アンモナイト教えてよ、勝手にふるえてろ

2018年1月10日

勝手に震えてろ
良い映画でした。
松岡茉優さん見事な初主演、立派です。
渾身の演技、心に響きました!

Youtube 「勝手にふるえてろ」予告映像
Youtube 「は!?」5連発!

(平成30年2月24日追記)
かなりのロングランになっているようです!
ロングランに喜び「この景色は一生忘れません」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

夜空はいつでも最高密度の青色だ
タイトル通り、密度の高い青、だけでなく闇の黒や、煌々と光る赤や黄。 映像に深みがあり、音楽もいい感じ。 人物の作り込みも良く練られてます。 池松くんの演技は斬新だし、中年男の切なさ全開の田中哲司さんがいいね。 身近な、日常よくある話満載で、よかったですよ~。 ・「夜空はいつでも最高密度の青色だ」予告映像 ・街頭でライブする人「Tokyo Sky」”がーんばーれー”
あん
おいしいときには笑え。あん
餡作りの達人! のお話かと思いきや、それだけはなくて。 ある難病のお話。 公開は5月末(5月30日)だったのですが、何度もリピート上映されております。私も、再上映で観ました。 樹木希林が、お孫さん(内田伽羅さん)との初共演だったそうです。 樹木さんは「駆込み女と駆出し男」にも(直近では海街diaryにも!)出演なさっており、その舞台挨拶を、わたくしの友人が観に行っております。とっても素敵でした!と申しておりました。大ベテランにして、第一線で旬。すごい。 市原悦子さんも久々に映画出演なさっています。 永瀬さんは、やはり映画出演が似合う。 おいしいときは、笑うのよー。 「あん」予告映像
ヒロイン失格
これぞまさに女子!、ヒロイン失格
「ヒロイン失格」を観てまいりました。 これぞまさに女子!の世界ですけど、いやー面白かったです。桐谷さんの、お人形さんのような美人イメージも、良い意味で見事に壊れました。この人はきっと良い女優さんになります。 客層は、9割が女子、そのうち半分くらいがティーン(10代)でした。 ・Youtube 「ヒロイン失格」予告映像
80年代ロックを想う
私は、高校時代に同級生の多大な影響を受け、ハードロックが好きになりました。 当時は80~90年代でしたので、ブラックサバスやエアロスミスらの次の世代、グラムロック時代のポイズンやモトリークルーから90年代のガンズアンドローゼズ、そしてニルヴァーナのグランジ時代になってゆくときです。この80から90年代初頭はロックンロールの黄金時代でした。 現在、日本ではJ-Rockが盛んになり、先の時代のロックに劣らない躍動感のあるバンドも多く登場しています。頑張って欲しいですね。 良い音楽とは10年20年後に聴いても古さを感じさせないもの、と言います。 クラシック音楽しかり、ジャズしかり、80年代ロックもまた然りです。 (Slash、Personへ)
ビリギャル
舞台は名古屋、ビリギャル
もっとコミカルなもの、もっと言うと、ただ流行りに乗っかった作品、かと思っていましたけど、違う。驚きました。一つの目標に向かう人なら、だれでも覚えがあるつらさ、苦しさ、ぶち当たる壁。そして周りで支える人たち、家族。 おまけに、なんと舞台は名古屋~!今現代の名古屋の情景や、名古屋弁が! 8割くらい女性客で、年配の方と若い方と半々でした。 上映中、まわりで、ご婦人皆さんの爆笑する声が。 これぞ劇場で見る醍醐味。みんなで見る楽しさ! とにかく色々な意味で、映画を観る目が変わりました。 写真はTOHOシネマズ新宿の遠景。屋上に見えるゴジラが守り神。 ・Youtube 映画「ビリギャル」予告

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!