イ・サン(李祘)

2011年7月29日

監督キャリア2度目の名君正祖。「おとぎ話
のように描きたかった」との言葉通り、粋な設定
が随所に。第33話あたりから祖父英祖の認知症
を巡る駆け引きも登場。実に深い人間ドラマ。

「覚えていますか切ないあの出来事を~♪」の劇中歌は耳に残りますね。

実はイビョンフンは1986年から5年間、朝鮮王朝500年シリーズの監督を務め、李氏朝鮮の王27人を全て描いた経験があります。だからこそ、「薯童謡」で新しい王の描き方を試みたのでしょうし、このイ・サンも「おとぎ話のように描きたかった」とコメントしています。

李氏朝鮮時代(1392~1910)はそれまで仏教国だった半島に儒教支配を徹底した時代でした。
儒教については別にブログで述べるつもりです。この時期は厳しい身分制度まっさかり、文化的自由もかなり制限されているとき。しかしこのドラマは、それが時の為政者次第であり、それに抗った良心的な人物もいたことを感じさせます。狭い考えにとらわれない、歴史的に良い為政者の代表だった正祖イ・サン。この時代に朝鮮では、文化のルネッサンスが花開く。

キーパーソンである祖父英祖について、以下の事を知っておくと、イ・スンジェの名演をより深く感じて頂けるかも。英祖は、前の王妃亡き後、51歳年下の貞純王后を王妃に迎えています。その是非はともかく、母親はあのトンイ(同伊)こと淑嬪崔氏で、宮中の女性中最下級の井戸水くみムスリ出身、とても苦労した母親。そんな背景から、英祖を蔑視する者も多かった。とても民衆思いなのは、そのあたりから来るのでしょうか。均役法を実施したり実学を奨励したりと、官僚の利権社会真っ只中にあって革新的な善政を敷いた、まさにこの英祖あっての孫、正祖(イ・サン)という気がします。

そしてイ・サンの母に扮したキョンミリさん。劇中、親心から一度だけ間違いをしますが、その時の憂いに満ちた様子!歴史に残る悪役チェサングンもそうでした。善悪どちらを演じようとも、その人物の奥底の深い部分をたたえ、観るものを共感させる、素晴らしき女優。
(キョン・ミリイ・スンジェ、Personへ)

タイトル
イ・サン(李祘) Yi San
キャスト
イ・サン(李祘)(正祖チョンジョ、朝鮮第22代王)・・・・・・・・・・・・・イ・ソジン
ソン・ソンヨン(成松淵)(宜嬪成イビンソン氏、正祖の後宮)・・・・・ハン・ジミン
英祖(サンの祖父、李氏朝鮮第21代国王)・・・・・・・・・・・・・・・・・・イ・スンジェ
惠慶宮洪氏(ヘギョン宮ホン氏)(思悼世子の正室、正祖母后)・・・キョン・ミリ
チョンスン王妃(貞純王妃、英祖の正室)・・・・・・・・・・・・・・キム・ヨジン
ファワン翁主(和緩翁主)(英祖の末娘、思悼世子の妹)・・・・ソン・ヒョナ
ヒョイ王后(孝懿王后、正祖の正室)・・・・・・・・・・・・パク・ウネ
チョン・フギョム(鄭厚謙)・・・チョ・ヨヌ
ホン・グギョン(洪国栄)・・・・ハン・サンジン
パク・テス(朴大壽)・・・・・・イ・ジョンス
イ・サン子役・・・・・・・パク・チビン
ソンヨン子役・・・・・・・イ・ハンナ
チョン・フギョム子役 ・・・イ・インソン
パク・テス子役 ・・・・・・クォン・オミン
思悼世子(英祖の次男、イ・サンの父)・・・・・・イ・チャンフン
など・・

演出
イ・ビョンフン、キム・グノン
脚本
キム・イヨン
製作
2007年 韓国 MBC
上映時間
全77話+SP2回
韓国初回放送期間
2007年9月17日〜2008年6月17日
放送時間帯
月・火夜9時55分

