ヘンリィ五世(1944 英)

2011年11月14日


この映画から感じられる、愛国心、物語へ
の愛、人物への愛。第二次大戦当時、政府の
依頼を受けて製作した国威高揚作品にして、
遊び心もあり、芸術性も高い。100回は観た!

オリヴィエにとって、最初の監督作にして、私個人的に彼の最高傑作と思う作品(そう言う方、結構多いです)。この映画から感じられる、愛国心、演劇への愛、人物への愛。そして、作中随所に散りばめられた粋な工夫や試み、そして遊び心。実に後味の良い、観終えて気持ちの良い映画です。
この映画は、私が演劇に夢中になって行くきっかけでした!

本作は、1944年製作、つまり第二次大戦が終息してゆく時期に、当時ナチスの脅威と何とか渡りあった英国で、英国政府の支援を受け、戦意高揚、あるいは国家の一致団結を意図して作られたものです。この当時の英国の精神の高まり、感じますよね。ちなみに同じ時期に米国では「我等の生涯の最良の年(The Best Years of Our Lives)」という、やはり帰還軍人を扱った映画が作られています。

国威高揚映画という側面を持ちつつも、とても芸術的で、自戒的要素も持つとっても人間的な、そして鼓舞する場面など魂に訴えかける力強さを持つ素晴らしさ!
英国映画史に残る宝物。

タイトル
ヘンリィ五世 HenryⅤ
ストーリー
1600年のロンドンの遠景から始まり、その中にたたずむグローブ座。そこに詰め掛けた多くの聴衆を前にして、上演されるのはヘンリー五世のアジンコートの戦い。当時、すでに「ヘンリー四世」の戯曲を知っていた聴衆は、放埓な日々を送っていたハル王子が成長した姿に、驚きながらも喝采を送る。やがて舞台は劇場の中から、屋外へと移ってゆく・・・。
途中登場する病の老人は、ハル(ヘンリー五世)の旧悪友で、「ヘンリー四世」で大人気を博した人物フォールスタッフ、映画中の聴衆の反応で人気のほどが判ります。オリヴィエは、本来「五世」にはない「四世」第二部の最後の部分(「おまえなど私は知らぬ」、っていう可哀想な場面)を映画中に加え、病床のフォールスタッフに回想させる、という粋な試みをしています。
cast in order of appearance
Chorus・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Leslie Banks
Archbishop of Canterbury・・・・・・・・・・・・・Felix Aylmer
Bishop of Ely・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Robert Helpmann
The English Herald・・・・・・・・・・・・・・・・Vernon Greeves
Earl of Westmoreland・・・・・・・・・・・・・・・Gerald Case
Earl of Salisbury・・・・・・・・・・・・・・・・・Griffith Janes
Sir Thomas Erpingham・・・・・・・・・・・・・・・Marland Graham
Duke of Exetor・・・・・・・・・・・・・・・・・・Nicholas Hannen
Duke of Gloucester・・・・・・・・・・・・・・・・Michael Warre
King Henry Ⅴ of England・・・・・・・・・・・・・Laurence Olivier
Mauntjoy.the French Herald・・・・・・・・・・・・Ralph Truman
Duke of Berri French Ambassadar・・・・・・・・・Ernest Thesiger
Corporal Nym・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Frederick Cooper
Lieutenant Bardolph・・・・・・・・・・・・・・・・Roy Emerton
Ancient Pistol・・・・・・・・・・・・・・・・・・Robert Newton
Mistress Quickly・・・・・・・・・・・・・・・・・・Freda Jackson
Boy・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・George Cole
Sir John Falstaff・・・・・・・・・・・・・・・・George Robey
King Charles Ⅵ of France・・・・・・・・・・・・Harcourt Williams
Duke of Bourbon・・・・・・・・・・・・・・・・・Russell Thorndike
The Constable of France・・・・・・・・・・・・・Leo Genn
Duke of Orleans・・・・・・・・・・・・・・・・・Francis Lister
The Dauphin・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Max Adrian
The French Messenger・・・・・・・・・・・・・・Jonathan Field
Fluellen(Captain in the English Army)・・・・・Esmond Knight
Gower(Captain in the English Army)・・・・・・・Michael Shelpy
Jamy(Captain in the English Army)・・・・・・・・John Laurie
Macmorris(Captain in the English Army)・・・・・Niall MacGinnis
The Governor of Harfleur・・・・・・・・・・・・・Frank Tickle
Princess Katharine・・・・・・・・・・・・・・・・Renee Asherson
Alice・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ivy St. Helier
Queen Isabel of France・・・・・・・・・・・・・Janet Burnell
Court(Soldier in the English Army)・・・・・・・Brian Nissen
Bates(Soldier in the English Army)・・・・・・・Arthur Hambling
Williams(Soldier in the English Army)・・・・・Jimmy Hanley
A Priest・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ernest Hare
Duke of Burgundy・・・・・・・・・・・・・・・・Valentine Dyall
監督
Laurence Olivier
製作
Filippo Del Giudice、Laurence Olivier
脚本
Dallas Bower、Alan Dent、Laurence Olivier
原作
William Shakespeare
音楽
William Walton
製作
1944年 英国
上映時間
137分
英国初回公開日時
1944年11月22日
リリース

