DQ_ユアストーリー

2019年9月3日


最近観たアニメの映画で、僕が特に好きなのが「KUBO」
なのですが、本日観たこの映画も共通する良さがたくさんあり、
忘れがたい作品となりました。

自分が二十歳前後の頃、今から20年以上前なのですが(!)、
慣れ親しんだ「ドラゴンクエストⅤ」を描いた作品で、
ものすごく懐かしかったです。
また内容も良かったです。アニメ技術は勿論のこと、
筋書きも、しっかり描くところは描き、大きな時間軸の部分は
流れるように美しい、絵画のつなぎ方をしています。
難しい言い方をしてしまいましたが、要はくどくないという事。
その行間の部分を観る側が埋めるのも楽しい。(^ ^)♩

特に、作品の鍵になる二人の女性、ビアンカとフローラがしっかり描かれていて、
ゲームでも実に悩ましかった「伴侶選び」の様子を丁寧に綴っています。
表情の描き方が実に繊細で可愛くて、これは「KUBO」や「アナ雪」も同じですが、
これぞ現代アニメ!と思わせる見事さです。

また、終盤に現代作品らしいひとひねり(ウィルスの話)がされていて、
ここは評価が分かれるかもしれませんが・・、
僕は、中世と現代がつながる感じがして、いいなと思いました。

そういえば僕は、事前に声を当てている人を知らないまま観終えて、
エンドクレジットで見たら、あれま、有名な俳優さん達ばかりではないですか。
それも、結構僕が好きな俳優さんばかり。
そんな余韻にも浸れました!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ひびけ~、覆面系ノイズ
「チアダン」や「セトウツミ」で頑張っていた、中条あやみさん主演作品、ということで是非に、と観てまいりました。 中条さん、相当に声の訓練を積んだらしく、 作中で、とても腹の据わった、しっかりした聴きごたえのある声を披露なさっています。 「ひーびぃけ~」 当然ですけど、音楽がものすごく良かったです。 Manwithamissionの皆さんの、全面バックアップですものね! 「覆面系ノイズ」予告映像
前田建設ファンタジー営業部
僕はマジンガーZを知らない世代なんですけど、 こんな映画を作ってくれて、ありがとう!と言いたいです。 本当、観て良かったです。
ビリギャル
舞台は名古屋、ビリギャル
もっとコミカルなもの、もっと言うと、ただ流行りに乗っかった作品、かと思っていましたけど、違う。驚きました。一つの目標に向かう人なら、だれでも覚えがあるつらさ、苦しさ、ぶち当たる壁。そして周りで支える人たち、家族。 おまけに、なんと舞台は名古屋~!今現代の名古屋の情景や、名古屋弁が! 8割くらい女性客で、年配の方と若い方と半々でした。 上映中、まわりで、ご婦人皆さんの爆笑する声が。 これぞ劇場で見る醍醐味。みんなで見る楽しさ! とにかく色々な意味で、映画を観る目が変わりました。 写真はTOHOシネマズ新宿の遠景。屋上に見えるゴジラが守り神。 ・Youtube 映画「ビリギャル」予告
私も魔法が使えたら、3D彼女
「ヒロイン失格」や「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います! 後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、素晴らしい。 美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、 身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。 中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~! ・Youtube 「3D彼女」予告映像
映画「水上のフライト」について
いよいよ数日前の7月23日、五輪が開催されました。 思い起こすたび残念なのは、 昨年観た映画「水上のフライト」がこの時期に公開されなかったことです。 本来、水上のフライトは昨年6月に公開され、 そして予定通り、直後の7月に五輪が開幕していれば、 最適なタイミングだったはずです。 映画はとてもよくできていて、 アスリートが打ち込む様子をよく描いていました。 今行われている競技や選手たちを見るにつけ、 そのことを思い出します。本当に良い映画だったのに。 皆さんの演技は心に残ったし、天空を移す湖面などとても美しかったし、 競技場面にはぐいぐい引き込まれたし、 またスクリーンで観たい。今だからこそリバイバル上映してほしい、そんな気持ちです。

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!