アラレちゃん特集になりました

2018年3月18日

ほよよ。

本日のまったり日曜日、
MCうみかさんのご配慮もあり、
途中から、DR.スランプアラレちゃん特集になりました。

僕が子どもの頃、生涯最初に自分のお金で買った本、これがコミックの、
Drスランプ、でした。第六巻でした。青い恐竜が表紙のもの。



今日、自分が前もって調べておいた、鳥山さんの特徴です。
・描きこみがすごい
・絵に丸みがある
・プラモデル大好き、プロ級の腕前でタミヤの大会に良く出場なさる
・プラモデルのように、絵が立体的でどの角度から見られても大丈夫
・恋愛描写は苦手
・交流の人に桂正和さん、恋愛描写の得意な人
・アメコミ要素が感じられる
・メカ大好き
・スターウォーズ、ウルトラマン、ゴジラやガメラ好き
・名古屋出身
・メディア露出がお嫌い
・55年生まれの62歳
・アラレちゃんはアニメ化のパイオニア



子どものころに見慣れていましたが、
今でもやっぱりすごい。

自分は、例えば音楽も、音の数が多く重なっているものが大好きなのですが、
(高校時代からヘビーメタルが好きだったり、レゲエのleccaが好きになったり、最近ではBabymetalが好きになったり。)
絵についても、それが言えそうだ、と感じました。

鳥山さんの描絵、
重厚な書き込みが心地よい、安心感をくださいます。
表紙の絵だけを見ていても、そばに置いて眺める、あるいはちらちら見るだけでも、
とても癒される、
緻密な書き込み、多彩で豊かな色使い、やさしい丸みのある構造。
これが絵画の凄さか、と思うのです。まさに絵ぢから(力)。

子どものころと変わらず、今も好きだ、と胸を張って言える。そう思いました。

そうそう、番組の中で、
僕の初恋の女性は、アラレちゃん、ということになってしまいました・・・。(^o^)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

Tokaisummitfinal_1
ナガシマへ行きました
leccaさん目当てで、行ってきました、TOKAISUMMIT。 10周年という節目だそうで、 同時に、とりあえず、今年が最後の開催となるそうです。 こういったフェス形式のイベントは、青空のしたで開放感があり心地よい反面、晴れれば炎天下、雨が降れば濡れる、というわけで、お客さん側にとっても印象深いお祭りになります。 またきっとやってくださーい。 leccaさんのステージ、 暑い中、頑張ってらっしゃるな、と思い、満足致しました~ ご本人のツアーに今年は行けなかったため、久しぶりにお会いでき、良かったです!
High Street
小さい蕾が花開くように、地を這う虫が羽をもつように、強く変わる・・ 聴いて元気になりましたよ! leccaちゃん、がんばれ~。
向かい風で飛べ!
さあ、飛んで来い。飛べ。 風の声に力をもらい、音のない世界に飛び立つ。 憧れの存在理子ちゃんに誘われ さつきは未知の世界へ踏み出す 「しゃりしゃり、ざぁー、ごうっ」 小学生ジャンパー理子が飛ぶ凛々しい様子を、同級生さつきが近くで初めて体感した時の、描写です。 音が、耳に、聴こえてくる。音にけっこう敏感な僕は、瞬時に引き込まれました。 著者、乾ルカさんの描写は、音や動きに満ちていて、そしてどことなく愛らしくて、魅了されます! 本作は、2014年に読んだ現代小説で、内容も直球で、なかなか面白く、表現も豊かで、またちょうどソチ五輪の時期にぴったりで、また自分にとって為になった一作でした。こういう苦しみがあるのか、と。 苦しみとはずばり体形変化なのですが、詳しいことは、皆さまご自身がお読みになってからということにいたしまして、印象に残った表現を取り上げます。 ジャンプ、ワンピース、と聞いて、コミックをエコバッグに詰めこんで出かける語り手のヒロイン、さつきちゃん。この勘違いがまた、なんとも身近で、とても微笑ましくて、でも本人はおそらく大真面目で、僕は笑いつつ、心がなごみました。 私自身、微妙な年代に位置するものですが、すみません、ワンピースのことはあまり詳しくなく、素直にスキーのジャンプと、女性の服装を思い出してしまいました。スラムダンクあたりからもう分からないのです。北斗の拳くらいまでですね。ドラゴンボールでさえ途中くらいまでで。 この本の題名「向かい風で飛べ!」には、ジャンプ競技そのもののことだけでなく、別の意味も隠されています。逆境に負けるな、風当たりが強く感じても、そこで羽ばたいてみて!きっとできるよ!というメッセージ。 前半はさつきちゃんの視点から見る理子。 前半を読んでいると、さつきちゃんと理子ちゃん、どちらが主役なのだろう、と考えながら読んでいました。 ところが後半は理子ちゃんからみるさつきの姿と自分自身、という語り口に変化します。 爽快だった展開が驚くほど変わり、視界が、世界が、さーっっと広がります。 完全無欠に思えた理子ちゃんが、大きく変化を見せる。真の主人公は彼女ですね。 とてもとても、何だか切ないけど、女子の誰しもに起きること。 体に異変が起きた理子さんが抱える不安、感じること。 男女を問わずこういう時期があり、でも、男子の場合、声変りを始めとする、男になってゆく漠然とした不安があっても、間違いなく筋力などは飛躍的に伸びてゆくわけです。 では、女性はどうなのか。 この急速展開、実に見事です!
ミャンマーのお話
今日は、仕事先が、 ミャンマーから働きに来ている若者が多い職場でした。 そのうちのお一人から、いろんなお話をききました…。 日本と比べると、ミャンマーでは、一年中暑く感じる。 日本は四季があるが、ミャンマーの季節のサイクルは…(つづきはこちらへ)
人でなしの地にも良心が、忍びの国
公開からだいぶ経ったけど、まだまだ上映中。結構当たってます。 忍びの技を、魔法でなく物理的色々な仕掛けありき、で描いてて共感できました。 さとみちゃんも可愛かったし、演者は皆さん良かったのですが、 自分が最も印象に残ったのは、鈴木亮平くんです。 この方、最近では銭形警部や宮沢賢治を演じたり、と活躍目覚ましい。英検も1級持ってる人。 ・「忍びの国」予告映像

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!