ランディ・サベージ(RandySavage)

2011年7月2日

名前
ランディ・サベージ(RandySavage)
おすすめ作
Works
■死去
2011年5月20日朝、フロリダ州のハイウェイで自動車を運転中、心臓発作を起こしてコントロールを失い木に衝突、ラルゴ・メディカル・センターに運ばれたものの負傷が悪化し死亡が確認された。58歳没
■それ以降
2009年6月、DVD『Macho Madness:The Randy Savage Ultimate Collection』がWWEから発売。
2004年12月5日、TNAのターニングポイントに登場。ジェフ・ハーディー&AJスタイルズとトリオを結成し、ザ・キングス・オブ・レスリング(ジェフ・ジャレット、ケビン・ナッシュ、スコット・ホール)と対戦。交渉の決裂により、TNA出場はこの1試合のみに。
■WCW
2000年5月に登場後、契約が切れると共にWCWを離脱した。
Road Wild 1999出場、vsデニス・ロッドマン (1999 8月)
WCW世界王座陥落、vsハリウッド・ホーガン (1999 7月 Nitro)
Bash at the Beach1999出場、WCW世界王座奪取、フォール奪った者が王者戦(シッド・ビシャスと共に)vsケビン・ナッシュ、スティング (1999 7月)
TheGreatAmericanBash1999出場、vsケビン・ナッシュ (1999 6月)
SpringStampede1999にゲストレフェリーとして出場(1999 4月)
両膝の治療のため、1999年4月まで欠場
(ケビン・ナッシュと共に)抗争相手、ブレット・ハート、ロディ・パイパー (1998)
ケビン・ナッシュと共にnWoウルフパックを結成(1998)
WCW世界王座陥落、vsハリウッド・ホーガン (1998 4月 Nitro)
SpringStampede1998出場、WCW世界王座奪取、vsスティング (1998 4月)(サベージはこの試合で前十字靭帯を損傷した)
SuperBrawl Ⅷ出場、vsレックス・ルガー (1998 2月)
Halloween Havoc 1996出場、vsハリウッド・ホーガン (1996 10月)
SuperBrawl VI出場、WCW世界王座陥落、金網戦vsリック・フレアー (1996 2月)
WCW世界王座奪取vsリック・フレアー (1996 1月 Nitro)
Starrcade1995出場、WCW世界王座陥落vsリック・フレアー (1995 12月)
World War 3出場、WCW世界王座奪取、60人バトルロイヤル戦(1995 11月)
Halloween Havoc 1995出場、vsレックス・ルガー (1995 10月)
SuperBrawl V出場、(スティングと共に)vsアバランチ、ビッグ・ババ・ロジャース (1995 2月)
12月3日、WCWに初めて登場
■WWF
1994年10月にWCWへ移籍
WrestleMania10出場、エニウェアフォール戦vsクラッシュ (1994 3月)
WrestleMania9に、コメンテーターとして出場 (1993 4月)
9月18日にエリザベスと離婚、以降、試合数が大幅に減少
WWF王座陥落vsリック・フレアー (1992 9月)
SummerSlam1992出場、vsアルティメット・ウォリアー (1992 8月)
抗争相手、アルティメット・ウォリアー (1992)
WrestleMania8出場、WWF王座奪取、vsリック・フレアー (1992 4月)
RoyalRumble1992出場 (1992 1月)
抗争相手、リック・フレアー (1992)
復帰し、抗争相手、アンダーテイカー、ジェイク・ロバーツ (1991)
主にコメンテーターとして活躍 (1991)
SummerSlam1991にて、エリザベスと結婚式(勿論ストーリー上です。既に夫婦でした)
エリザベスをマネージャーに戻し、ベビーフェイスに転向して一時期引退
WrestleMania7出場、敗者引退戦vsアルティメット・ウォリアー (1991 3月)
WrestleMania6出場、(センセーショナル・シェリーと共に)vsダスティ・ローデス、サファイア (1990 4月)
センセーショナル・シェリーをマネージャーに、ヒール(悪役)へ転向。
WrestleMania5出場、WWF王座陥落、vsハルク・ホーガン (1989 4月)
SummerSlam1988出場、(ハルク・ホーガンと共に)vsテッド・デビアス、アンドレ・ザ・ジャイアント (1994 8月)
WrestleMania4出場、WWF王座奪取、WWF王者決定トーナメント決勝vsテッド・デビアス (1988 3月)
ベビーフェイス(善役)へ転向。
WrestleMania3出場、IC王座陥落vsリッキー・スティムボート (1987 3月)
WrestleMania2出場、vsジョージ “ジ・アニマル” スティール (1986 4月)
IC王座奪取、vsティト・サンタナ(1986年2月)
妻エリザベスをマネージャーに、”マッチョマン”ランディ・サベージとして、WWFに登場 (1985)
■CWA(後のUSWA)
CWAを離脱しWWFへ
敗者追放戦vsジェリー・ザ・キング・ローラー(1985年6月 CWA)
1984年12月30日に、エリザベス・ヒューレットと結婚
抗争相手、ジェリー・ザ・キング・ローラーなど
■野球選手時代と、デビュー
1978年からは父アンジェロが設立したケンタッキー州レキシントンのICWで活躍
1973年11月、野球のオフシーズンにプロレスラーとしてデビューを果たす。
1970年代前半まで野球選手として、セントルイス・カージナルス、シンシナティ・レッズ、シカゴ・ホワイトソックスのマイナーリーグでキャッチャーとしてプレイしていた。

