BABYMETALに驚愕

2016年7月26日

BABYMETAL2
最近、ここ1~2ヶ月、聴きまくっています。
この、音のぶ厚さ!
歌ぢから(スーメタルさん)もあり、そして、バックバンドの皆さん(神バンド)が、とにかくうまい!しかも、後方支援に徹する素敵さ。
天使と悪魔の連携、あるいは娘を見守るお父さんたちみたいで、なんか良くて。
女子お三方の表現力と体力に勿論あっぱれですが、真に力を与えている、後ろの紳士の皆様も凄いのです!

「ギミチョコ!!- Gimme chocolate!! (OFFICIAL)」
「メギツネ – MEGITSUNE (OFFICIAL)」
「KARATE (OFFICIAL)」
「ヘドバンギャー!!- Headbangeeeeerrrrr!!!!!!!」
「イジメ、ダメ、ゼッタイ – Ijime,Dame,Zettai」
「 いいね!- Iine!」
「ギミチョコ!! – Gimme chocolate!! 16.04.05 THE LATE SHOW (アメリカCBSのTV番組)」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

美しいあなた
現代社会に生きる女性の結婚と出産をめぐって 韓国では2005年2月~9月まで放送、裏番組に「がんばれ!クムスン」があり、どちらも30分ドラマですが、視聴率で中々良い勝負をしていました。 現代社会で生きる女性の難しい立場をじっくり描いた、考えさせられる、大人、な内容。女性の結婚と出産が軸のドラマという点では、「クムスン」と共通ですね。 好感が持てるのが、女性人物に選択肢を与え、自分で決断させているところです。とても現代的です。恋愛関係にしても、よくある取り合いっこの三角関係ではなく、お互いを思い行動する人物が多く、説得力があります。 子供に異常な執着を見せるお母様も登場しますが、この方も徐々に変化を見せるのでご安心を。32話あたり、イニョンとジェミンが出会うあたりから、話が広がり、面白くなるので、是非ご覧下さい。 俳優陣は実に層が厚く、高品質。 既にPersonで紹介したイ・ボヨン、キム・スンス、イ・チャンフン、イム・ドンジン、に加えて、時代劇や「~ハイキック」でおなじみのイ・スンジェ、「華麗なる遺産」の社長で祖母役のパン・ヒョジョン、とにかく憎めない曲者母さんが似合うパク・ウォンスク、「怪しい三兄弟」で2009年KBS助演賞を取ったイ・ボヒ、、「ごめん、愛してる」「幻の王女チャミョンゴ」で注目を浴びたチョン・ギョンホなど、期待の若手から重鎮までが顔を揃える、これぞオールスター!とも言える実力どころたち。雰囲気の良さも伝わってきます。 出演者が一望できるおすすめページ韓国ドラマ出演者情報
チェ・シラ(Chae Shi-Ra)
今まで演じたかったアクション 落馬事故を乗り越えて 1984年ガーナチョコレートのCFで注目され、85年KBS高校生日記で演技キャリアをスタート。多くのTVドラマに出演、「王と妃」で、放送後半の1999年、KBSの演技大賞(ベスト俳優)に輝く。 2000年3月結婚後、以前と比べ活動を減らしていたが、2009年の「千秋太后(チョンチュテフ)」で復帰。「今までアクションをとても演じたかった」らしく、落馬事故での骨盤と腰の骨折ものりこえた。 俳優は年月を重ねて本当の演技が出てくる、という言葉どおり、ますます輝きそうな方。 写真はファッション誌「allure KOREA」より
ちはやふる 下の句
ちはやふる 下の句
GW中は連日大入りの大盛況でした。自分は今頃の観劇。 まだまだ人気あり、この日も学生さんが多かったです。 ちはやさん、クウィーンしのぶさん、どちらも女性から支持されているようですね。帰り際、女子の皆さんが話題にしていらっしゃいましたよ。 3作目の制作も発表されたけど、ぜひ若手の皆さんがお若いうちにね! 「ちはやふる 下の句」予告映像 ちはやふるMV「FLASH」(Perfume)
ハムレット(1948 英)
最初の1時間はあっという間です。この上 なく美しい台詞の響き。あえて白黒で作り 上げたオリヴィエのこだわり。色彩がない分、 観る側の想像力を無限に掻き立てる。 最初の1時間、つまり亡き父親の亡霊にハムレットが出会うところまで、何時の間にか時間が経ってしまう、というのが私の経験です。 シェイクスピア劇が好きな方必見。 台詞の響きが非常に美しいので、英語の魅力を再発見する事でしょう。 英国人にとってシェイクスピアとは観るものと言うよりは聴くものであったというのもうなづける。私が心から英語を好きになったのも、シェイクスピア映画があったからに他ならない。 20世紀の代表的(私個人的には最高の!)英俳優オリヴィエ、何度も舞台で上演した計算された演技。この作品で、イギリス人にも関わらず、アメリカのアカデミー賞を獲得。彼は米国演劇人からのリスペクトも非常に高かった。 私が言うのも僭越ですが、この題材を、当時テクニカラー技術があったにも関わらず、あえて白黒で作り上げたオリヴィエの判断は、正解だったと思います。亡き父の亡霊の場面の寒々しさ、宮殿内の寂しげな雰囲気、絶壁や暗闇でのハムレットの独白など、とてもマッチしていて、色彩がない分、観る側の想像力を無限に掻き立てる。格調高き彫刻のよう。
80年代ロックを想う
私は、高校時代に同級生の多大な影響を受け、ハードロックが好きになりました。 当時は80~90年代でしたので、ブラックサバスやエアロスミスらの次の世代、グラムロック時代のポイズンやモトリークルーから90年代のガンズアンドローゼズ、そしてニルヴァーナのグランジ時代になってゆくときです。この80から90年代初頭はロックンロールの黄金時代でした。 現在、日本ではJ-Rockが盛んになり、先の時代のロックに劣らない躍動感のあるバンドも多く登場しています。頑張って欲しいですね。 良い音楽とは10年20年後に聴いても古さを感じさせないもの、と言います。 クラシック音楽しかり、ジャズしかり、80年代ロックもまた然りです。 (Slash、Personへ)

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!