前田建設ファンタジー営業部

2020年2月20日


マジンガーZの格納庫を作る!
最初は乗り気でないスタッフたちが、少しずつその気になってゆく姿は、
もう、なんというか、爽快です。
そこに不自然さは感じられず、しっかりと建築現場の知識や情報を散りばめていて、
これは良く調べているな、と思えます。
僕の父親は積算の現場で働いていた人なので、一層そう感じられてうれしかったです。
本当に、よく研究している!

長い長いデフレにあえぎ続け、ようやく不況を脱しかけているにもかかわらず、
消費増税もあったりして、未だに委縮したマインドから抜け出しきれない
日本経済に一石を投じる内容と、僕は思いました。

英勉監督、
僕は「ヒロイン失格「」や「3D彼女」以来ずっとファンなのですが、
僕は今まで「えいべん」さん、そして「ひでつとむ」さんと読むのかなと思っていたのですが、
「はなぶさつとむ」さんと読むと最近初めて知りました。申し訳ない。
やっぱりこの人の作品は面白い!
ひとつ前の「賭ケグルイ」もとても面白かったし。
「鳥ガール」「あさひなぐ」・・。
とにかく人物、それを演じる俳優さん達、皆さんが活き活きしていて。


鶴見慎吾さん、「日日是好日」でも素敵だった
僕の好きなベテラン俳優さんですが、
彼の言った「日本を守るためですよ!」の台詞とか
濱田マリさんの演じぶりとか、
掘削オタクさんの真っ直ぐさとか、
いやもう、明日も頑張ろう!、と思わずにはいられない、素晴らしい作品。
僕はマジンガーZを知らない世代なんですけど、
こんな映画を作ってくれて、ありがとう!と言いたいです。
本当、観て良かったです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

私も魔法が使えたら、3D彼女
「ヒロイン失格」や「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います! 後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、素晴らしい。 美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、 身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。 中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~! ・Youtube 「3D彼女」予告映像
いじめと活劇が見事に共存、ミスミソウ
痛い内容でしたが、結構心に残る作品でした! 中心が女子たちであるのも、大きいと思います。とにかく美しい。 舞台が雪深い土地のため、その美しさをさらに引き立てています。 Youtube 「ミスミソウ」予告映像
リベンジgirl
「ヒロイン失格」以降、僕は桐谷美玲さんを尊敬しているので、今後も頑張ってほしいです。 舞台挨拶もあったので、桐谷美玲さんご本人を見られました。 目の大きな、お人形さんのような素敵さ。 来年の目標は「トライ」(挑戦)だとか。具体的には、ヨガを挙げていらっしゃいました。 頑張ってください、今後も応援します! 映画そのものは・・、中途半端すぎます。 これは演じ手さんの問題ではないです。出演者は頑張っています。 あの結末はないでしょう。 Youtube 「リベンジgirl」予告映像
DQ_ユアストーリー
 自分が二十歳前後の頃、今から20年以上前なのですが(!)、 慣れ親しんだ「ドラゴンクエストⅤ」を描いた作品で、 ものすごく懐かしかったです。 また内容も良かったです。アニメ技術は勿論のこと、筋書きも、しっかり描くところは描き、大きな時間軸の部分は流れるように美しい、絵画のつなぎ方をしています。  特に、作品の鍵になる二人の女性、ビアンカとフローラがしっかり描かれていて、 ゲームでも実に悩ましかった「伴侶選び」の様子を丁寧に綴っています。 表情の描き方が実に繊細で可愛くて、 これぞ現代アニメ!と思わせる見事さです。
3D彼女、再放送☆
 9月30日と、本日10月8日に、「3D彼女」がWOWOWで再放送されました。 久々に観ましたけれど、やっぱり良い作品です。 何度も観ているのですけど、いつもダレることなく一気に観終えられます。 英監督の映画は、観ている者をぐぐっと引き込む力がありますね。 テンポが良くて、そして内容も良くて。 改めて気付いたことをいくつか。 音の使い方が上手だなあと思いました。 バックハグ、カベドン、アゴクイ、の3連続場面とか、 いろはちゃんがつっつんの部屋に侵入する直前の 湯飲みをマトリクスの如くかわすシーンとか 何気ない声や音が計算されて入れられているのが判ります。 そして撮影大変だったろうな、と毎回思う場面がいくつかあります。 いろはちゃんからちゅーされて階段を後ろ向きに転げ落ちる場面、 清水尋也くんに拳をもらい机ごしにこれまた後ろ向きに一回転する場面、 この二つ、見ていても結構危険なスタントで、撮る側も細心の注意を払ったと思います。 おそらく佐野勇斗くん本人ではないと思いますが、本人だったら凄い。 でも危険だから事務所がやらせないでしょうね。 あと、最後の場面でハロウィンダンスを踊る群衆の中で、 いろはとつっつんのやり取りがあるのですが、この数分間、周りはストップモーション! 静止画を使っていません。これ、ダンサーの皆さんきつかったんじゃないかな。 でも皆さんの頑張りで最高の盛り上がりのフィナーレとなっています。 あやみちゃんに関して、 来月11月13日に、いよいよ水上のフライトが公開されますね。 当初は6月予定で、オリンピック直前の公開を狙っていたわけですけど、 五輪は来年になり、この映画も延期になっていて、ようやくですね。 来年の五輪への期待も膨らませつつ、楽しみです!

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!