ミャンマーのお話

2018年4月24日

今日は、仕事先が、
ミャンマーから働きに来ている若者が多い職場でした。
そのうちのお一人から、いろんなお話をききました・・・。

日本と比べると、ミャンマーでは、一年中暑く感じる。
日本は四季があるが、ミャンマーの季節のサイクルは、
秋、春、雨(!)
それぞれ、10月から1月(秋)、2月から5月(春)、6月から9月(雨)、だそうです。
秋が涼しいといえばそうだが、朝のうちだけで、9時ごろになれば暑くなってくる。
雨の季節は週5~6日ペースで雨。晴れが週一日か二日ってことですね。

雪は地域によって降るところもある、桜が咲くところもある。
ちなみに首都ヤンゴンは暑いところ。

子どもは雨が大好き、雨中でみんな喜んでサッカーをやる。
スポーツ人気は、一番は選手が円になってボールを色々な蹴り方をするもの(後でチンロンという名前とわかりました)
2番がサッカー、三番がボクシングだそうです。

4月17日がお正月。

日本で好きな料理はラーメン、だそうです。
ミャンマーのラーメンはココナッツ入りで少し甘いそうで、
日本のラーメンはかなり違う印象とか。

むむむ、勉強になりました!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ラストダンスは私と一緒に
記憶を失うという空白期間が作り出したすれ違い。 はかないラブストーリーとともに、 優しく素敵なテーマ曲が耳に残ります。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。 このドラマでユジンさんが気になり、色々調べてみました。 S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。 現在はすっかり女優さんとして定着されています。 最新作は「製パン王キム・タック」。 昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに高い視聴率を記録したドラマです。 清純派のイメージを払拭し悪女の役どころとか。 2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが 息の長い活躍をする方は、こういう挑戦の時期があるようです。 今後もますます活躍してほしいですね! (ユジン、イ・ボヨン、チソン、コ・ヒョンジョンはPersonにて)
PARKS
音楽にあふれてて、映像の紡ぎ方も感じが良くて、 良かったです。 100年の歴史ある井の頭公園の、過去と現在行ったり来たり。 橋本愛さんのナレーションはお上手で、声もしっかり通ります。 映像の邪魔にならない、さらっとした感じが良いです。 2年ほど前の映画「リトルフォレスト」でもそうでした。 今、絶賛売出し中の永野芽依さんも大活躍、 曲者俳優の染谷将太さんはラップお上手~ 「PARKS」予告映像
ちはやふる 上の句
もはや武士の斬りあいの如し、ちはやふる 上の句
なんと雅(みやび)なたしなみ・・、 ではなくて、突き指もしょっちゅうですって。 畳をはたくしぐさは、もはや雅というより、武士の斬りあいそのもの。 若手俳優の皆さん、男子も女子も、とてもはじけてます。 スピード感がすごくて、映像も綺麗。 呉服がこれまた美しい。 おもしろかったです。こういうスポ根はいいね。 二部作だそうで、ひと月後に下の句が公開とか!。 ・Youtube ちはやふるMV「FLASH」(Perfume) ・Youtube 「ちはやふる
アイアムアヒーロー
本当に「ヒーロー」になれるか?、アイアムアヒーロー
恐怖やむごさをことさら強調するホラー映画は、僕はあまり得意ではありませんが、こういう映画なら全然大丈夫。 慈悲も容赦もない敵の群れに立ち向かう点では、僕も好きな「ロードオブザリング」の世界と違いません。例え時代劇であっても、ファンタジーでも、ホラーでも、闘いとはさもありなん。 . 家族や友人がゾキュンに、という悲哀もきちんと描かれています。特に、徳井優さん演じるアベさんの存在が大切。 . 終盤、ファイナルファンタジーの魔導少女のように有村さんが覚醒して活躍するのかと思いきや・・、いえ、最後まで芯(主役)は大泉さんですよ~。 男子は少々ダメなくらいでちょうどよい。立ち向かえ! . 英雄くんが本当に「ヒーロー」になる瞬間、どうぞ観てあげてください。 この話の間、行政はいったい何をしていたんだ?、と一瞬思うけど、それは言わずに・・。(^^) . ・Youtube 「アイアムアヒーロー」予告映像
カン・ジファン(Kang Ji Hwan)
韓国では5月より「私に嘘をついてみて」放送中。 端役から確実に一歩ずつ なんとミュージカル出身 大学でグラフィックデザインを専攻し、兵役を終えた後、 舞台「ロッキーホラーショー」を皮切りに、なんとミュージカル中心にキャリアをスタートしている。 ほんの少しの出番の「夏の香り」(2003)より少しずつTVにも進出、端役から確実に一段一段登ってゆく。やはり脇に徹していた「ラストダンスは私と一緒に」と同じ医者の役で遂に「がんばれ!クムスン」(2005)での大活躍へ。日本にも舞台公演などで何度も来日していておなじみ。 写真はこちらのファンサイトよりhttp://kanjifan.seesaa.net/category/3261959-1.html

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!