チョン・グァンリョル(Jeon Kwang-ryul)

2011年5月22日

場面に確かな芯を通す
誠実かつ知的なベテラン 


名前
チョン・グァンリョル (Jeon Kwang-ryul)
おすすめ作
ホジュン BOX [DVD]
王と私第1章前編 DVD-BOX
太陽をのみ込め DVD-BOX I
Works
■ドラマ
サイン (2011 SBS)
製パン王キム・タック (2010 KBS)
太陽をのみ込め (2009 SBS)
総合病院2 (2008 MBC)
王と私 (2007 SBS)
朱蒙 (2006~2007 MBC)
愛賛歌 (2005 MBC)
愛・共感 (2005 SBS)
英雄時代 (2004 SBS)
張禧嬪 (2003 KBS)
イヴのすべて (2000 MBC)
俺たち三人組 (2000 MBC)
ホジュン 宮廷医官への道 (1999 MBC)
など・・・
■映画
2424 キム・レウォンの引越し大作戦 (2002) 
ベサメムーチョ (2001)
私にも妻がいたらいいのに (2001)
最新作はドラマ「サイン」で、
韓国で3月に終わったばかりです。

「張禧嬪」や「朱蒙」など、やり方によっては目立たず
忘れられてしまう微妙な役どころであるのに、大変魅力的であり、
ともすると主役がかすんでしまうほどの存在感と説得力を放つ。

それぞれの場面に確かな芯を通す素晴らしい俳優。

これでも「ホジュン」で主役に抜擢されるまでは、苦労していた遅咲き。
奥様はスタイリストのパク・スジンさんで、「太陽を飲み込め」で着ていた見事なスーツは彼女の作品。

「製パン王キム・タック」(2010)にも出演していて、白血病の子供を撮影現場に招待した、
なんていうエピソードもあります。

参照記事
撮影現場に招待
写真
こちらの方のブログより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ユジン(Eu Gene)
ご結婚が決まり、7月に挙式だそうです。 おめでとうございます! 韓国のSPEEDなんて言われた女性3人のアイドルユニットS.E.S.。 男性中心であった当時の芸能界で、現在のK-POPブームの礎を築いた。1997年デビュー当時16歳で、妖精のごとく。 「Loving You」から女優業を中心に活躍中。 「デビュー以後、最もたくさん泣いた」という「製パン王キム・タック」では、今までのイメージを覆す悪い女ユギョン役で出演。 彼女の美容哲学は、「全ての女性は美しく、美しさは健康と堂々としたものから現れる」。 参照記事http://travel.innolife.net/innoreport/list.php?ac_id=12&ai_id=8557美は、健康と雄雄しさから 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html韓国女優注目トピックより
チ・ソン(Ji Sung)
8月より韓国で「ボスを守れ」が放送開始予定。 中学までは野球の選手として活躍。 教育者の父親のもと大学は哲学科に進む。 しかし俳優への道が捨てきれない彼は、ドラマ「カイスト」の製作部にプロフィールを送る。 親からの支援もなくなり、様々な仕事をしつつ。チャンスを待った彼に 2001年、「華麗なる時代」での主役の話が。 「オールイン」「ラストダンスは私と一緒に」など評価が高い。 一時入隊し、「ニューハート」で完全復帰した、美しい好青年。 参考記事 自宅火災で火傷http://www.wowkorea.jp/news/RelationNews.asp?nArticleid=82193 写真はhttp://mydream0227.blog17.fc2.com/ファンの方のブログより
キム・スンス(Kim SeungSoo)
私の母の一押し俳優キム・スンス 優しげな紳士役と鬼気迫る悪役 善悪どちらもOKの優しげな貴公子は幅広い演技力を持つ体育学を専攻したスポーツマン。デビュー時から優しい紳士的な男性役が似合う俳優で、2003年のドラマ「百万本のバラ」で、自由気ままな青年を演じ、 KBSの優秀演技賞を受賞している。 そして大作ドラマ「朱蒙」で自身初の悪役に挑み、高い評価を得た。 2009年2月初来日。 どんな厳しい悪を演じても誠実な一面を垣間見せるのはさすが。 韓国では「今日のごとくあれ」が11月より開始。キム・ガプスと共演。 歴史劇「広開土大王」が5月より放送中。イ・テゴンと共演。 写真はhttp://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/CU/content/cms_view_769373.jspより
ラストダンスは私と一緒に
記憶を失うという空白期間が作り出したすれ違い。 はかないラブストーリーとともに、 優しく素敵なテーマ曲が耳に残ります。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。 このドラマでユジンさんが気になり、色々調べてみました。 S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。 現在はすっかり女優さんとして定着されています。 最新作は「製パン王キム・タック」。 昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに高い視聴率を記録したドラマです。 清純派のイメージを払拭し悪女の役どころとか。 2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが 息の長い活躍をする方は、こういう挑戦の時期があるようです。 今後もますます活躍してほしいですね! (ユジン、イ・ボヨン、チソン、コ・ヒョンジョンはPersonにて)
キム・ナムジュ(Kim NamJu)
1992年のビューティーコンテストから1994年SBS公採タレント入社。 韓国ではファッションアイコンとして都会的な装い、ヘアースタイルで流行を牽引した。 ドラマ「モデル」はベトナムでも人気を博し、ベトナム女性たちが一番似てみたい女優に選ばれたこともある。2005年4月、俳優キム・スンウと結婚。二人のお子様がいらっしゃいます。 2008年に復帰、いまや確かな実力持つ中堅女優の代表格。2010年、「逆転の女王」でMBC演技大賞(最高俳優)に輝いた。 おすすめ記事イ・ボヨン、チェ・ジウ、キム・ナムジュ、「若いおばさん」バトル! 写真はhttp://blogs.yahoo.co.jp/omakaseseoul/14495828.htmlおまかせソウルより

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!