キョン・ミリ(Gyeon Mi-ri)

2011年8月2日


現場で面倒見のよさは評判
ご両親は岐阜県在住


名前
キョン・ミリ(Gyeon Mi-ri)
Profile
生年月日:1964年9月19日
身長:159cm
体重:42kg
血液型: A
おすすめ作
Works
■映画
亀、走る (2009)
■TVドラマ
三姉妹 (2010 SBS)
二人の妻 (2009 SBS)
イ・サン (2007 MBC)
黄金の新婦 (2007 SBS)
朱蒙 (2006~2007 MBC)
愛・共感 (2005 SBS)
悲しみよ、さようなら (2005 KBS2)
ヒメニラの家 (2004 KBS2)
百万本のバラ (2003 KBS1)
宮廷女官チャングムの誓い (2003 MBC)
大望 (2002 SBS)
ママと私と (2002 KBS2)
私の恋人、誰かしら (2002 KBS2)
噂の女 (2001 SBS)
私たちが他人でしょうか (2001 KBS1)
イヴのすべて (2000 MBC)
おばさん (2000 MBC)
恩師の時木 (2000 SBS)
愛の伝説 (2000 SBS)
朝鮮地図物語(1995 KBS1)
妖婦張禧嬪 (1995 SBS)
韓明澮(1994 KBS2)
太宗大王(朝鮮王朝五百年シリーズ)第8部「仁顕王后」(1988 MBC)
など・・・

’84年にMBC公開採用17期としてデビュー。
「大長今(チャングムの誓い)」「朱蒙」と大作での悪役ぶりが見事だったため、そのイメージが浸透してしまったが、本来は「イ・サン」で演じているような誠実な女性役がぴったり。
現場ではとても面倒見がよく、もう一度共演したい女優として頻繁に名があがるほど、俳優仲間からも非常に尊敬される人。
ご両親が岐阜県大垣市住まいとのこと。来日時に牛丼を食べて大好きになったらしい。
近年は夫と力を合わせた苦労が実り、株式での成功も収めた。
参照記事
キョン・ミリ&テ・ジナ、株式投資に成功
大桃美代子さんのブログ
名女優キョン・ミリ賛

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ハン・ジミン(Han JiMin)
韓国で1月に映画「朝鮮の名探偵」が公開、キム・ミョンミンと共演。 日本での公開は未定のようです。 身長160cm弱。170cm以上の長身女優が多くいる韓国芸能界においてとても小柄。しかし健気で愛らしい存在感、力のある澄んだ大きな瞳は、凛とした演技力とあいまって、物語の局面局面で観る者の心を掴んで放さない。 とある記事によれば、「幼い頃からたっぷりと家庭の愛情を受け育ってきたことがうかがえる、愛らしさ」。「オールイン」で同い歳のソン・ヘギョの子供時代を演じたのも今や懐かしい話。 「カインとアベル」の後、準備中だったドラマと映画の制作が白紙となったため、1年半の長い休みとなっていたが、ようやく映画「朝鮮の名探偵」が公開され、興行も大成功。 参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0120/10079289.html予想外の空白期 写真http://blogs.yahoo.co.jp/almdaunsanullim/32975108.html>こちらのブログより
チェ・シラ(Chae Shi-Ra)
今まで演じたかったアクション 落馬事故を乗り越えて 1984年ガーナチョコレートのCFで注目され、85年KBS高校生日記で演技キャリアをスタート。多くのTVドラマに出演、「王と妃」で、放送後半の1999年、KBSの演技大賞(ベスト俳優)に輝く。 2000年3月結婚後、以前と比べ活動を減らしていたが、2009年の「千秋太后(チョンチュテフ)」で復帰。「今までアクションをとても演じたかった」らしく、落馬事故での骨盤と腰の骨折ものりこえた。 俳優は年月を重ねて本当の演技が出てくる、という言葉どおり、ますます輝きそうな方。 写真はファッション誌「allure KOREA」より
イ・チャンフン(Lee Chang-Hun)
最新作「あなたが眠っている間に」、2011年5月より韓国にて放送中 1989年にデビュー、挙げ出せばきりがないほどの多くのドラマや映画に出演している。「薯童謡」でのモンナス博士は重要な役どころで、主役といっても過言ではないほどの存在ぶり。 2007年「イ・サン」、朝ドラマ「それでも好き」以後、かねてより交際中だった16歳年下の女性と結婚、そののち、妻の父親の会社で事業の勉強をしてきた。 2010年、2年ぶりにSBS「大胆な彼女」で復帰、様々な作品で重要人物をこなす、芯でも脇でも光るベテラン。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/soniru2006/m/200709/2「ソドンヨ」百済王国より
ありがとうございます
シリアスな人情物語に、田舎の村の のどかな雰囲気。個性派で演技力のある 俳優陣が奏でるハーモニーの良さ! 偏見という影のテーマも存在します。 HIVに感染してしまった女の子ボムを軸に進んでゆきます。島の独特の和やかさ、穏やかな自然、雰囲気は観ているだけでも、良い感じ。 先ほどの(ボムのことです)影の要素が序盤からしっかり存在し、それが緊張感を生み出しています。認知症の祖父もいたりします。そして、そんな現実を吹き飛ばすくらい明るく前向きに生活している母子と、助け合う人々の物語。幼い子供の心を傷つけまいとする心遣いがぐっとくる。 メインのお2人に注目させて頂きます。 コン・ヒョジン。表情豊かで実に面白い女優さん。子役が良い演技をしている場合、共演者の力量によるところが多いのですが、この方も、ボム役の子の良さを巧く引き出しています。 チャン・ヒョク。にじみ出る優しさ、人の良さを感じさせつつ、男性的な真直ぐさも表現できる方ですね。私は「推奴」でファンになったのですが、両班時と推奴師時のあの違い、そしてどちらにも流れる男の優しさ、素晴らしいと思いました。 このお二人、「火山高」という映画にも出てましたね。別シーンでしたけども。 (コン・ヒョジン、チャン・ヒョクはPersonへ)
コ・ヒョンジョン(Go Hyeonjeong)
人気絶頂時に引退、10年を経て復帰し、第一線で活躍 ご存知「善徳女王」でのミシルさん。 ミシル役で2009年MBC大賞(最優秀俳優)。翌年は「レディプレジデント~大物」でSBS大賞と2年連続のベスト俳優です。凄い! 09年名品イメージ女性1位(2位はイ・ヨンエ)に選ばれる など、ファッションリーダーとしても一流である彼女。 韓国ドラマ史上3位の視聴率を記録した「砂時計」のヒロインとして人気を獲得したさなか、財閥との結婚で引退。 その後8年の歳月が流れる。 2003年11月に離婚を発表。周囲の心配をよそに「春の日」で見事復帰した。 清純なイメージを見事振り払い、スター女優として活躍中。 写真はhttp://ameblo.jp/binyuming/entry-10416394776.html名品イメージ芸能人より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!