チ・ソン(Ji Sung)

2011年5月17日

教育者の父親の下、諦めきれ
なかった俳優への道を実現 


名前
チ・ソン (Ji Sung)
おすすめ作
オールイン DVD-BOX
王の女 DVD-BOX1
Works
■TVドラマ
ボスを守れ(2011 SBS)
ロイヤルファミリー(2011 MBC)
鉄の王 キム・スロ (2010 MBC)
太陽を飲み込め(2009 SBS)
ニューハート(2007 MBC)
ラストダンスは私と一緒に(2004 SBS)
王の女(2003 SBS)
オールイン 運命の愛(2003 SBS)
華麗なる時代(2001 MBC)
結婚の法則(2001 MBC)
男と女-彼女と別れる数時間前(2001 SBS)
おいしいプロポーズ(2001 MBC)
やけに会いたくなるね(2000 SBS)
カイスト(1999 SBS)
■映画
宿命(特別出演)(2008)
血の涙(2005)
口笛姫(2002) 

8月より韓国で「ボスを守れ」が放送開始予定。

中学までは野球の選手として活躍。
教育者の父親のもと大学は哲学科に進む。
しかし俳優への道が捨てきれない彼は、ドラマ「カイスト」の製作部にプロフィールを送る。

親からの支援もなくなり、様々な仕事をしつつ。チャンスを待った彼に
2001年、「華麗なる時代」での主役の話が。

「オールイン」「ラストダンスは私と一緒に」など評価が高い。
一時入隊し、「ニューハート」で完全復帰した、美しい好青年。

参考記事
自宅火災で火傷
写真
ファンの方のブログより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

カン・ジファン(Kang Ji Hwan)
韓国では5月より「私に嘘をついてみて」放送中。 端役から確実に一歩ずつ なんとミュージカル出身 大学でグラフィックデザインを専攻し、兵役を終えた後、 舞台「ロッキーホラーショー」を皮切りに、なんとミュージカル中心にキャリアをスタートしている。 ほんの少しの出番の「夏の香り」(2003)より少しずつTVにも進出、端役から確実に一段一段登ってゆく。やはり脇に徹していた「ラストダンスは私と一緒に」と同じ医者の役で遂に「がんばれ!クムスン」(2005)での大活躍へ。日本にも舞台公演などで何度も来日していておなじみ。 写真はこちらのファンサイトよりhttp://kanjifan.seesaa.net/category/3261959-1.html
イ・ボヨン(Lee Bo-young)
韓国では7月16日より、「愛情万々歳」が放送開始。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来 この方にはいつも注目しています。 2000年ミスコリアテジョン・チュンナムで選出され、 2003年ドラマ「NO春香vs非夢龍」で注目を集めた。 長い黒髪と古典的雰囲気のある顔立ちが特徴。 「ラストダンスは私と一緒に」で恋敵役を好演。 「薯童謡」でのソンファ姫役でトップスターになる。 「ゲームの女王」「ミスターグッドバイ」「セレブの誕生」と、 ひとくせある役どころも鮮やかにこなす。 信念を持つ行動的な女性がぴたりとはまる女優。 英語と日本語が堪能だとか。 写真はhttp://yae51.blog112.fc2.com/blog-entry-190.htmlまりもーさんのラベル部屋より
ユジン(Eu Gene)
ご結婚が決まり、7月に挙式だそうです。 おめでとうございます! 韓国のSPEEDなんて言われた女性3人のアイドルユニットS.E.S.。 男性中心であった当時の芸能界で、現在のK-POPブームの礎を築いた。1997年デビュー当時16歳で、妖精のごとく。 「Loving You」から女優業を中心に活躍中。 「デビュー以後、最もたくさん泣いた」という「製パン王キム・タック」では、今までのイメージを覆す悪い女ユギョン役で出演。 彼女の美容哲学は、「全ての女性は美しく、美しさは健康と堂々としたものから現れる」。 参照記事http://travel.innolife.net/innoreport/list.php?ac_id=12&ai_id=8557美は、健康と雄雄しさから 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html韓国女優注目トピックより
パク・イナン(パク・インファン)(Park In Hwan)
父親役といえばこの人 最近は映画の出演も活発 1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編 である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。 父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が 活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを 観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。 「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、 人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」 参照記事はこちら「執行者」(韓国語)。 2006年のインタビュー記事(韓国語)。
イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)
7月末で韓国にて「シティハンター」が無事終了しました。 こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現したい 一日に3編ずつをぶっ通しで見た中学高校時代。大学では自身で短編映画を製作したりした熱血映画通。「セブン」などフィンチャーやタランティーノ作品のようなジャンルの映画を良く観たそうで、彼は過去のインタビューで「こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現することができる演技に挑戦して見たい」と語っている。 プライベートで何度か来日していて、結構日本通。イラストがかなりの腕前で、来日の折、ファンにプレゼントし好評だった。 参照記事http://mpro.brandak.net/ijunyoku51/2008123215.html映画通イ・ジュンヒョク 写真はこちらhttp://2.suk2.tok2.com/user2/hyunbin-protok2/?y=2008&m=11&d=13&all=0より

コメントは受け付けていません。


デスクトップバージョン | モバイルバージョンにスイッチ

プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!