2011年5月30日 のアーカイブ

2011年5月30日 月曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

現代社会に生きる女性の結婚と出産をめぐって

韓国では2005年2月~9月まで放送、裏番組に「がんばれ!クムスン」があり、どちらも30分ドラマですが、視聴率で中々良い勝負をしていました。
現代社会で生きる女性の難しい立場をじっくり描いた、考えさせられる、大人、な内容。女性の結婚と出産が軸のドラマという点では、「クムスン」と共通ですね。

好感が持てるのが、女性人物に選択肢を与え、自分で決断させているところです。とても現代的です。恋愛関係にしても、よくある取り合いっこの三角関係ではなく、お互いを思い行動する人物が多く、説得力があります。
子供に異常な執着を見せるお母様も登場しますが、この方も徐々に変化を見せるのでご安心を。32話あたり、イニョンとジェミンが出会うあたりから、話が広がり、面白くなるので、是非ご覧下さい。
俳優陣は実に層が厚く、高品質。
既にPersonで紹介したイ・ボヨン、キム・スンス、イ・チャンフン、イム・ドンジン、に加えて、時代劇や「~ハイキック」でおなじみのイ・スンジェ、「華麗なる遺産」の社長で祖母役のパン・ヒョジョン、とにかく憎めない曲者母さんが似合うパク・ウォンスク、「怪しい三兄弟」で2009年KBS助演賞を取ったイ・ボヒ、、「ごめん、愛してる」「幻の王女チャミョンゴ」で注目を浴びたチョン・ギョンホなど、期待の若手から重鎮までが顔を揃える、これぞオールスター!とも言える実力どころたち。雰囲気の良さも伝わってきます。
出演者が一望できるおすすめページ韓国ドラマ出演者情報

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。

2011年5月30日 月曜日

2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5, 評価済)

優しいロマンチストから
厳しい役まで、安定した演技力

優しいイメージの男性役が似合い、ソフトで深みのある印象的な声。多彩な作品に出演するイ・ソンギュンは実は下積みが長い。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからドラマ「白い巨塔」に出演したあたりからである。そんな経歴からか、作品が良ければ、端役でもOKとか。
今や、最高のロマンチストにぴったりの俳優。しかし、ひとつのイメージにこだわらない彼は、常に多彩な役どころを選ぶ。

「パスタ」では驚くほど意地悪な役。この変身ぶり!いやはや、役者ですね。
写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年5月30日 月曜日

1 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 5 (1 投票, 平均値/最大値: 2.00 / 5, 評価済)

コン・ヒョジンとイ・ソンギュンの掛け合いは
とても自然で見事!口は悪いが腕は一流。
そんなシェフとひたむきな料理人ユギョンの
ありえない恋が少しずつ・・。
最初の出会いは金魚なんです。

イタリア帰りの素敵なシェフがお店に来たっ!ときめく女性スタッフたち。ユギョンは数日前に道路で粋な出会いもしていて、なんだか幸せの予感・・。と思っていたら突如このシェフは怒声を上げるスパルタ上司に豹変!ヘゴダ(くびだっ)を連発。
これまで優しい男性役がつぼにはまっていたイ・ソンギュンが、意識してか強烈な俺様キャラを作り上げました。これをしっかり受け止めているコン・ヒョジン。彼女は結果的にその年(2010)のMBC優秀女優の一人に。
この二人が段々接近してゆく過程がとても自然で、微笑ましく思えます。
後半の第15話の最後はこのドラマ最高の見せ場です。是非観てください。
音楽も、インディーズ系のバンドの曲を多く使用しており、独特のリズム感と哀愁を生み出していて、良いですよ~。(イ・ソンギュンPersonへ)

おすすめ動画Youtube「운명(運命)」(韓国語)

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。

2011年5月30日 月曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

男3人に旅芸人の娘一人が加わり
奴婢に落ちた男の復讐の火縄銃が
テギルを狙う。注目の第3話!

主役テギルも含め登場人物の多くは公儀ではない、もしくは外れてしまった者たち。つまり、視点が階級社会の底辺層にあります。「腐った世の中だ、ひっくり返ってしまえ」的な台詞が印象的。
題名どおり、奴婢(奴隷)制度の非人間性への批判の眼。そんな間違った世の無常さ、生き抜く厳しさ、人物の死に様が描かれてゆく。斬られればどんな人間でもあっさり死ぬもの、という緊張感を随所に感じます。

技術面で言うと、韓国ドラマ初の高性能カメラ「レッドアイ」を使って撮影され、映像が段違いで綺麗。

驚いたのは、重症障害者の人物を、それもかなり重要な役で登場させていることです。従来より韓国ではタブー視され、悪く言えば忌み嫌われていた領域に思い切って踏み込んでいます。
そして、そんな作品が視聴者に受け入れられ、高視聴率を記録。

ちなみに、俳優を含めた製作陣はドラマアウォードでの賞金約1600万ウォンを障害者施設に寄付し、後日その施設を訪問しています。素晴らしいですね。

テギルの推奴師匠チョン・ジホを演じたソン・ドンイルは2009年の助演賞に輝きました。
それから推奴師一行に紅一点で加わる女の子に扮したキム・ハウンもとても目立っています。この人、同じクァク・ジョンファン監督作品の「漢城別曲-正」に出演した方です。

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。


デスクトップバージョン | モバイルバージョンにスイッチ

プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!