韓国ドラマ時代劇について「朱蒙」「薯童謡」

2011年5月8日

2011年5月現在、BS11で月~金13:00から放送中の
「朱蒙」
莫大な制作費を投入し作られ、韓国では2006年に放送された歴史ドラマです。

どちらかというとそれまで(チャングムあたりまで)は
王室は絶対な存在で、その内幕を描いたものが多かった、気がするのですが、
この朱蒙は外に向かってゆく躍動感があり、民衆目線もふんだんにあり、斬新で、韓国時代劇の流れを変える画期的な作品に感じます。

前年の「薯童謡」も、敵国どうしの男女の恋を描き、王が民(たみ)目線から国を作り上げてゆくという脚本は画期的と言われます。(薯童謡についてはReviewにて改めて詳しく)

この2作はそういう意味でも傑作だと思います。

今後、気になる韓国ドラマをReviewのところにて。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

朱蒙(チュモン)
内幕を描くものが多かった韓国時代劇にあって、この朱蒙は 外に向かってゆく躍動感があり、民衆目線もふんだんにあり、 斬新で、韓国時代劇の流れを変える画期的な作品 朱蒙とソソノの、切ない恋とも信頼とも呼べる関係が素敵 敵対する勢力にとらわれ、絶体絶命のソソノ。ここから序盤最高の見せ場へ・・。 これは第32話のことです。この回をご覧になると、ハン・ヘジンの瞬発的な演技力に気付くと思います、なんて言うか凄く、深い。この回から数話の間が大きなターニングポイントで、同時にこの物語のチュモンとソソノの関係性が集約されています。 このドラマの俳優さん素晴らしい方が多いのですが、その中から3人の方をpickup!ソン・イルグクさんは「神と呼ばれた男」が放送される頃に扱うとしてそれ以外の方に焦点を・・ テソを演じたキム・スンス、好青年役が似合う方なのに、ここまで嫌われ役に徹するとは。つらかっただろうなぁ。あっぱれです。 ソソノ役のハン・ヘジン。上記のキム・スンスとは「あなたは星」(2004)で相思相愛の役どころでしたね。 そしてチョン・グァンリョル。素晴らしい俳優さん。この微妙で複雑なクムワ王を、説得力ある人物に。 (キム・スンス、ハン・ヘジン、チョン・グァンリョルはPersonにて)
薯童謡(ソドンヨ)
新羅と百済、敵対する国の相手と恋に落ちて ドラマティックな逃避行の始まり・・ 古代のお話でありながら、自分の意志で決断し 行動するソンファ姫はとても現代的。 1999年の「ホジュン」を皮切りに 「商道」、 「大長今(チャングムの誓い)」とMBCのドラマで素晴らしい演出を手がけてきたヒットメーカーイ・ビョンフンは、2005年にSBSで、百済時代の科学技術を巧みに織り込み、異国新羅の姫と百済の王とのラブロマンスを軸にした壮大なストーリーを描いた。 現在でも安定した活躍をする多数のスター俳優たちが、イ・ビョンフン演出に応えています。チョ・ヒョンジェ(最近兵役から復帰して新作ドラマ「49日」出演)、リュ・ジン(京城スキャンダル、千万回愛してますなど)、ク・ヘソン(王と私、19歳の純情など)。 とりわけ推したいのは、このドラマの核になっていたソンファ姫とモンナス博士です。イ・ボヨンは既に取上げました。イ・チャンフン演ずる博士は、最初から最後までこの物語を引っ張ってくれています。ベテランらしい気配りで、現場でも尊敬を集めていたそうです。 とある記事によれば ~既存の史劇は王の存在を、権力争い、勝利過程で見せてきた。
青い霧
突然訪れた愛を通して、二人は本当の自分を 見つめなおす。周囲には歓迎されずも、真直ぐ な愛。善徳女王イ・ヨウォンの出世作であり、 共演陣の名演が支える、人の奥底に迫る名作。 この作品、静かな名作なので、少し地味に感じられるかもしれません。でも、私はとても印象に残った作品だったので、Reviewしました。 家庭を持つ年配の男性が、20代の女性と恋に落ちてゆく、いわゆる不倫を描いたドラマです。なので、家族でアットホームに観るものではないかも。レンタル店で勤めていた頃、常連のお客様に勧めたのですが、「家内と一緒に観るのが気まずい」とおっしゃっていました。なるほど・・・言われてみれば。 しかし一つ一つの描写は、えげつないものはなく、とても上品です。むしろ、心理描写が多く、深い。もしこんな状況になったらあなたならどうする?そんな問いかけが聞こえてきそうなほど、質が高い作品。 イ・ヨウォンは2001年に、映画「子猫をお願い」とドラマ「青い霧」で大いに注目され、いわゆる出世作になりました。2年後に結婚を発表し、2005年の「ファッション 70s」まで休養する事になります。 この当時の輝きは、なるほど、と思えるほどの自然な魅力を発揮しています。 そして、しっかりと物語を支えているのが、中心である夫婦に扮するイ・ギョンヨンとキム・ミスク。 イ・ギョンヨンは素晴らしい俳優であるにも関わらず、ある不祥事(あえてここでは書きませんが)の影響が尾を引き、第一線に復帰できないでいる方です。「ホジュン」のファン・スジョンさんもそうですが、韓国では一度マイナスイメージがつくと、復帰が非常に厳しくなるようです。すでに法的につぐないは果たしたはずなのに、非常にもったいないほどの名優です。 そしてキム・ミスクは「華麗なる遺産」でSBSの演技賞に輝いたのも記憶に新しい、名女優ですね。
