High Street

2017年4月30日


小さい蕾が花開くように、地を這う虫が羽をもつように、
こんな私が強く変わる・・
私たちは成長してく・・

昨年はベスト盤をお作りになったので、
新アルバムは約二年ぶりです。
淋しかった~。

最初の3曲、最後の3~4曲が素敵なのは、最近のleccaさんアルバムではすっかりおなじみ、
つかみと締めがしっかりしていて、聴いていて本当に気持ちがいいです。

その上で、このアルバムで好きなところが、4番目と5番目の静かな2曲です。
leccaちゃんの失恋曲といえば、僕はミニアルバム「マドのむこう」の宝石「なみだの日」の温かさがすぐ思い浮かぶのですが、この「残像」と「Looking for U」はひんやりとして静かな、大人の傷に染み入る。
そのあとに「believe」がかかるのも、とってもいい!
またまた、名盤誕生です。(^ ^)/

ちなみに、本作で僕の最も好きな曲は、2曲。
「忍」、と、「RUN THROUGH」
忍、バックで乱れ舞う三味線が素敵すぎます。私たちは忍び耐えることができる、そうですね!
RUN THROUGH、音遊びがとにかくいい!途中で聴こえる「Ah~Ah~」のエコーとか、気持ちいいー。
どちらも気持ちが上がります、僕の心が飛び跳ねます。
僭越ながら、今年の自分の武術の表演の音楽に使うつもりです!

聴いて元気になりましたよ!
5月の名古屋ZEPPライブに、なんとか行くつもりです。
leccaちゃん、がんばれ~。

lecca「woman」from ALBUM『High Street』









5月某日、某所。

そういえば、自分は一昨年もそうだった気がするのですが、
この日の前後、色々用事がありつつ、今年も、万難を排して参加しました。
そのため、具体的な日付と場所は伏せておきます。

行ってまいりました、leccaさんの公演。HighStreetツアー!

2曲目に、メドレーながら、URBANPIRATESを聴かせてくれました。僕にとって、leccaちゃんアルバムの中で、外せない一つです。

今日のお客さんは涙率が高い、とleccaさんはおっしゃってました。
すみません、自分もその一人です。
「残像」で泣いてしまいました。この曲、しみじみとしてて、それでいてさっぱりしてて、なんというか、胸を突くんです。気持ちよく泣ける曲。
「うご~けない~」。好きです。

また一つ、驚きがありましたね。
FORYOUでleccaちゃんが歌詞につまったとき・・、聞こえたオーディエンスのサポート(主に女子の皆さんでしたね)。
おお、聴こえる。みんなすごい!
僕も誇りに思いました。いいなと思いました。

あ、そういえば、自分が大好きな
RUNTHROUGHがなかった。残念~。LIVEむきではないのかな。
僕は大好きなんですよ~。

ラス2にマタイツカ、ラストにちからでした。はずせない、僕も大好きな二曲です。ありがとう~

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

lecca Clown Love2
lecca(レッカ)
現在、ライブツアー「People on the
よく聴く、よく効く音楽
私は、音の種類の多い、音に厚みのある、そして遊び心のある音楽が好きです。 最近もっぱらIPODにいれて聴くのがLeccaです。彼女はレゲエをベースにした音作りをするシンガーソングライターです。 半年前に退職したレンタル店に彼女のコーナーを作らせてもらったのですが、まだ残っているかな・・。 (Lecca、Personへ)
lecca_maemuki
さあ君の番だ!前向き
leccaの最新作、「前向き」到着。 龍馬さんじゃないけど、前のめりなくらいに、人生常に前向きでいい。 さあ、つまづいて転んで、前へ! ちなみに、本アルバムで自分のベストトラック、一推し曲は、「Your Turn」です!11月にこの曲で蟷螂拳を披露しようかなぁと。 まず、11月の名古屋公演、行くつもりでございまして。楽しみに致しております! 11月某日、名古屋市内某所。 ごめんなさい、事情がありまして、具体的な日付と場所は伏せておきます。 行ってまいりました、leccaさんの公演。前向きツアー! うん、この位置! 3曲目に紅空!いきなり全開。これはいい! RULEの途中にINFORMERを混ぜていたのを、聴き逃しませんでしたよ! 中盤からお召しになったドレスっぽいワンピース衣装、綺麗でした、似合っていましたよ! はっちゃけの盛り上がりには、僕ものけぞりました。うわー 常にポイントゲッターの「ちから」、この曲はやはりはずせない。 Yourturnを使ったアンコール、手拍子が自然発生、いいね。 嬉しいうれしい、マタイツカでの終演・・などなど、(まだまだ加筆するつもりです。) 実は自分は、今年の東京公演は予定が合わず、行けません。そのかわり、翌日11月21日に、高円寺の座・高円寺というところで、武術の発表舞台があり、そこで「Your Turn」にのせて蟷螂拳を披露します。それと槍術を「紅空」で・・。 次にお会いするのがまた1年先と思うと、とても寂しいです。 そんな、愛おしさを感じた、ライブでした。 公演後、実家に戻って、静かにゆったりと飲んだ酒が、 今思い出しても本当においしかったです。 レッカ、ありがとう!
80年代ロックを想う
私は、高校時代に同級生の多大な影響を受け、ハードロックが好きになりました。 当時は80~90年代でしたので、ブラックサバスやエアロスミスらの次の世代、グラムロック時代のポイズンやモトリークルーから90年代のガンズアンドローゼズ、そしてニルヴァーナのグランジ時代になってゆくときです。この80から90年代初頭はロックンロールの黄金時代でした。 現在、日本ではJ-Rockが盛んになり、先の時代のロックに劣らない躍動感のあるバンドも多く登場しています。頑張って欲しいですね。 良い音楽とは10年20年後に聴いても古さを感じさせないもの、と言います。 クラシック音楽しかり、ジャズしかり、80年代ロックもまた然りです。 (Slash、Personへ)
Slash
ブルースに根ざした感情豊かな旋律が かきむしるギブソンレスポールでうねる、 そしてギタリストに徹している格好良さ。 イギリスから移住してきた少年がギターを始めたのは15歳。 80年代から90年代にかけて、スティーヴ・ヴァイや、イングウェイ・マルムスティーンのような超絶技巧派が脚光を浴び、 またメタリカやメガデスに代表されるスラッシュメタルのような高度な楽曲構成のバンドが登場している中、 ブルースに根ざした情感溢れる演奏スタイルは、全く霞むことなくロックシーンで支持を集める。 クールなんだけど人柄は穏やか。多くの音楽家たちと交流を持ってくれるのも嬉しいかぎり! おすすめ動画Youtube「Guns N’ Roses

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!