Slash

2011年7月28日


低く構えたレスポールに
シルクハット

名前
Slash
Profile
生年月日:1965年7月23日
出身:イングランド ウェストミッドランド州 スタッフォードシャー ストーク・オン・トレント
おすすめ作
Discography
■ソロ活動
Slash(2010)
■Velvet Revolver
Libertad (2007)
Contraband (2004)
■Slash’s Snakepit
Ain’t Life Grand (2000)
It’s Five O’Clock Somewhere (1995)
■Guns N’ Roses
Live Era: ’87–’93 (1999)
The Spaghetti Incident? (1993)
Use Your Illusion II (1991)
Use Your Illusion I (1991)
GN’R Lies (1988)
Appetite for Destruction (1987)
Session work
映画「フィニアスとファーブ」サウンドトラックに参加(Kick It Up a Notch)(2011)
リアーナの「Rated R」に参加(Rockstar 101)(2009)
映画「The Wrestler」劇中の楽曲に参加(2008)
マイケル・ジャクソンの「Invincible」に参加(Privacy)(2001)
マイケル・ジャクソンの「Blood On The Dance Floor」に参加(Morphine)(1997)
映画「Jackie Brown」サウンドトラックに参加(1997)
マイケル・ジャクソンの「HIStory」に参加(D.S.)(1995)
レニー・クラヴィッツの「Mama Said」に参加(Fields Of Joy、Always On The Run)(1991)
マイケル・ジャクソンの「Dangerous」に参加(Give In To Me、Black Or White)(1991)
ブルースに根ざした感情豊かな旋律が
かきむしるギブソンレスポールでうねる、
そしてギタリストに徹している格好良さ。

イギリスから移住してきた少年がギターを始めたのは15歳。
80年代から90年代にかけて、スティーヴ・ヴァイや、イングウェイ・マルムスティーンのような超絶技巧派が脚光を浴び、
またメタリカやメガデスに代表されるスラッシュメタルのような高度な楽曲構成のバンドが登場している中、
ブルースに根ざした情感溢れる演奏スタイルは、全く霞むことなくロックシーンで支持を集める。
クールなんだけど人柄は穏やか。多くの音楽家たちと交流を持ってくれるのも嬉しいかぎり!

おすすめ動画
Youtube「Guns N’ Roses & Lenny Kravitz – Always on the Run」
Youtube「Slash with Michael Jackson 1991 VERY RARE from 1991 Black Or White」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

80年代ロックを想う
私は、高校時代に同級生の多大な影響を受け、ハードロックが好きになりました。 当時は80~90年代でしたので、ブラックサバスやエアロスミスらの次の世代、グラムロック時代のポイズンやモトリークルーから90年代のガンズアンドローゼズ、そしてニルヴァーナのグランジ時代になってゆくときです。この80から90年代初頭はロックンロールの黄金時代でした。 現在、日本ではJ-Rockが盛んになり、先の時代のロックに劣らない躍動感のあるバンドも多く登場しています。頑張って欲しいですね。 良い音楽とは10年20年後に聴いても古さを感じさせないもの、と言います。 クラシック音楽しかり、ジャズしかり、80年代ロックもまた然りです。 (Slash、Personへ)
よく聴く、よく効く音楽
私は、音の種類の多い、音に厚みのある、そして遊び心のある音楽が好きです。 最近もっぱらIPODにいれて聴くのがLeccaです。彼女はレゲエをベースにした音作りをするシンガーソングライターです。 半年前に退職したレンタル店に彼女のコーナーを作らせてもらったのですが、まだ残っているかな・・。 (Lecca、Personへ)
クリス・ジェリコ(ChrisJericho)
現在、WWEを一時的に離れて、自身がヴォーカルを務めるバンドFOZZYのツアーに参加中。でも復帰の見通しはほぼ確実ですね。 現役という前提で話しますが、現在のWWEスターの中でも試合作りの巧さは屈指。 昨年の来日時は我らが日本人WWEスター、ヨシタツを相手に、退いては攻め、すかしてはその出鼻をくじき、という感じで大いにヨシタツ選手の良いところを引き出してくださいました。 揺さぶりの達人。そのくせ外見はかっこいい。大好きです我らがY2J! 写真はhttp://howtowalk.blog89.fc2.com/blog-entry-71.html>プロレス数珠つなぎより
アンダーテイカー(the Undertaker)
WM27以降、現在静養中。 でもいつ登場しても問題ないインパクトを持つ。 現役スターの中では最古参で、1990年より実に21年間(一度も退団せず)、WWEの主軸として活躍している方。「WWEの良心」とも言われ、仕事へのひたむきさ、バックステージでの信頼度、人間性の良さへの敬意が感じられる。 テリーファンク曰く「非常に教養のある男」。タジリ選手曰く「今まで出会った相手の中で最も力が強かった(他にも大型選手は多くいるのにそう語っています)」。 身体能力が抜群でかつ研究熱心、大型なのに俊敏に動けて小柄な選手とも試合を作れる。90年代に他の大型選手があまり長続きせず、ブレットなどの技巧派中型選手がWWEで大いに活躍できたのも、テイカーがいたから、と言われます。20-0の記録を打ち立てて引退する、という噂がありますけど、少しでも長く活躍して欲しい偉人です。 参考資料、ジミー鈴木・著「まるごとわかるアメリカンプロレス」
High Street
小さい蕾が花開くように、地を這う虫が羽をもつように、強く変わる・・ 聴いて元気になりましたよ! leccaちゃん、がんばれ~。

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!