2015年10月21日は

2015年10月24日

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」で、マーティとドクが訪れた未来の日、です。

古着という不用品を燃料にして走る、デロリアンに感銘を受け、
30年来実現を夢見ていた、という東京都千代田区の東京環境設計の岩元美智彦社長さん。
多くの人と共有できてうれしい、とのこと。

こういう夢の温め方、素敵だと思いました!

参照サイト
http://www.sankeibiz.jp/business/news/151012/bsc1510120500001-n1.htm
http://www.sankei.com/economy/news/150908/prl1509080045-n1.html

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

「ラストダンスは私と一緒に」(韓国ドラマ)
こんにちは。あるいはこんばんは、なのでしょうか? 現在「ラストダンスは私と一緒に」(韓国ドラマ)をDVDで視聴しています。 2005年、もう5年以上前の作品なのですけどね。 私、実家の家族の強い影響を受け、韓国ドラマにかなり詳しくなりました。 そして、レンタルショップ某店でアジアコーナーを担当していたのです。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。 このドラマ(ラストダンス~)でユジンさんが気になり、 色々調べてみました。 コーナーで展開する感じの頭ポップ(青箱ポップのことです) を作ってみたりして。 S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。 現在はすっかり女優さんとして定着されています。 最新作は「製パン王キム・タック」。 昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに 高い視聴率を記録したドラマです。 清純派のイメージを払拭し 悪女の役どころとか。 2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが 息の長い活躍をする方は、 こういう挑戦の時期があるようです。 今後もますます 活躍してほしいですね! (私が独断と気分で選んだ作品や俳優さんについての特集、 今後ReviewやPersonタブが出来次第そちらにてご紹介・・・) 参照させて頂いたリンク(イノライフが多いです) イノライフhttp://contents.innolife.net/lista.php?ac_id=10&ai_id=3328 前職妖精http://contents.innolife.net/listi.php?ac_id=14&ai_id=10920 コリアンスタイルhttp://koreaft.exblog.jp/970549/ デビュー以後最もたくさん泣いたhttp://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=120262 セクシーウーマンhttp://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118674 パン作りが上手http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118575 キャラクターの力http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118448 悲しみの対面http://www.wowkorea.jp/news/RelationNews.asp?nArticleID=72133 ベネフィット専属モデルhttp://news.goo.ne.jp/article/wowkorea/entertainment/wowkorea-20091116wow004.html S.E.S.のwikihttp://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.S. ユジンのwiki(英語)http://ja.wikipedia.org/wiki/S.E.S. 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html
CreedⅡ炎の宿敵
ネタばれしないよう申したいのですが、 僕は、最終盤、お母さんが帰ったことにドラゴ父子共々気づいて、それでもヴィクターが立ち上がる場面 (ネタばれギリギリ、すみません)、 そしてそのあとの結末(ここは言いません)、この流れが物凄くツボでした。こういう終わり方とは・・。 僕は十分納得です。30年を経た物語、とても良かった!
私も魔法が使えたら、3D彼女
「ヒロイン失格」や「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います! 後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、素晴らしい。 美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、 身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。 中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~! ・Youtube 「3D彼女」予告映像
繕い裁つ人
着る人に寄り添う服を。繕い裁つ人
「繕い裁つ人」 着る人の気持ちに寄り添う服を作る、 一生き続けられる服を作る、夢見る服を。 繕う中で、その人の成長も老いも含めて、体の変化を感じ取りながら。 こういった職人魂、世界共通でいらっしゃいますが、特に日本の匠のみなさんってそうだよな、と思いました。 頑固じじいのよう、と評される、中谷さん扮する市江さん。 貴婦人のように、品があり、優雅ながら、繕い以外ではドジで、お茶っぱをひっくり返したりする。 チーズケーキにかぶりつき幸せそうに頬張る中谷さんを見て、何だか和みました~。 写真は、本作を観た、名古屋で通好みの映画館のひとつ、伏見ミリオン座です。朝一回目は、上映前にコーヒーが無料で飲めるのです、うれしい! 「繕い裁つ人」予告映像、シネマトゥデイより
党派を超えて
党派を超えた、素敵な連携です! 文春に負けるな青山さん!日本のこころ東京都選挙区鈴木まりこ氏からのエール

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!