私をくいとめて

2022年6月18日

おーもいでーはーモノークローム、いーろーをつけーてくれー♪

自分が好きな、綿矢りささん作品が原作の映画です。

原作で急展開を見せるところのフライトの場面。はらはらドキドキの果てに、
流れる佐野元春さんの曲がとてもうまい使われ方をしていて、
自分は観ていて気持ち良く涙が出ました。
主演ののんちゃんはもちろん、
イタリア在住のさつき役の橋本愛さんがまた良かったです。
二人の友情の場面は、この作品の宝です。
そして、この原作の見せ場であるイタリアの描写。
余すところなくイタリアで、現地の言葉には字幕はつかない。
「何言ってるか全然かわかんない」、というみつこの立場そのままに。

途中で出てきたコロッセオ、みつこさんはグラディエーター、スパルタカス
とおっしゃいます。なるほど。ちなみに僕は、ブルースリーのドラゴンへの道を思い出します。

版権の問題なのか、終盤のディズニーランドのところが東京タワーに変わっていました。
でも悪くありません。
映画になっても、とても良い作品!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

リベンジgirl
「ヒロイン失格」以降、僕は桐谷美玲さんを尊敬しているので、今後も頑張ってほしいです。 舞台挨拶もあったので、桐谷美玲さんご本人を見られました。 目の大きな、お人形さんのような素敵さ。 来年の目標は「トライ」(挑戦)だとか。具体的には、ヨガを挙げていらっしゃいました。 頑張ってください、今後も応援します! 映画そのものは・・、中途半端すぎます。 これは演じ手さんの問題ではないです。出演者は頑張っています。 あの結末はないでしょう。 Youtube 「リベンジgirl」予告映像
二つの主題がこうして、いとみち
この作品の大きな2つの主題が、三味線とメイドカフェ、だと理解して、いざ劇場へ。こんな形で2テーマをつなげるとは、と感激。 ・・、もう、本当に良い映画でした。 終盤のライブへの流れは、見事です!
DQ_ユアストーリー
 自分が二十歳前後の頃、今から20年以上前なのですが(!)、 慣れ親しんだ「ドラゴンクエストⅤ」を描いた作品で、 ものすごく懐かしかったです。 また内容も良かったです。アニメ技術は勿論のこと、筋書きも、しっかり描くところは描き、大きな時間軸の部分は流れるように美しい、絵画のつなぎ方をしています。  特に、作品の鍵になる二人の女性、ビアンカとフローラがしっかり描かれていて、 ゲームでも実に悩ましかった「伴侶選び」の様子を丁寧に綴っています。 表情の描き方が実に繊細で可愛くて、 これぞ現代アニメ!と思わせる見事さです。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II_
ほんの少し白髪が混じってきて。哀しみのアルテイシア
王道といえる「一年戦争」の人物たちの力を借りて、製作陣が、楽しみつつも、真摯に丁寧に作っているように感じました。アムロやミライさんも登場。58分ほどですが、凝縮された内容。 次回作「暁の蜂起」は、来年春だそうです。 女性や学生さんの姿も見られましたが、 お客さんの8~9割が白髪交じりの男性でした。 かく言う私も、最近ほんの少し白髪が混じってきております!
私も魔法が使えたら、3D彼女
「ヒロイン失格」や「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います! 後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、素晴らしい。 美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、 身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。 中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~! ・Youtube 「3D彼女」予告映像

コメントをどうぞ


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!