・・・など

1985年に妻のエリザベスをマネージャーにWWFに登場。
” Oooh Yeah!!” を決め台詞に、IC王座を中心に活躍。
1987年レッスルマニアⅢのリッキー・スティムボートとの歴史に残るIC王座戦を皮切りに、WWFが誇る看板スターとして輝きを放つ。

1970年代前半までは野球選手で、マイナーリーグでキャッチャーとしてプレイしていた。1973年、有名レスラーであった父の影響もあり、野球のオフシーズンにレスラーとしてデビュー。その後、肩の故障で野球を引退してこのビジネスに専念することとなる。

同時期に最も輝いたスターはハルク・ホーガンだが、最も高度な試合を見せていたのは、間違いなくサベージで、後のブレットやHBKの活躍につながっていったのは多くの人が認めるところ。

リングを立体的に、四方に満遍なく使うスタイル、善悪それぞれをきっちり演じる仕事振り。後世のWWEスターの素晴らしいお手本になっています。
追悼動画
Youtubeより、Tribute Video (Raw, May 23rd 2011)
IGN’s Tribute Video
Bret Hart Talks About The Death Of ”Macho Man” Randy Savage(英語)
Ric Flair Remembers “Macho Man” Randy Savage(英語)
Nasty Boys and Kevin Nash Talk About The Death Of ”Macho Man” Randy Savage(英語)
Jimmy Hart and Greg Valentine Talk About The Death Of ”Macho Man” Randy Savage(英語)
Sean X-Pac Waltman Talks About The Death Of ”Macho Man” Randy Savage(英語)
・・・
おすすめ動画
ランディ・サベージ、アンダーテイカー vs リック・フレアー、バザーカー(ドイツ語)
ランディ・サベージ Vs ブレット・ハート Part 1、・Part 2
リック・フレアー、ショーン・マイケルズ vs ランディ・サベージ、ブレット・ハート Part 1、・Part 2
写真
Overthinking it(英語)より

