夜空はいつでも最高密度の青色だ

2017年7月13日


タイトル通り、密度の高い青、だけでなく闇の黒や、煌々と光る赤や黄など、色の使い方が素敵でした。ぼーっとみてるだけでも綺麗です。

演者さんも、登場人物一人ひとりの作り込みがしっかりしていて、
少し変わり者だったり、孤独だったり、行き場がなかったり。
みなさん、役と人物をよく研究されてます。

池松くんの演技は斬新だし、
僕のおすすめは、ベテランの田中哲司さん。舞台畑の味のある俳優さんです。

人身事故の知らせとか、街頭でライブする人とか。くすっと笑ってしまうようなよくある話満載。僕も含め、館内くすくす笑いが絶えませんでしたよ~。

ごくごく身近なこと、闇の面から光が見えたり、しますよね。

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」予告映像
街頭でライブする人「Tokyo Sky」”がーんばーれー”

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ビリギャル
舞台は名古屋、ビリギャル
もっとコミカルなもの、もっと言うと、ただ流行りに乗っかった作品、かと思っていましたけど、違う。驚きました。一つの目標に向かう人なら、だれでも覚えがあるつらさ、苦しさ、ぶち当たる壁。そして周りで支える人たち、家族。 おまけに、なんと舞台は名古屋~!今現代の名古屋の情景や、名古屋弁が! 8割くらい女性客で、年配の方と若い方と半々でした。 上映中、まわりで、ご婦人皆さんの爆笑する声が。 これぞ劇場で見る醍醐味。みんなで見る楽しさ! とにかく色々な意味で、映画を観る目が変わりました。 写真はTOHOシネマズ新宿の遠景。屋上に見えるゴジラが守り神。 ・Youtube 映画「ビリギャル」予告
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I_
朝から活気が、青い瞳のキャスバル
映画「リトルフォレスト」を観た日、新宿ピカデリーは朝からがやがや活気がありました。 よくよく見ているとガンダムの最新作目当ての皆さんなのだと気づきました。 へぇー、作られてるんだ、と思い、夕方に観てみたのですが、うん、良かったです。 入り口にはこんなモニュメントが。ピカデリーさんはよく、上映作についてこういう趣向をなさいます。粋ですね!
繕い裁つ人
着る人に寄り添う服を。繕い裁つ人
「繕い裁つ人」 着る人の気持ちに寄り添う服を作る、 一生き続けられる服を作る、夢見る服を。 繕う中で、その人の成長も老いも含めて、体の変化を感じ取りながら。 こういった職人魂、世界共通でいらっしゃいますが、特に日本の匠のみなさんってそうだよな、と思いました。 頑固じじいのよう、と評される、中谷さん扮する市江さん。 貴婦人のように、品があり、優雅ながら、繕い以外ではドジで、お茶っぱをひっくり返したりする。 チーズケーキにかぶりつき幸せそうに頬張る中谷さんを見て、何だか和みました~。 写真は、本作を観た、名古屋で通好みの映画館のひとつ、伏見ミリオン座です。朝一回目は、上映前にコーヒーが無料で飲めるのです、うれしい! 「繕い裁つ人」予告映像、シネマトゥデイより
バクマン。
友情、努力、勝利!、バクマン。
同じ道を志す仲間に出会い、おたがい刺激され、ってところが 本当に良かったです。 友情、努力、勝利、これぞ日本マンガ!その現場! 少年誌のアンケートって、大切なんですね! 客層は男女比率6:4くらいで、やや男性多めの印象でした。 ・Youtube 「バクマン。」予告映像
蜘蛛巣城(1957 日本)
こんな良い日に、こんな悪い日は見たためしがない 西洋のお話が展開するのは、この上なき和の世界! 反喩が効く印象的な台詞が、美しい日本語に乗る 三船敏郎もぴったりですが、夫人役の山田五十鈴が至極。 さて、オリヴィエの後は、我らが黒澤明による作品。 本作は、言うまでもなく「マクベス」の映画化。 私は、日本が持つ独特の美意識と、シェイクスピアの世界は、とても相性が良い、と感じました。 騎馬で荒野を駆け迷う武士、夫人の立ち振る舞い、森の中で蚕の糸を紡ぐ老人、刺さる矢、などなど、本来スコットランドの大地で展開する物語が、日本という土地で見事に体現され、展開されます。 本作はまさに「見るシェイクスピア」!。美しい日本語台詞と共に、能を取り入れた流麗な動き、陰影で織り成す水墨画のような世界は、白黒の深みもあいまって、何度観ても飽きない。 オリヴィエの「ハムレット」でも申しましたが、白黒の持つ奥深さや寒々しさは、特に古典シェイクスピアの悲劇戯曲にはふさわしく、この映画も、忘れられないようなマクベス世界の暗闇感を残してくれます。だからと言って、もちろん白黒以外は認めないとは申しません。 何度かご覧になった方はお感じになるかもしれませんが、本作で、目立ち方から言っても、本当の主役はマクベス夫人の山田五十鈴さんです。登場時間は三船さんの半分くらいだと思いますが、要所要所が素晴らしく、抑え目でかつ的確、悪人でありながら非常に強い意志を秘め、物語を牽引しています。 この映画に唯一つ難点を申せば、忠義や誠を重んじる日本人の武士が、こうもあっさり己の利益のために悪事に手を染めるかな、とも思いますが、五十鈴さん扮する夫人が、それを正当化してくれてる、と私は思います。

コメントをどうぞ


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!