追悼、憧れの”マッチョマン”ランディ・サベージ

2011年6月2日

自分が、お店でもと担当だったこともあり、これまで韓国関連に集中していました。
これから少しずつ、扱う領域を広げてゆきたいと思っています。

高校時代、私がとてつもなく好きになった分野が2つあります。
ひとつはハードロック・へヴィメタル、もう一つがWWF(現在のWWE)です。

音楽分野についてはまたいつかお話します。
私が幼少期はプロレスがゴールデンタイムに放送されていた時代で、
アントニオ猪木さんとよく試合をしていたハルク・ホーガンはその頃から知っていました。

さて、私とWWEの出会いのきっかけはゲームセンターです。
「WWFSUPERSUTARS」というゲームが当時あって、
何気なく目にしたとき、「あっホーガンとかアンドレがいる」と思い、遊んだものです。
登場キャラの中で特に気になったのが「アルティメットウォリアー」と「ランディサベージ」でした。なんか派手で格好いいですもんね。(YouTubeに動画がありますhttp://www.youtube.com/watch?v=QCiopZGiKyEWWF Superstars Arcade)
よく遊んでいるうちに、実物が見たい、と思うようになり、幾つかのレンタルビデオ屋さんを巡回。
最初に観たのが確か「WrestleMania Ⅲ」。
ウォリアー出てないじゃん、とか思いつつ、視聴(彼はⅣあたりからですね)。ここで忘れられないほど強烈な印象を受けたのが、「リッキースティムボードvsランディサベージ」。サベージ選手の変幻自在で立体的な魅せ方、そして格好いい負けっぷりが、私は子供ながらに凄い!と何十回も観たものです。

で、この人、インタービューでも凄い。低くよく通る声で、よく喋る。「O~Yeah~!」が決め台詞。
その後サマースラムとかサバイバーシリーズとかロイヤルランブルとか、当時のビデオを借りまくり、お店になければ購入したり。
あげくに東京ドームまで(当時私は名古屋住まい)レッスルフェストを観に行きました。歴史に残る、あのレスリングサミットのサベージvs天龍戦の一年後です。

大学受験を機に自然と遠ざかり、アンダーテイカーやブレットやHBKが支えていた時代頃から観ていませんでした。当然、ストーンコールドやロックの時も。私が劇団で修行している頃に、現在のJSportsで放送されているSmackdownやRawを再び観るようになったのが、2004年ごろ、テイカーが墓掘ギミックに戻った頃です。

長くなりました。つまり今もWWEファンです。
現在はプロレスはあまり観なくなりましたが、WWEは別。私にとって特別なんです。

先日5月20日頃、サベージ選手が、自動車運転中に心臓麻痺の発作が起き、衝突して亡くなってしまった、と知りました。ご冥福をお祈りします。私の青春時代の憧れのスター、です。
(今後、少しずつWWE関連のReviewやPersonを作るかも・・)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

個人的にお気に入りのWWEスター5人
WWEのスターの中から、私の独断で 過去と現在問わず5人ほどをおすすめします。 CMPunk、ChrisJericho、the Undertaker、RandySavage、Maryse。 本当はHitmanとかも作りたかったですけど・・ またそのうちに! これから色々なジャンルが増えてゆきますので、 タグで、「WWEスター」や「韓国俳優」などで、区分けしてご覧頂きたいと思います。
ランディ・サベージ(RandySavage)
1985年に妻のエリザベスをマネージャーにWWFに登場。 ” Oooh Yeah!!”
よく聴く、よく効く音楽
私は、音の種類の多い、音に厚みのある、そして遊び心のある音楽が好きです。 最近もっぱらIPODにいれて聴くのがLeccaです。彼女はレゲエをベースにした音作りをするシンガーソングライターです。 半年前に退職したレンタル店に彼女のコーナーを作らせてもらったのですが、まだ残っているかな・・。 (Lecca、Personへ)
The Intern
I still have music in me・・、マイ・インターン
この日、朝から映画を観て、お酒を飲んでブッフェに・・と思っておりましたら、「勇者よ新宿コズミックセンターに集え!」とのメッセージを受け取り、大慌て。 13:00集合とか。・・うむ、何とか間に合うな。ということで、映画は予定通り、お酒はほどほどに、そのかわり時間がないので食事は抜きで・・。 というわけで観てまりました。 「マイ・インターン」 自分はふだん、国産のものに投資を!との趣旨で、劇場ではほとんど邦画観て、洋画はレンタルかWOWOWで済ましております。が、これだけは外せない、と思い、観てまいりました! 現役の外国籍俳優で、僕が最も尊敬するのは、デニーロさんなのです。もう70歳なのですね。我が父親にとてもよく似ておりまして。 自己紹介ビデオをYoutubeにあげる時代なのだとは!驚きました。 このときのベンさんのセリフ、音楽家・・のところ、良いです! I still have
CMパンク(CMPunk)
11月30日および12月1日の日本ツアーに出場! 横浜アリーナを魅了しました! 現在の私のお気に入り選手は、最古参のアンダーテイカーをのぞくと、ジェリコと、この人。 試合は巧いしマイクも気が利く、実況席でも仕事こなせる。 2011年6月27日放送(日本では7月8日初回放送)のRAWで彼が行った歴史的と言われるプロモ(マイクアピール)は、本当に衝撃的でした(そして多くのファンが一理あると思っています)。 その後出場停止になった情報も流れました。でもどうやらストーリーラインに沿ったもの(100%演出かどうかは今のところ不明ですが、たとえアドリブだとしても評価されたっぽい)らしく、ほっとしました。この人にはこれからも出来るだけWWEにいて欲しい! ランディサベージのトリビュートコスチュームは本当に嬉しかった! おすすめ動画Youtubeより、Cm Punk’s EPIC

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!