機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜

2016年11月19日

%e6%a9%9f%e5%8b%95%e6%88%a6%e5%a3%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0-the-origin-iv-%e9%81%8b%e5%91%bd%e3%81%ae%e5%89%8d%e5%a4%9c_1

自分は、今やすっかり、毎回楽しみにしております。

5月の3作目公開時と同じく、また、初日舞台あいさつの回を観にゆきました。
またまた、池田秀一さんをはじめ、演者のみなさんにお目にかかれました。池田さん頑張れ~!やっぱり僕らにとってあこがれの世代です!

途中、フォトセッションもありました。写っているのは主題歌の森口博子さんと、総監督の安彦良和さんです。
%e6%a9%9f%e5%8b%95%e6%88%a6%e5%a3%ab%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0-the-origin-iv-%e9%81%8b%e5%91%bd%e3%81%ae%e5%89%8d%e5%a4%9c_2

次作は来年秋だそうで、約一年後ですねっ。

「運命の前夜」予告映像

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III_1
機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起
なんと幸運にも初日舞台挨拶の回。(自分は、MOVIXさいたまにて) ガンダム作品のレジェンドである池田秀一さん、三作目ですが、毎回、公開前日は緊張なさり、この日も朝4:00には起きていらっしゃったとか。親しみを感じますよね。やっぱり僕ら世代にとってあこがれの存在です! 一年戦争世代は、まだまだバリバリの現役ですよ! 2週間限定上映(5/21~6/3)なので、お早めに~。 「THE ORIGIN III
nanimono
何者
就活中の若者のお話でした。SNSの存在をうまく絡めつつ、でも描かれるのはやはり、若いかたの頑張る姿なんですよね~。 サスペンス要素もありつつ、青春映画でもある。 舞台畑の方が監督されています。立体的な奥行きを感じたのはそのせいかな。 みなさんのお芝居がと~っても、良かったです。 もう一度みたい、と思える映画でしたよ~。 「何者」予告映像
イ・ヨウォン(Lee Yo-won)
ドラマ「私の期限は49日」が、韓国で5月に無事最終回。 高校2年生のとき、芸能人キャスティング大会「ユマーエンタープライズ」で大賞を受賞し、芸能界へ。 最初に注目を集めたのは2001年、ドラマ「青い霧」と、初主演だった映画「子猫をお願い」。 2年後、22歳で結婚と同時に一時引退、「ファッション70’S」で復帰した。 素朴で優しげな雰囲気にして、抜群の存在感、豊かな表情。 出産し一児の母だが、出演作が次々ヒットして大忙しのようです。 写真は「外科医ポンダルヒ」より
ナガシマへ行くのだ
leccaのBestPositiveツアー、 6月3日の愛知公演も、外せないオーディションのため、 参加できない見通し・・。 レッカさんごめんなさーい。 そのかわり、7月30日のナガシマ記念ライブは、 なんとしても行きたいと思っておりまする。 いや、きっと行きます。
ハン・ヘジン(Han HyeJin)
韓国で「茨の鳥」が5月始めに無事終了。 デビュー作は韓日合作ドラマ「フレンズ」。 新人の頃から演技力で定評があり、悪役ぶりが評判。 演技の授業を高校時代から受けており、映画武術も学んでいたので、アクションもそつなくこなせる。趣味がヌンチャク! 明朗かつ頼もしい雰囲気が持ち味。 イノライフの記事によれば「長男の嫁のような」 「1%の奇跡」で注目され「あなたは星」「がんばれクムスン」で演技賞を獲得、大作「朱蒙」のヒロインに。 敬虔なクリスチャンとしても知られる。 ご本人いわく、時代劇の台詞が少し苦手とのこと。 時代劇の台詞まわしが難しいのは、どの国でも同じようですね。 参照記事http://contents.innolife.net/listt.php?ai_id=1909イノライフ 写真は「韓国StarNews」より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!