イ・スンジェ(Lee Soon-jae)

2011年8月2日




名前
イ・スンジェ(Lee Soon-jae)
Profile
生年月日:1935年10月10日
身長:166cm
体重:68kg
血液型: A
おすすめ作
Works
■TVドラマ
姫の男(2011 KBS2)
マイ・プリンセス(2011 MBC)
レディプレジデント~大物(2010 SBS)
欲望の炎(2010 MBC)
コーヒーハウス(2010 SBS)※特別出演
愛の奇跡(2010 SBS)
星を取って(2010 SBS)
父さん、あなたの場所(2009 SBS)
明日に向かってハイキック(2009 MBC)
善徳女王(2009 MBC)
愛してる、泣かないで(2008 MBC)
ベートーベン・ウィルス(2008 MBC)
ママに角が生えた(2008 KBS)
イ・サン (2007 MBC)
花咲く春には(2007 KBS)
思いっきりハイキック!(2006 MBC)
ぶどう畑のあの男(2006 KBS)
このろくでなしの愛(2005 KBS)
ハノイの花嫁(2005 SBS)
ルル姫(2005 SBS)
美しいあなた(2005 KBS)
土地(2004 SBS)
12月の熱帯夜(2004 MBC)
ランラン18歳(2004 KBS)
フンブの家運が開けたね(2003 SBS)
真珠の首飾り(2003 KBS)
聾唖の手袋(2003 KBS)
野人時代(2002 SBS)
張禧嬪(2002 KBS)
バッドガールズ(2002 SBS)
私の恋人、誰かしら(2002 KBS)
商道(2001 MBC)
守護天使 (2001 SBS)
新貴公子 (2000 MBC)
おばさん (2000 MBC)
ホジュン 宮廷医官への道 (1999 MBC)
最後の戦争 (1999 MBC)
ずっと会いたい (1998 MBC)
愛しか知らない (1998 MBC)
愛してるから (1997 SBS)
恋の予感 (1997 MBC)
夢の宮殿 (1997 SBS)
風呂場の男達 (1995 KBS)
愛が何のために (1991 MBC)
第2共和国 (1989 MBC)
風雲 (1982 KBS)
上海臨時政府と金九先生
私も人間になろうとしているか(1956)ドラマデビュー作
■映画
初演 (1935)映画デビュー作
■演劇
地平線を越えて(1935)でデビュー
など・・・
7月20日より韓国にて「姫の男」が始まりました。

皆さん(私も)大好きな重鎮俳優さん。「ホジュン」「商道」「イ・サン」「善徳女王」など、出演作は数知れず。韓国では「カールじいさんと空飛ぶ家」のフレドリクセンの吹替も担当。
趣味がクラリネットで「ベートーベン・ウィルス」出演時に披露している。

80年代から政治と関わり、90年代初頭には国会議員も経験。
後輩の育成にも尽力しており、放送業界の殿堂入りも果たしているほどの大人物。
これほどの人なのに芝居の中では飾らず、楽しんで演じている素敵なベテラン!

参照記事
自殺行為に骨ある一言
スキャンダルに揺れるイ・ジアへエール
写真
こちらのサイトより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

イ・チャンフン(Lee Chang-Hun)
最新作「あなたが眠っている間に」、2011年5月より韓国にて放送中 1989年にデビュー、挙げ出せばきりがないほどの多くのドラマや映画に出演している。「薯童謡」でのモンナス博士は重要な役どころで、主役といっても過言ではないほどの存在ぶり。 2007年「イ・サン」、朝ドラマ「それでも好き」以後、かねてより交際中だった16歳年下の女性と結婚、そののち、妻の父親の会社で事業の勉強をしてきた。 2010年、2年ぶりにSBS「大胆な彼女」で復帰、様々な作品で重要人物をこなす、芯でも脇でも光るベテラン。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/soniru2006/m/200709/2「ソドンヨ」百済王国より
イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)
7月末で韓国にて「シティハンター」が無事終了しました。 こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現したい 一日に3編ずつをぶっ通しで見た中学高校時代。大学では自身で短編映画を製作したりした熱血映画通。「セブン」などフィンチャーやタランティーノ作品のようなジャンルの映画を良く観たそうで、彼は過去のインタビューで「こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現することができる演技に挑戦して見たい」と語っている。 プライベートで何度か来日していて、結構日本通。イラストがかなりの腕前で、来日の折、ファンにプレゼントし好評だった。 参照記事http://mpro.brandak.net/ijunyoku51/2008123215.html映画通イ・ジュンヒョク 写真はこちらhttp://2.suk2.tok2.com/user2/hyunbin-protok2/?y=2008&m=11&d=13&all=0より
パク・イナン(パク・インファン)(Park In Hwan)
父親役といえばこの人 最近は映画の出演も活発 1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編 である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。 父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が 活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを 観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。 「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、 人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」 参照記事はこちら「執行者」(韓国語)。 2006年のインタビュー記事(韓国語)。
ユジン(Eu Gene)
ご結婚が決まり、7月に挙式だそうです。 おめでとうございます! 韓国のSPEEDなんて言われた女性3人のアイドルユニットS.E.S.。 男性中心であった当時の芸能界で、現在のK-POPブームの礎を築いた。1997年デビュー当時16歳で、妖精のごとく。 「Loving You」から女優業を中心に活躍中。 「デビュー以後、最もたくさん泣いた」という「製パン王キム・タック」では、今までのイメージを覆す悪い女ユギョン役で出演。 彼女の美容哲学は、「全ての女性は美しく、美しさは健康と堂々としたものから現れる」。 参照記事http://travel.innolife.net/innoreport/list.php?ac_id=12&ai_id=8557美は、健康と雄雄しさから 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html韓国女優注目トピックより
イ・ボヨン(Lee Bo-young)
韓国では7月16日より、「愛情万々歳」が放送開始。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来 この方にはいつも注目しています。 2000年ミスコリアテジョン・チュンナムで選出され、 2003年ドラマ「NO春香vs非夢龍」で注目を集めた。 長い黒髪と古典的雰囲気のある顔立ちが特徴。 「ラストダンスは私と一緒に」で恋敵役を好演。 「薯童謡」でのソンファ姫役でトップスターになる。 「ゲームの女王」「ミスターグッドバイ」「セレブの誕生」と、 ひとくせある役どころも鮮やかにこなす。 信念を持つ行動的な女性がぴたりとはまる女優。 英語と日本語が堪能だとか。 写真はhttp://yae51.blog112.fc2.com/blog-entry-190.htmlまりもーさんのラベル部屋より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!