私も魔法が使えたら、3D彼女

2018年9月21日


「ヒロイン失格」「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います!
個性も違う男女6人がメインになってきて、3組という単純な構図にもならず、
それでいて皆さん活き活きしています。

自分は原作を読んでいないので、知識不足ご容赦願いたいのですが、
少し軽めな前半で笑わせつつ、しっかり複線を張り、
後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、
という印象です。素晴らしい。

とにかく、全体の作りに誠実さを感じます。
これも「ヒロイン失格」「トリガール!」と共通の印象です。

美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、
身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。
そういえば、山田孝之くんと中谷美紀さんの「電車男」を思い出しますね。

ヒロイン失格に続き、竹内力さんがまたアンダーテイカーになってた。(^^)

最後に、
客層は、見事に男女半々。
そして例によって、帰り際に耳に入ってきたあるお客さん達の会話です。
「やばい、結構面白かった」
意表を突かれた、というご様子でした。
自分も実は、「現実感のない話」で終わらないかと、観終えるまで不安だったのですが・・・
僕も、「やばい、結構面白かった」です。
観て良かった~!(^ ^)♭

中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~!

Youtube 「3D彼女」予告映像
Youtube 西野カナ 『Bedtime Story』MV(Short Ver.)
Youtube 「3D彼女」本編映像一部

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

舞台と絵画芸術の融合、猫は抱くもの
重みもあり、芸術性もあり、良かったです! 舞台芸術と絵画芸術が見事に融合。 沢尻さんは、つらい役どころを立派に演じていらっしゃいます。
勝手に震えてろ
アンモナイト教えてよ、勝手にふるえてろ
良い映画でした。 松岡茉優さん見事な初主演、立派です。 渾身の演技、心に響きました! Youtube 「勝手に震えてろ」予告映像
ヒロイン失格
これぞまさに女子!、ヒロイン失格
「ヒロイン失格」を観てまいりました。 これぞまさに女子!の世界ですけど、いやー面白かったです。桐谷さんの、お人形さんのような美人イメージも、良い意味で見事に壊れました。この人はきっと良い女優さんになります。 客層は、9割が女子、そのうち半分くらいがティーン(10代)でした。 ・Youtube 「ヒロイン失格」予告映像
ビリギャル
舞台は名古屋、ビリギャル
もっとコミカルなもの、もっと言うと、ただ流行りに乗っかった作品、かと思っていましたけど、違う。驚きました。一つの目標に向かう人なら、だれでも覚えがあるつらさ、苦しさ、ぶち当たる壁。そして周りで支える人たち、家族。 おまけに、なんと舞台は名古屋~!今現代の名古屋の情景や、名古屋弁が! 8割くらい女性客で、年配の方と若い方と半々でした。 上映中、まわりで、ご婦人皆さんの爆笑する声が。 これぞ劇場で見る醍醐味。みんなで見る楽しさ! とにかく色々な意味で、映画を観る目が変わりました。 写真はTOHOシネマズ新宿の遠景。屋上に見えるゴジラが守り神。 ・Youtube 映画「ビリギャル」予告
女子みなさんのパワーで、少女邂逅
蚕(かいこ)の繭(まゆ)がキーポイントの映像世界ですね。 ちなみに、新聞(産経です)の紹介記事で、星五つ(最高評価)がついていました。 こういう評価は観る人によって違ってくると思いますが、 実際に観てみて・・、 なるほど、奥深い芸術性のあると申しますか、 女子の世界の厳しさも垣間見えるというか、 女子みなさんのパワーを感じる、 納得です。 ・「少女邂逅」予告映像

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!