参照リンク
Wikipedia(英語)
おまけ・・・
なんと言っても観る側(聴く側?)が釘付けになるのが、兵士達を鼓舞する場面だと思います。
ここで2つの場面の台詞を記載してみます。英語です!

・ハーフラーへの突撃場面
Once more ,unto the breach! dear friends once more ,or close the
wall up with our English dead!
In peace ,there is nothing so becomes a man as modest stillness and humility. but when the blast of war blows in our ears ,then imitate the action of the tiger .stiffen the sinews ,summon up the blood ,disguise fair nature with hard favoured rage .then lend the eye a terrible aspect ,let it pry through the portage of the head like the brass cannon .let the brow o’erwhelm it as fearfully as doth a galled rock o’erhang jutty his confounded base swilled with the wild and wasteful ocean .
Now set the teeth ,and stretch the nostril wide ,hold hard the breath and bend up every spirit to his full height .
On on ,your noblest English ,whose blood is fet from fathers of war proof .Fathers that like so many Alexanders have in these parts from morn til even fought ,and sheathed their swords for lack of argument .dishonor not your mothers .
Now attest that those whom you called your father did beget you .Be copy now to men of grosser blood and teach them how to war .
And you good yorman whose limbs were made in England ,you show us hear the mettle of your pasture .let us swear that you are worth your breeding .Which I doubt not ,for there is none of you so mean and base ,that hath not noble lustre in your eyes .
I see you stand like greyhounds in the slips ,straining upon the start ,the game is afoot ,follow your spirit ,and upon this charge cry “God for Harry ,England and St.Jorge!”

・アジンコートの朝
What’s he that wishes so! my cousin Westmorland? No my fair cousin if we are march to die we are enough to do our country loss .and if to live the fewer man the greater share of honor .God’s will ,I pray thee ,wish not one man more .
Rather proclaim it Westomreland ,through my host ,that he that hath no stomach to this feast ,let them depart .his passport shall be drown and crowns for convoy put into his purse .we would not die in that man’s company that fears his fellowship to die with us .
This day is called the feast of Christpian .He that outlives this day and comes safe home will stand a tiptoe and this day is named and rouse him at the name of Christpian .he that shall live this day and see old age will yearly on the vigil feast his neighbors and say “tomorrow is St.Christpian” .then he will strip his sleeves and show his scars and say “these wounds I had on Christpian’s day” .Old men forget yet old shall be forgot ,but he’ll remember with advantages what feats he did that day .Then shall our names familiar in his mouth as household words ,Harry the King ,Bedford and Exeter ,Warwick and Talbot ,Souldsbury ,young Glouster ,be in their flowing cups freshly remembered .This story shall the good man teach his son .and Christpin Christpian shall ne’er go by from this day to the ending of the world .But we in it shall be remembered .We few ,we happy few ,we band of brothers .For he today that shed his blood with me shall be my brother ,be he ne’er so base .and gentlemen in England now a bed shall think themselves accursed that they were not here .and hold their manhoods cheap whiles any speaks that fought with us upon St.Christpian’s day!

これら以外にも、最初のフランス使節を一喝する場面、決戦前に身代金は要らぬと言い放つ場面、など、舞台俳優のお手本、とも言うべき鮮やかさ。
また、決戦前夜が対照的にとても静かで、孤独な独白とともに、とても効いています。

そして多くの人が、素晴らしい!と口を揃える、アジンコート戦でのフランス騎馬隊の突撃場面。徐々に速度を上げ、ウィリアム・ウォルトンの音楽に乗りながら、カメラも段々引いて、迎え撃つ英国軍の弓矢隊が矢を放つ!名場面です。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