「ラストダンスは私と一緒に」(韓国ドラマ)
こんにちは。あるいはこんばんは、なのでしょうか? 現在「ラストダンスは私と一緒に」(韓国ドラマ)をDVDで視聴しています。 2005年、もう5年以上前の作品なのですけどね。 私、実家の家族の強い影響を受け、韓国ドラマにかなり詳しくなりました。 そして、レンタルショップ某店でアジアコーナーを担当していたのです。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。 このドラマ(ラストダンス~)でユジンさんが気になり、 色々調べてみました。 コーナーで展開する感じの頭ポップ(青箱ポップのことです) を作ってみたりして。 S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。 現在はすっかり女優さんとして定着されています。 最新作は「製パン王キム・タック」。 昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに 高い視聴率を記録したドラマです。 清純派のイメージを払拭し 悪女の役どころとか。 2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが 息の長い活躍をする方は、 こういう挑戦の時期があるようです。 今後もますます 活躍してほしいですね! (私が独断と気分で選んだ作品や俳優さんについての特集、 今後ReviewやPersonタブが出来次第そちらにてご紹介・・・) 参照させて頂いたリンク(イノライフが多いです) イノライフhttp://contents.innolife.net/lista.php?ac_id=10&ai_id=3328 前職妖精http://contents.innolife.net/listi.php?ac_id=14&ai_id=10920 コリアンスタイルhttp://koreaft.exblog.jp/970549/ デビュー以後最もたくさん泣いたhttp://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=120262 セクシーウーマンhttp://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118674 パン作りが上手http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118575 キャラクターの力http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118448 悲しみの対面http://www.wowkorea.jp/news/RelationNews.asp?nArticleID=72133 ベネフィット専属モデルhttp://news.goo.ne.jp/article/wowkorea/entertainment/wowkorea-20091116wow004.html S.E.S.のwikihttp://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.S. ユジンのwiki(英語)http://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.S. 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html
王と妃
まさに権力闘争に明け暮れる王室の内幕を 描くドラマ。捏造、冤罪、そして拷問による 自白がまかりとおってしまうって、どうなの? しかしながら淡々と語られてゆく手法、そして 俳優さんの演技は文句なく素晴らしい。 「薯童謡」「朱蒙」などとは対照的に、民衆心理の描写などほとんどない。捏造、冤罪、そして拷問による自白、これらが正当化されてしまう展開。これらがもし事実(歴史書からの引用が良く出てきます)だとしても、私は見ていてあまり良い気分にはなりませんでした。 現在の韓国歴史劇はこういう力押し、勝てば官軍的傾向は少ない。やはり、悪事を働いた者には相応の結末が用意されるべきだと思う。 製作は1998~2000年で、この時期の韓国の製作側の姿勢というか作り方の風潮がうかがえます。良い悪いと言うよりは、そういう時代だったのだなと思います。 ただ、Reviewにあげるからには、好きだ、と思えたところがたくさんあるわけで。落ち着いた雰囲気で淡々と綴られてゆく手法は、魅力があります。それから俳優さんの演技は本当に素晴らしいので、是非注目下さい!序盤はイム・ドンジン、チョン・テウに引き込まれ、後半の主役はチェ・シラさん。 (イム・ドンジン、チェ・シラはPersonへ) このドラマの後半部分を描いているのが「王と私」。題名も似ていますね。

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!