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

王と妃
まさに権力闘争に明け暮れる王室の内幕を 描くドラマ。捏造、冤罪、そして拷問による 自白がまかりとおってしまうって、どうなの? しかしながら淡々と語られてゆく手法、そして 俳優さんの演技は文句なく素晴らしい。 「薯童謡」「朱蒙」などとは対照的に、民衆心理の描写などほとんどない。捏造、冤罪、そして拷問による自白、これらが正当化されてしまう展開。これらがもし事実(歴史書からの引用が良く出てきます)だとしても、私は見ていてあまり良い気分にはなりませんでした。 現在の韓国歴史劇はこういう力押し、勝てば官軍的傾向は少ない。やはり、悪事を働いた者には相応の結末が用意されるべきだと思う。 製作は1998~2000年で、この時期の韓国の製作側の姿勢というか作り方の風潮がうかがえます。良い悪いと言うよりは、そういう時代だったのだなと思います。 ただ、Reviewにあげるからには、好きだ、と思えたところがたくさんあるわけで。落ち着いた雰囲気で淡々と綴られてゆく手法は、魅力があります。それから俳優さんの演技は本当に素晴らしいので、是非注目下さい!序盤はイム・ドンジン、チョン・テウに引き込まれ、後半の主役はチェ・シラさん。 (イム・ドンジン、チェ・シラはPersonへ) このドラマの後半部分を描いているのが「王と私」。題名も似ていますね。
パスタ
コン・ヒョジンとイ・ソンギュンの掛け合いは とても自然で見事!口は悪いが腕は一流。 そんなシェフとひたむきな料理人ユギョンの ありえない恋が少しずつ・・。 最初の出会いは金魚なんです。 イタリア帰りの素敵なシェフがお店に来たっ!ときめく女性スタッフたち。ユギョンは数日前に道路で粋な出会いもしていて、なんだか幸せの予感・・。と思っていたら突如このシェフは怒声を上げるスパルタ上司に豹変!ヘゴダ(くびだっ)を連発。 これまで優しい男性役がつぼにはまっていたイ・ソンギュンが、意識してか強烈な俺様キャラを作り上げました。これをしっかり受け止めているコン・ヒョジン。彼女は結果的にその年(2010)のMBC優秀女優の一人に。 この二人が段々接近してゆく過程がとても自然で、微笑ましく思えます。 後半の第15話の最後はこのドラマ最高の見せ場です。是非観てください。 音楽も、インディーズ系のバンドの曲を多く使用しており、独特のリズム感と哀愁を生み出していて、良いですよ~。(イ・ソンギュンPersonへ) おすすめ動画Youtube「운명(運命)」(韓国語)
怪しい三兄弟
二男とトウミ”家政婦”の夫婦愛の行方、 秘密だらけ!の長男の相手オムチョンナン”驚異的”、 三男の恋とその両父親の因縁、など、 もう見所満載。売れっ子脚本家の巧みな構成! 2009年大好評だった「ソル薬局の息子たち」の後番組でした。それだけに初回から安定した人気で、途中W杯放送が裏であってもなんのその。マクチャンドラマ(無理な設定で非現実的)と一部では言われましたが、面白いものは面白い!視聴者人気は鰻のぼりでした。 書く作品が皆当たるので「興行保障小切手」なんて面白い表現もされている作家ムン・ヨンナムが脚本。同じくこの方の脚本だった2年前の「糟糠の妻クラブ」の俳優陣の多くが参加。チームワークが良いわけですね。面白いはずです。 トウミ”家政婦”の母でこれまた怪しいご婦人ケソリ”たわ言”役のイ・ボヒさんはKBS助演賞を受賞しています。渋い!KBSも粋ですね! やはり注目したい、「女人天下」で麗しき悪女敬嬪朴氏を演じたト・ジウォンの、素敵な曲者ぶり。 こういう家族の絆を軸にしたドラマって、やっぱり安心して観られます。 (“驚異的”役ト・ジウォンと、”理想”役イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク)をPersonへ)
ラストダンスは私と一緒に
記憶を失うという空白期間が作り出したすれ違い。 はかないラブストーリーとともに、 優しく素敵なテーマ曲が耳に残ります。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。 このドラマでユジンさんが気になり、色々調べてみました。 S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。 現在はすっかり女優さんとして定着されています。 最新作は「製パン王キム・タック」。 昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに高い視聴率を記録したドラマです。 清純派のイメージを払拭し悪女の役どころとか。 2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが 息の長い活躍をする方は、こういう挑戦の時期があるようです。 今後もますます活躍してほしいですね! (ユジン、イ・ボヨン、チソン、コ・ヒョンジョンはPersonにて)
善徳女王(ソンドクジョオウ)
トンマンvs.ミシル。奇しくも、演じた二人が 二人とも結婚して一度芸能界から引退し、 見事復帰した女優さん。イ・ヨウォンと コ・ヒョンジョンの強い女っぷりにも注目です! 2009年年間平均視聴率1位だったのがこの「善徳女王」(35.42%)。数字は目安でしかありませんが、62話も観る側を魅了しつづけたという証。もっというと朱蒙(81話)や大長今(54話)はやはり凄いです。(平均視聴率 朱蒙2006~7年40.98%、大長今2004年41.72%、ホジュン(64話)2000年は歴代1位で47.1%) この物語の人気の秘訣は、ミシルとトンマンの両雄(雄?)が、身を切るような空気を醸し出しながら展開する知略戦にあります。囲碁や将棋のようです。視聴者からすれば悪サイドであるミシルでさえ、武力に訴えるような強引な手段はなるべく避け、相手側の力を奪い追い詰めて行く手法をとります。まさに孫子の戦わずして勝つ「不戦而屈人之兵、善之善者也」を実践しています。ハラハラしながらも、観ていて気持ちが良いです。高尚です。粋です。 微妙でかなり難しい役ピダムのキム・ナムギルはこの年ブレイクしました。(現在兵役中です) オム・テウンが演じたキムユシンは韓国史上の英雄のひとりで、伽耶(カヤ)国のひと。この国の昔を描いているのがチソン主演の「鉄の王キムスロ」ですね。 注目は女性2人。初回から終盤までの作品人気の立役者のコ・ヒョンジョン。タイトルロールの責任を立派に果たしたイ・ヨウォンも良い女優さん。年齢もキャリアも上のミシルさん相手に大健闘です。 (イ・ヨウォン、Personで)

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!