久々の劇場で、るろうに剣心最終章final

2021年6月1日

 緊急事態宣言が延長される中、劇場の自粛要請が解除されました。
本日から上映再開。僕は最初から劇場を自粛対象にするのはやめてほしかった。
現状の新型肺炎禍をみると、医療逼迫を訴えながら全国の医療機関の2%、
欧米と比べても1割程度の病院しか妖精判定者を受け入れていないこと、
いかに政府や自治体が怠慢だったかがわかる。風評被害対策や手厚い支援
さえすればもっと受け入れる病院も増えてくる、と言われます。
昔のアメリカのような禁酒や戦時下のような灯火管制要請、ちょっと的外れな気がします。

 ともかく、本日1日、映画の日ということもあって、鑑賞に行きました。
やっぱり他のお客さんと同じ空間で観られるのは幸せです。
今日はまず、日頃からお世話になっていた新宿ピカデリーへと。
昨年、自分の近所に2か所も大規模シネマ施設ができた事もあり、
わざわざ新宿へ赴くのは久しぶりでした。
観たのは「るろうに剣心最終章Final」。
立ち回りアクションがハリウッド映画の如くです。
佐藤健くんや新田真剣祐くんらが見せる立ち回りはとても速くて超人的。

でもこれは恐らく、通常速度で撮影したものを早く回す手法、
もしくはフィルムの何コマに一コマを抜いて速く見せる手法、だと思います。
ハリウッドでもよく使われる技術だと、詳しい方に聞いたことがあるもので。
でなければ、あの動きの速度が実際ならば皆プロのアスリートになれる。
別に悪い事ではありませんし、僕も見ていてただ凄いなと思い感心しました。
日本映画もそういう時代に来ているんだな、と実感いたしました。

 有村架純さんが大切な役で良い演技をなさっていました。
そして近日、続編というべきか前段というべきか、
「るろうに剣心最終章Beginning」が公開されるとか。
シリーズ最高傑作との告知がされています。
佐藤くんや有村さん達の演技が楽しみです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

映画「水上のフライト」について
いよいよ数日前の7月23日、五輪が開催されました。 思い起こすたび残念なのは、 昨年観た映画「水上のフライト」がこの時期に公開されなかったことです。 本来、水上のフライトは昨年6月に公開され、 そして予定通り、直後の7月に五輪が開幕していれば・・・ またスクリーンで観たい。今だからこそリバイバル上映してほしい、そんな気持ちです。 8月12日、WOWOWにて初放送されました! パラリンピック開会は8月24日ですね。 「失ったものを数えず、残されたものを活かせ」。ルードウィッヒグットマン博士の有名な言葉です。 アスリート皆さんの活躍が楽しみです!
チアダンが、地上波で放送!
「チアダン」が、地上波TBS系列で、5月22日の金曜日に放送されるそうです! 地上波! しかも、日本を応援!、というキャッチフレーズで、放送されるそうです。 とても良い感じのお膳立てですね。
夜空はいつでも最高密度の青色だ
タイトル通り、密度の高い青、だけでなく闇の黒や、煌々と光る赤や黄。 映像に深みがあり、音楽もいい感じ。 人物の作り込みも良く練られてます。 池松くんの演技は斬新だし、中年男の切なさ全開の田中哲司さんがいいね。 身近な、日常よくある話満載で、よかったですよ~。 ・「夜空はいつでも最高密度の青色だ」予告映像 ・街頭でライブする人「Tokyo Sky」”がーんばーれー”
女子みなさんのパワーで、少女邂逅
蚕(かいこ)の繭(まゆ)がキーポイントの映像世界ですね。 ちなみに、新聞(産経です)の紹介記事で、星五つ(最高評価)がついていました。 こういう評価は観る人によって違ってくると思いますが、 実際に観てみて・・、 なるほど、奥深い芸術性のあると申しますか、 女子の世界の厳しさも垣間見えるというか、 女子みなさんのパワーを感じる、 納得です。 ・「少女邂逅」予告映像
人でなしの地にも良心が、忍びの国
公開からだいぶ経ったけど、まだまだ上映中。結構当たってます。 忍びの技を、魔法でなく物理的色々な仕掛けありき、で描いてて共感できました。 さとみちゃんも可愛かったし、演者は皆さん良かったのですが、 自分が最も印象に残ったのは、鈴木亮平くんです。 この方、最近では銭形警部や宮沢賢治を演じたり、と活躍目覚ましい。英検も1級持ってる人。 ・「忍びの国」予告映像

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!