イ・チャンフン(Lee Chang-Hun)

2011年5月22日

様々な作品で重要人物をこなす
芯でも脇でも光るベテラン 


名前
イ・チャンフン (Lee Chang-Hun)
おすすめ作
英雄神話 DVD-BOX
マイラブDVD-BOX1
大胆な彼女 DVD-BOXI
Works
■TVドラマ
あなたが寝ている間に (2011 SBS)
大胆な彼女 (2010 SBS)
それでも好き! (2007 MBC)
イ・サン (2007 MBC)
マイラブ (2006 SBS)
薯童謡(2005 SBS)
美しいあなた(2005 KBS)
千年の愛 (2003 SBS)
百万本のバラ (2003 KBS1)
野人時代 (2002 SBS)
愛はこんなもの (2001 KBS)
可愛い女性 (2001 KBS)
ストック~君に贈る花言葉~ (2001 KBS)
学校4 (2001 KBS)
学校2 (1999 KBS)
学校 (1999 KBS)
風の歌 (1998 SBS)
順風産婦人科 (1998 SBS)
英雄神話 (1997 MBC)
プロポーズ (1997 KBS)
M (1994 MBC)
お母さんの海 (1994 MBC)
など・・・
■映画
ソウルが見えるか?(2008)
4本指の足(2002)
ライ ダイハン(1994)
カンフーボーイ(1992)
年猛九と北斗神拳(1991)
兎を乗せた潜水艦(1991)

最新作「あなたが眠っている間に」、2011年5月より韓国にて放送中

1989年にデビュー、挙げ出せばきりがないほどの多くのドラマや映画に出演している。「薯童謡」でのモンナス博士は重要な役どころで、主役といっても過言ではないほどの存在ぶり。
2007年「イ・サン」、朝ドラマ「それでも好き」以後、かねてより交際中だった16歳年下の女性と結婚、そののち、妻の父親の会社で事業の勉強をしてきた。
2010年、2年ぶりにSBS「大胆な彼女」で復帰、様々な作品で重要人物をこなす、芯でも脇でも光るベテラン。

写真
「ソドンヨ」百済王国より

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

イ・スンジェ(Lee Soon-jae)
7月20日より韓国にて「姫の男」が始まりました。 皆さん(私も)大好きな重鎮俳優さん。「ホジュン」「商道」「イ・サン」「善徳女王」など、出演作は数知れず。韓国では「カールじいさんと空飛ぶ家」のフレドリクセンの吹替も担当。 趣味がクラリネットで「ベートーベン・ウィルス」出演時に披露している。 80年代から政治と関わり、90年代初頭には国会議員も経験。 後輩の育成にも尽力しており、放送業界の殿堂入りも果たしているほどの大人物。 これほどの人なのに芝居の中では飾らず、楽しんで演じている素敵なベテラン! 参照記事http://navicon.jp/news/8471/>自殺行為に骨ある一言 写真http://matome.naver.jp/odai/2126466921288880601>こちらのサイトより
キム・スンス(Kim SeungSoo)
私の母の一押し俳優キム・スンス 優しげな紳士役と鬼気迫る悪役 善悪どちらもOKの優しげな貴公子は幅広い演技力を持つ体育学を専攻したスポーツマン。デビュー時から優しい紳士的な男性役が似合う俳優で、2003年のドラマ「百万本のバラ」で、自由気ままな青年を演じ、 KBSの優秀演技賞を受賞している。 そして大作ドラマ「朱蒙」で自身初の悪役に挑み、高い評価を得た。 2009年2月初来日。 どんな厳しい悪を演じても誠実な一面を垣間見せるのはさすが。 韓国では「今日のごとくあれ」が11月より開始。キム・ガプスと共演。 歴史劇「広開土大王」が5月より放送中。イ・テゴンと共演。 写真はhttp://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/CU/content/cms_view_769373.jspより
イ・ボヨン(Lee Bo-young)
韓国では7月16日より、「愛情万々歳」が放送開始。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来 この方にはいつも注目しています。 2000年ミスコリアテジョン・チュンナムで選出され、 2003年ドラマ「NO春香vs非夢龍」で注目を集めた。 長い黒髪と古典的雰囲気のある顔立ちが特徴。 「ラストダンスは私と一緒に」で恋敵役を好演。 「薯童謡」でのソンファ姫役でトップスターになる。 「ゲームの女王」「ミスターグッドバイ」「セレブの誕生」と、 ひとくせある役どころも鮮やかにこなす。 信念を持つ行動的な女性がぴたりとはまる女優。 英語と日本語が堪能だとか。 写真はhttp://yae51.blog112.fc2.com/blog-entry-190.htmlまりもーさんのラベル部屋より
イム・ドンジン(Lim Dong-jin)
病から回復した重鎮 大衆文化人としての自尊心と誇り 1964年演劇でデビュー。ドラマにも多数出演していて、中でも「王と妃」の世祖役では1998年KBSの優秀俳優に選ばれた。 2000年に甲状腺の腫瘍手術を受け、翌年脳梗塞で倒れる。1年ほど闘病し無事復帰。かねてからキリスト教徒で、復帰後、神学校を卒業し牧師の免許を取得している。 故チャン・ジャヨンさん事件に揺れた2009年には、国会議員会館で行われたセミナーで、今の韓国芸能界をとりまく道徳的乱れについて話し、「立場の弱い芸能人に対する保護制度が必要だ」と訴えている。 この方やイ・スンジェさんなど、発言に重みを持つ大ベテランの存在は大きいですね! 参照記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=100956放送芸能人の昨日と今日 写真はhttp://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/imdonjin_p.htmlより
イ・ソンギュン(Lee Sonkyun)
優しいロマンチストから 厳しい役まで、安定した演技力 優しいイメージの男性役が似合い、ソフトで深みのある印象的な声。多彩な作品に出演するイ・ソンギュンは実は下積みが長い。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからドラマ「白い巨塔」に出演したあたりからである。そんな経歴からか、作品が良ければ、端役でもOKとか。 今や、最高のロマンチストにぴったりの俳優。しかし、ひとつのイメージにこだわらない彼は、常に多彩な役どころを選ぶ。 「パスタ」では驚くほど意地悪な役。この変身ぶり!いやはや、役者ですね。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!