リチャード三世(1955 英)
生来の歪んだ体に、引きずって歩く足。 だが知略に富み、機を見るに敏な男。 城内から終盤の戦場まで、各所の空間を 広く上手に使う撮り方が、舞台人らしい。 これだけ恵まれないと笑うしかないな、と言っている本人も実は他者の痛みなどまるで感じてない、という逆説的な物語。 冒頭、リチャードが冠を召使に預け、召使が落っことすところ。場面の変わり目でさりげないのですが、いきなり笑ってしまいました。 シェイクスピア劇って台詞の量が多く、一歩間違うと会話ばかりになり、観る側を飽きさせてしまいます。オリヴィエもそこはよ~く知っていて、映画用に台詞を、可能な限り削り、あるいは順序を入替え、空間や表情、そして心地よい沈黙とも言うべき間をうま~く織り込んでいる。 「敵役であり主人公でもあり道化でもある恵まれた役」、とはオリヴィエ自身のリチャード評。 終盤には、屋外ロケへ。それまでの城内中心の密室劇から、実に広広とした空間に移る、こういったところに垣間見られる、空間の広がりの上手な使い方、舞台人の彼っぽい特色です。 ボズワースの戦い。葬られた者達の亡霊、有名な「Despair and die」の場面、そしてヘンリィⅤを思い出させる野戦シーンへ、やはり躍動感があります。遠近感の使い方が巧い、奥行きを感じさせる。 「ヘンリィ」では英雄だったオリヴィエは本作では、まさに正反対のリチャード。同じ暴君でもマクベスと違うところは、罪の意識がなく、笑いを誘うほど滑稽で、ひたすら三枚目なところ。知略に富み、機を見るに敏、マクベス夫人的伴侶もいない、人から愛されない。芯まで悪。散り際も悪党らしく因果応報、実に清々しいほどの格好悪さ(笑)。なるほど、一流の俳優が皆、演じたがるわけです!愛すべき異形の悪党、ここに極まれり。
ハムレット(1948 英)
最初の1時間はあっという間です。この上 なく美しい台詞の響き。あえて白黒で作り 上げたオリヴィエのこだわり。色彩がない分、 観る側の想像力を無限に掻き立てる。 最初の1時間、つまり亡き父親の亡霊にハムレットが出会うところまで、何時の間にか時間が経ってしまう、というのが私の経験です。 シェイクスピア劇が好きな方必見。 台詞の響きが非常に美しいので、英語の魅力を再発見する事でしょう。 英国人にとってシェイクスピアとは観るものと言うよりは聴くものであったというのもうなづける。私が心から英語を好きになったのも、シェイクスピア映画があったからに他ならない。 20世紀の代表的(私個人的には最高の!)英俳優オリヴィエ、何度も舞台で上演した計算された演技。この作品で、イギリス人にも関わらず、アメリカのアカデミー賞を獲得。彼は米国演劇人からのリスペクトも非常に高かった。 私が言うのも僭越ですが、この題材を、当時テクニカラー技術があったにも関わらず、あえて白黒で作り上げたオリヴィエの判断は、正解だったと思います。亡き父の亡霊の場面の寒々しさ、宮殿内の寂しげな雰囲気、絶壁や暗闇でのハムレットの独白など、とてもマッチしていて、色彩がない分、観る側の想像力を無限に掻き立てる。格調高き彫刻のよう。
リスト・オブ・シェイクスピア
私の情熱の原点は、大学時代に出会ったシェイクスピア映画です。 これから、私が知る限りの映画化されたシェイクスピア劇を、 1戯曲について1作品、列挙したいと思います。 異論はをお持ちになるかもしれませんが、 私の中のベスト作品と言う事でお許しいただきたい。 少しずつ増やしてゆきますので、 随時更新、と言う形で進めます。 まずはオリヴィエのシェイクスピアトリロジー 「ヘンリィ五世」 「ハムレット」 「リチャード三世」 黒澤明作品から 「蜘蛛巣城」(マクベス)
詩の拳闘、ポエトリーエンジェル
詩のボクシング。 映画序盤は、なにそれ、と思ったりしました正直。 でも段々、魂の叫び、そういうことか!、なんかわかる!、と共感できて。 終盤は、特に心に響きました。 若手の方も頑張っていらっしゃり、岡山さん、武田さん、凄く良かったのです。 そんな中、僕は、お父さん役のベテラン鶴見辰吾さんがとても印象に残りました。 「ポエトリーエンジェル」予告映像
チョン・グァンリョル(Jeon Kwang-ryul)
最新作はドラマ「サイン」で、 韓国で3月に終わったばかりです。 「張禧嬪」や「朱蒙」など、やり方によっては目立たず 忘れられてしまう微妙な役どころであるのに、大変魅力的であり、 ともすると主役がかすんでしまうほどの存在感と説得力を放つ。 それぞれの場面に確かな芯を通す素晴らしい俳優。これでも「ホジュン」で主役に抜擢されるまでは、苦労していた遅咲き。 奥様はスタイリストのパク・スジンさんで、「太陽を飲み込め」で着ていた見事なスーツは彼女の作品。 「製パン王キム・タック」(2010)にも出演していて、 白血病の子供を撮影現場に招待した、なんていうエピソードもあります。 参考記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118701 写真はhttp://kyuha.blog110.fc2.com/blog-category-80.htmlの方のブログより

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!