿ったもの(100%演出かどうかは今のところ不明ですが、たとえアドリブだとしても評価されたっぽい)らしく、ほっとしました。この人にはこれからも出来るだけWWEにいて欲しい! ランディサベージのトリビュートコスチュームは本当に嬉しかった! おすすめ動画Youtubeより、Cm Punk’s EPIC
マリース(Maryse)
10月29日付けでWWEを自主退団したそうです・・。非常に残念。 今後はモデル業に専念するとみられています。 ケベック州モントリオール出身のフランス系カナダ人。ときどきフランス語でまくし立てるときも。 ディーバは素敵な方たくさんいますが、私はダントツでこの人が好きでした。 悪を品よく演じられる方です。試合もとても上手で、間の取り方が巧い! おすすめは、2008年Smackdownでの、やはり試合作りの上手なミシェル・マクールとのライバル関係のとき。 基本ヒール(悪役)だったが、善悪微妙な位置で、素敵でした。 でもいつか復帰しないかな。良いライバルだったミシェル・マクールは、アンダーテイカーとの結婚後休養中でしたが、現在復帰を検討しているようですし。 参照記事http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wwe_yoshitatsu/article/636ヨシタツブログより 写真はhttp://musiclifestylez.blogspot.com/2011/03/wwe-diva-champion.html>のブログより(英語)
ランディ・サベージ(RandySavage)
1985年に妻のエリザベスをマネージャーにWWFに登場。 ” Oooh Yeah!!”
Slash
ブルースに根ざした感情豊かな旋律が かきむしるギブソンレスポールでうねる、 そしてギタリストに徹している格好良さ。 イギリスから移住してきた少年がギターを始めたのは15歳。 80年代から90年代にかけて、スティーヴ・ヴァイや、イングウェイ・マルムスティーンのような超絶技巧派が脚光を浴び、 またメタリカやメガデスに代表されるスラッシュメタルのような高度な楽曲構成のバンドが登場している中、 ブルースに根ざした情感溢れる演奏スタイルは、全く霞むことなくロックシーンで支持を集める。 クールなんだけど人柄は穏やか。多くの音楽家たちと交流を持ってくれるのも嬉しいかぎり! おすすめ動画Youtube「Guns N’ Roses

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!