パク・イナン(パク・インファン)(Park In Hwan)

2011年6月7日

父親役といえばこの人
最近は映画の出演も活発


名前
パク・イナン(パク・インファン) (Park In Hwan)
おすすめ作
Works
■TVドラマ
愛情万々歳 (2011 MBC) 7月より放送中
あなたは本当にきれいだ(2011 MBC) 4月より放送中
愛を信じます(2011 KBS)
大丈夫、パパの娘だから(2010 SBS)
エンジョイライフ~愛がすべて(2009 MBC)
愛しの金枝玉葉(2008 KBS)
糟糠の妻クラブ(2007 SBS)
ヨメ全盛時代(2007 KBS)
銭の戦争(2007 SBS)
ハロー!お嬢さん(2007 KBS)
恋人(2006 SBS)
淵蓋蘇文(2006 SBS)
噂のチル姫(2006 KBS)
このろくでなしの愛(2005 KBS)
ダイヤモンドの涙(2005 SBS)
第5共和国(2005 MBC)
乾パン先生とこんぺいとう(2005 SBS)
海神(2004 KBS)
がんばれ!クムスン (2005 MBC)
ラストダンスは私と一緒に(2004~2005 SBS)
商道(2001 MBC)
ワンルンの大地(2000 SBS)
グッキ(1999 MBC)
ワンルン一家(1989 KBS)
黎明の瞳(1991 MBC)
ワンルン一家(1989 KBS)
朝鮮王朝500年シリーズ(1981 MBC)
壬辰の乱(1970)
■映画
執行者(2009)
飛べ、ペンギン(2009)
無道理(2006)

など・・・



現在韓国で、「愛情万々歳」、
      「あなたは本当にきれいだ」に出演中。

父親役といえばこの人
最近は映画の出演も活発

1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編
である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。
父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が
活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを
観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。
「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、
人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」

参照記事
「執行者」(韓国語)
写真
2006年のインタビュー記事(韓国語)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

チャン・ヒョク(Jang Hyuk)
韓国で10月より、時代劇「根深い木」が放送開始。 武術家の一面も持つ 挑戦意欲の高い俳優 2000年にドラマ「ワンルンの大地」に出演以来、ハイペースで映画、 ドラマ、MVなどに出演し人気上昇のさなか、2004年に入隊、一時 業界から離れる。韓国の男性芸能人なら誰もが通る試練の時期だ。 彼は兵役後の復帰に最も成功した芸能人と言われ、 MBCのドラマ「ありがとうございます」の好演で高い評価を受けた。 作品を選ぶ基準は、俳優として挑戦意識を持てる作品。 独特の、ゆっくりとした多少のろい喋り方も愛嬌がある。 日頃よりジークンドーも学んでいるので、殺陣の場面の動きは一級品。 参照記事http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=1088まだ現在進行形 写真はhttp://komasumida-janghyuck.blog.so-net.ne.jp/2009-10-23ファンの方のブログより
ハン・ジミン(Han JiMin)
韓国で1月に映画「朝鮮の名探偵」が公開、キム・ミョンミンと共演。 日本での公開は未定のようです。 身長160cm弱。170cm以上の長身女優が多くいる韓国芸能界においてとても小柄。しかし健気で愛らしい存在感、力のある澄んだ大きな瞳は、凛とした演技力とあいまって、物語の局面局面で観る者の心を掴んで放さない。 とある記事によれば、「幼い頃からたっぷりと家庭の愛情を受け育ってきたことがうかがえる、愛らしさ」。「オールイン」で同い歳のソン・ヘギョの子供時代を演じたのも今や懐かしい話。 「カインとアベル」の後、準備中だったドラマと映画の制作が白紙となったため、1年半の長い休みとなっていたが、ようやく映画「朝鮮の名探偵」が公開され、興行も大成功。 参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0120/10079289.html予想外の空白期 写真http://blogs.yahoo.co.jp/almdaunsanullim/32975108.html>こちらのブログより
イ・チャンフン(Lee Chang-Hun)
最新作「あなたが眠っている間に」、2011年5月より韓国にて放送中 1989年にデビュー、挙げ出せばきりがないほどの多くのドラマや映画に出演している。「薯童謡」でのモンナス博士は重要な役どころで、主役といっても過言ではないほどの存在ぶり。 2007年「イ・サン」、朝ドラマ「それでも好き」以後、かねてより交際中だった16歳年下の女性と結婚、そののち、妻の父親の会社で事業の勉強をしてきた。 2010年、2年ぶりにSBS「大胆な彼女」で復帰、様々な作品で重要人物をこなす、芯でも脇でも光るベテラン。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/soniru2006/m/200709/2「ソドンヨ」百済王国より
イ・ソンギュン(Lee Sonkyun)
優しいロマンチストから 厳しい役まで、安定した演技力 優しいイメージの男性役が似合い、ソフトで深みのある印象的な声。多彩な作品に出演するイ・ソンギュンは実は下積みが長い。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからドラマ「白い巨塔」に出演したあたりからである。そんな経歴からか、作品が良ければ、端役でもOKとか。 今や、最高のロマンチストにぴったりの俳優。しかし、ひとつのイメージにこだわらない彼は、常に多彩な役どころを選ぶ。 「パスタ」では驚くほど意地悪な役。この変身ぶり!いやはや、役者ですね。 写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より
ユジン(Eu Gene)
ご結婚が決まり、7月に挙式だそうです。 おめでとうございます! 韓国のSPEEDなんて言われた女性3人のアイドルユニットS.E.S.。 男性中心であった当時の芸能界で、現在のK-POPブームの礎を築いた。1997年デビュー当時16歳で、妖精のごとく。 「Loving You」から女優業を中心に活躍中。 「デビュー以後、最もたくさん泣いた」という「製パン王キム・タック」では、今までのイメージを覆す悪い女ユギョン役で出演。 彼女の美容哲学は、「全ての女性は美しく、美しさは健康と堂々としたものから現れる」。 参照記事http://travel.innolife.net/innoreport/list.php?ac_id=12&ai_id=8557美は、健康と雄雄しさから 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html韓国女優注目トピックより

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!