絶滅すべきでしょうか?、勝手に震えてろ

2018年1月10日

勝手に震えてろ
良い映画でした。
渾身の演技、心に響きました!

Youtube 「勝手に震えてろ」予告映像
Youtube 「は!?」5連発!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ヒロイン失格
これぞまさに女子!、ヒロイン失格
「ヒロイン失格」を観てまいりました。 これぞまさに女子!の世界ですけど、いやー面白かったです。桐谷さんの、お人形さんのような美人イメージも、良い意味で見事に壊れました。この人はきっと良い女優さんになります。 客層は、9割が女子、そのうち半分くらいがティーン(10代)でした。 ・Youtube 「ヒロイン失格」予告映像
バクマン。
友情、努力、勝利!、バクマン。
同じ道を志す仲間に出会い、おたがい刺激され、ってところが 本当に良かったです。 友情、努力、勝利、これぞ日本マンガ!その現場! 少年誌のアンケートって、大切なんですね! 客層は男女比率6:4くらいで、やや男性多めの印象でした。 ・Youtube 「バクマン。」予告映像
あん
おいしいときには笑え。あん
餡作りの達人! のお話かと思いきや、それだけはなくて。 ある難病のお話。 公開は5月末(5月30日)だったのですが、何度もリピート上映されております。私も、再上映で観ました。 樹木希林が、お孫さん(内田伽羅さん)との初共演だったそうです。 樹木さんは「駆込み女と駆出し男」にも(直近では海街diaryにも!)出演なさっており、その舞台挨拶を、わたくしの友人が観に行っております。とっても素敵でした!と申しておりました。大ベテランにして、第一線で旬。すごい。 市原悦子さんも久々に映画出演なさっています。 永瀬さんは、やはり映画出演が似合う。 おいしいときは、笑うのよー。 「あん」予告映像
nanimono
何者
就活中の若者のお話でした。SNSの存在をうまく絡めつつ、でも描かれるのはやはり、若いかたの頑張る姿なんですよね~。 サスペンス要素もありつつ、青春映画でもある。 舞台畑の方が監督されています。立体的な奥行きを感じたのはそのせいかな。 みなさんのお芝居がと~っても、良かったです。 もう一度みたい、と思える映画でしたよ~。 「何者」予告映像
繕い裁つ人
着る人に寄り添う服を。繕い裁つ人
「繕い裁つ人」 着る人の気持ちに寄り添う服を作る、 一生き続けられる服を作る、夢見る服を。 繕う中で、その人の成長も老いも含めて、体の変化を感じ取りながら。 こういった職人魂、世界共通でいらっしゃいますが、特に日本の匠のみなさんってそうだよな、と思いました。 頑固じじいのよう、と評される、中谷さん扮する市江さん。 貴婦人のように、品があり、優雅ながら、繕い以外ではドジで、お茶っぱをひっくり返したりする。 チーズケーキにかぶりつき幸せそうに頬張る中谷さんを見て、何だか和みました~。 写真は、本作を観た、名古屋で通好みの映画館のひとつ、伏見ミリオン座です。朝一回目は、上映前にコーヒーが無料で飲めるのです、うれしい! 「繕い裁つ人」予告映像、シネマトゥデイより

コメントをどうぞ


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!