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

アンダーテイカー(the Undertaker)
WM27以降、現在静養中。 でもいつ登場しても問題ないインパクトを持つ。 現役スターの中では最古参で、1990年より実に21年間(一度も退団せず)、WWEの主軸として活躍している方。「WWEの良心」とも言われ、仕事へのひたむきさ、バックステージでの信頼度、人間性の良さへの敬意が感じられる。 テリーファンク曰く「非常に教養のある男」。タジリ選手曰く「今まで出会った相手の中で最も力が強かった(他にも大型選手は多くいるのにそう語っています)」。 身体能力が抜群でかつ研究熱心、大型なのに俊敏に動けて小柄な選手とも試合を作れる。90年代に他の大型選手があまり長続きせず、ブレットなどの技巧派中型選手がWWEで大いに活躍できたのも、テイカーがいたから、と言われます。20-0の記録を打ち立てて引退する、という噂がありますけど、少しでも長く活躍して欲しい偉人です。 参考資料、ジミー鈴木・著「まるごとわかるアメリカンプロレス」
クリス・ジェリコ(ChrisJericho)
現在、WWEを一時的に離れて、自身がヴォーカルを務めるバンドFOZZYのツアーに参加中。でも復帰の見通しはほぼ確実ですね。 現役という前提で話しますが、現在のWWEスターの中でも試合作りの巧さは屈指。 昨年の来日時は我らが日本人WWEスター、ヨシタツを相手に、退いては攻め、すかしてはその出鼻をくじき、という感じで大いにヨシタツ選手の良いところを引き出してくださいました。 揺さぶりの達人。そのくせ外見はかっこいい。大好きです我らがY2J! 写真はhttp://howtowalk.blog89.fc2.com/blog-entry-71.html>プロレス数珠つなぎより
CMパンク(CMPunk)
11月30日および12月1日の日本ツアーに出場! 横浜アリーナを魅了しました! 現在の私のお気に入り選手は、最古参のアンダーテイカーをのぞくと、ジェリコと、この人。 試合は巧いしマイクも気が利く、実況席でも仕事こなせる。 2011年6月27日放送(日本では7月8日初回放送)のRAWで彼が行った歴史的と言われるプロモ(マイクアピール)は、本当に衝撃的でした(そして多くのファンが一理あると思っています)。 その後出場停止になった情報も流れました。でもどうやらストーリーラインに沿ったもの(100%演出かどうかは今のところ不明ですが、たとえアドリブだとしても評価されたっぽい)らしく、ほっとしました。この人にはこれからも出来るだけWWEにいて欲しい! ランディサベージのトリビュートコスチュームは本当に嬉しかった! おすすめ動画Youtubeより、Cm Punk’s EPIC
マリース(Maryse)
10月29日付けでWWEを自主退団したそうです・・。非常に残念。 今後はモデル業に専念するとみられています。 ケベック州モントリオール出身のフランス系カナダ人。ときどきフランス語でまくし立てるときも。 ディーバは素敵な方たくさんいますが、私はダントツでこの人が好きでした。 悪を品よく演じられる方です。試合もとても上手で、間の取り方が巧い! おすすめは、2008年Smackdownでの、やはり試合作りの上手なミシェル・マクールとのライバル関係のとき。 基本ヒール(悪役)だったが、善悪微妙な位置で、素敵でした。 でもいつか復帰しないかな。良いライバルだったミシェル・マクールは、アンダーテイカーとの結婚後休養中でしたが、現在復帰を検討しているようですし。 参照記事http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wwe_yoshitatsu/article/636ヨシタツブログより 写真はhttp://musiclifestylez.blogspot.com/2011/03/wwe-diva-champion.html>のブログより(英語)
追悼、憧れの”マッチョマン”ランディ・サベージ
自分が、お店でもと担当だったこともあり、これまで韓国関連に集中していました。 これから少しずつ、扱う領域を広げてゆきたいと思っています。 高校時代、私がとてつもなく好きになった分野が2つあります。 ひとつはハードロック・へヴィメタル、もう一つがWWF(現在のWWE)です。 音楽分野についてはまたいつかお話します。 私が幼少期はプロレスがゴールデンタイムに放送されていた時代で、 アントニオ猪木さんとよく試合をしていたハルク・ホーガンはその頃から知っていました。 さて、私とWWEの出会いのきっかけはゲームセンターです。 「WWFSUPERSUTARS」というゲームが当時あって、 何気なく目にしたとき、「あっホーガンとかアンドレがいる」と思い、遊んだものです。 登場キャラの中で特に気になったのが「アルティメットウォリアー」と「ランディサベージ」でした。なんか派手で格好いいですもんね。(YouTubeに動画がありますhttp://www.youtube.com/watch?v=QCiopZGiKyEWWF Superstars Arcade) よく遊んでいるうちに、実物が見たい、と思うようになり、幾つかのレンタルビデオ屋さんを巡回。 最初に観たのが確か「WrestleMania

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!