I still have music in me・・、マイ・インターン

2015年11月23日

The Internこの日、朝から映画を観て、お酒を飲んでブッフェに・・と思っておりましたら、「勇者よ新宿コズミックセンターに集え!」とのメッセージを受け取り、大慌て。
13:00集合とか。・・うむ、何とか間に合うな。ということで、映画は予定通り、お酒はほどほどに、そのかわり時間がないので食事は抜きで・・。


というわけで観てまりました。
「マイ・インターン」

自分はふだん、国産のものに投資を!との趣旨で、劇場ではほとんど邦画観て、洋画はレンタルかWOWOWで済ましております。が、これだけは外せない、と思い、観てまいりました!
現役の外国籍俳優で、僕が最も尊敬するのは、デニーロさんなのです。もう70歳なのですね。我が父親にとてもよく似ておりまして。

自己紹介ビデオをYoutubeにあげる時代なのだとは!驚きました。
このときのベンさんのセリフ、音楽家・・のところ、良いです!
I still have music in me・・

受験時代に洋画をたくさん観ました。僕にとっては、英語のお勉強の教科書。外国語学部に進学し、また後にお芝居の道に入る遠因にもなります。
この映画で、印象に残った台詞を。
let’s make it happen !(行動あるのみ!)
そうですよね!
gonna be a piece of cake .(楽勝だよ)
そういえる余裕は持っていたい!
あと、イクメンのことをhomeDadとか、househusbandと言うようです。


・・その後、朝に少し飲んだ牛乳以外、食事を一切せずにのぞんだ新宿での発表会客演。やっぱり体が思うように動きませんでしたー!(((。o゜))))

Youtube 「マイ・インターン」予告編(120秒)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ: ,

関連記事

あん
おいしいときには笑え。あん
餡作りの達人! のお話かと思いきや、それだけはなくて。 ある難病のお話。 公開は5月末(5月30日)だったのですが、何度もリピート上映されております。私も、再上映で観ました。 樹木希林が、お孫さん(内田伽羅さん)との初共演だったそうです。 樹木さんは「駆込み女と駆出し男」にも(直近では海街diaryにも!)出演なさっており、その舞台挨拶を、わたくしの友人が観に行っております。とっても素敵でした!と申しておりました。大ベテランにして、第一線で旬。すごい。 市原悦子さんも久々に映画出演なさっています。 永瀬さんは、やはり映画出演が似合う。 おいしいときは、笑うのよー。 「あん」予告映像
アイアムアヒーロー
本当に「ヒーロー」になれるか?、アイアムアヒーロー
恐怖やむごさをことさら強調するホラー映画は、僕はあまり得意ではありませんが、こういう映画なら全然大丈夫。 慈悲も容赦もない敵の群れに立ち向かう点では、僕も好きな「ロードオブザリング」の世界と違いません。例え時代劇であっても、ファンタジーでも、ホラーでも、闘いとはさもありなん。 . 家族や友人がゾキュンに、という悲哀もきちんと描かれています。特に、徳井優さん演じるアベさんの存在が大切。 . 終盤、ファイナルファンタジーの魔導少女のように有村さんが覚醒して活躍するのかと思いきや・・、いえ、最後まで芯(主役)は大泉さんですよ~。 男子は少々ダメなくらいでちょうどよい。立ち向かえ! . 英雄くんが本当に「ヒーロー」になる瞬間、どうぞ観てあげてください。 この話の間、行政はいったい何をしていたんだ?、と一瞬思うけど、それは言わずに・・。(^^) . ・Youtube 「アイアムアヒーロー」予告映像
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II_
ほんの少し白髪が混じってきて。哀しみのアルテイシア
王道といえる「一年戦争」の人物たちの力を借りて、製作陣が、楽しみつつも、真摯に丁寧に作っているように感じました。アムロやミライさんも登場。58分ほどですが、凝縮された内容。 次回作「暁の蜂起」は、来年春だそうです。 女性や学生さんの姿も見られましたが、 お客さんの8~9割が白髪交じりの男性でした。 かく言う私も、最近ほんの少し白髪が混じってきております!
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I_
朝から活気が、青い瞳のキャスバル
映画「リトルフォレスト」を観た日、新宿ピカデリーは朝からがやがや活気がありました。 よくよく見ているとガンダムの最新作目当ての皆さんなのだと気づきました。 へぇー、作られてるんだ、と思い、夕方に観てみたのですが、うん、良かったです。 入り口にはこんなモニュメントが。ピカデリーさんはよく、上映作についてこういう趣向をなさいます。粋ですね!
母にやっと会えた、はらはらなのか。
最終日に、渋谷アップリンクで観てまいりました。 上映後にトークショーがあり、そのあとサイン会もあったので、酒井麻依監督にサインを頂きました。 こちらの話をしっかり聞いてくださる、良い方でしたよ! お若いのに、頑張っていらっしゃる監督さんです。 亡き母の影を追い、演劇で頑張る少女の話。小品なのに驚くほどよくて。色彩も豊かで、映像も綺麗でした。 翌々日が母の日だったので、自分も、面倒を我慢して、母にメールしてみたり。 「はらはらなのか。」予告映像

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!