よく聴く、よく効く音楽

2011年7月28日

私は、音の種類の多い、音に厚みのある、そして遊び心のある音楽が好きです。

最近もっぱらIPODにいれて聴くのがLeccaです。彼女はレゲエをベースにした音作りをするシンガーソングライターです。

半年前に退職したレンタル店に彼女のコーナーを作らせてもらったのですが、まだ残っているかな・・。
(Lecca、Personへ)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

Slash
ブルースに根ざした感情豊かな旋律が かきむしるギブソンレスポールでうねる、 そしてギタリストに徹している格好良さ。 イギリスから移住してきた少年がギターを始めたのは15歳。 80年代から90年代にかけて、スティーヴ・ヴァイや、イングウェイ・マルムスティーンのような超絶技巧派が脚光を浴び、 またメタリカやメガデスに代表されるスラッシュメタルのような高度な楽曲構成のバンドが登場している中、 ブルースに根ざした情感溢れる演奏スタイルは、全く霞むことなくロックシーンで支持を集める。 クールなんだけど人柄は穏やか。多くの音楽家たちと交流を持ってくれるのも嬉しいかぎり! おすすめ動画Youtube「Guns N’ Roses
lecca Clown Love2
lecca(レッカ)
現在、ライブツアー「People on the
High Street
小さい蕾が花開くように、地を這う虫が羽をもつように、強く変わる・・ 聴いて元気になりましたよ! leccaちゃん、がんばれ~。
80年代ロックを想う
私は、高校時代に同級生の多大な影響を受け、ハードロックが好きになりました。 当時は80~90年代でしたので、ブラックサバスやエアロスミスらの次の世代、グラムロック時代のポイズンやモトリークルーから90年代のガンズアンドローゼズ、そしてニルヴァーナのグランジ時代になってゆくときです。この80から90年代初頭はロックンロールの黄金時代でした。 現在、日本ではJ-Rockが盛んになり、先の時代のロックに劣らない躍動感のあるバンドも多く登場しています。頑張って欲しいですね。 良い音楽とは10年20年後に聴いても古さを感じさせないもの、と言います。 クラシック音楽しかり、ジャズしかり、80年代ロックもまた然りです。 (Slash、Personへ)
The Intern
I still have music in me・・、マイ・インターン
この日、朝から映画を観て、お酒を飲んでブッフェに・・と思っておりましたら、「勇者よ新宿コズミックセンターに集え!」とのメッセージを受け取り、大慌て。 13:00集合とか。・・うむ、何とか間に合うな。ということで、映画は予定通り、お酒はほどほどに、そのかわり時間がないので食事は抜きで・・。 というわけで観てまりました。 「マイ・インターン」 自分はふだん、国産のものに投資を!との趣旨で、劇場ではほとんど邦画観て、洋画はレンタルかWOWOWで済ましております。が、これだけは外せない、と思い、観てまいりました! 現役の外国籍俳優で、僕が最も尊敬するのは、デニーロさんなのです。もう70歳なのですね。我が父親にとてもよく似ておりまして。 自己紹介ビデオをYoutubeにあげる時代なのだとは!驚きました。 このときのベンさんのセリフ、音楽家・・のところ、良いです! I still have

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!