インターネット世界がもたらす夜明け

2011年10月27日

今、インターネット世界の時代、多くの情報を自由に獲得できます。素晴らしい事です。私たち一人一人が責任を持って真偽を見抜き、検証し、裏づけをきちんと取ることを忘れなければ、可能性は無限。信頼できる情報筋を少しでも多く共有し、見極めましょう。

来年は注目の年です。
2012年   1月      3月     5月       秋       11月        12月
.       台湾     ロシア    フランス   中国国家   アメリカ     韓国
.       大統領選  大統領選  大統領選  主席指名  大統領選    大統領選
.       馬英九と    プーチン?         習近平?
.       蔡英文

各国のトップが、一斉に選びなおされます。もしかすると、一新する可能性もあります。

ここで、注目なのが、まず1月にある台湾総選挙、馬英九と蔡英文、統一派と独立派、親中と親日の対決、今年中ごろから日本に対して融和姿勢も見せる馬英九ですが中国寄りなのは事実、日中関係を含めた今後のアジアに影響必至、3月の大震災で日本に多大な援助を下さった台湾国民の皆さんはどんな選択をするのか、行方が注目されます。

そして、事実上確定といわれる習近平の指名。

20年ほど前、世界が激変した年がありました。
1989年   1月      2月     6月       10月      11月      12月
.       昭和天皇   ソ連     〇        ハンガリー   ベルリン   マルタ会談
.       崩御     アフガン  ポーランド   共産主義   の壁崩壊   米ソ冷戦
.                撤退   初の自由選挙   放棄     チェコスロ   終結条約
.                                         バキア共産
.                                         主義終了
〇のところで、アジアである事件が起きています。
この年は、冷戦が一斉に終結に向けて加速してゆくなか、体制主義として踏みとどまった国があり、また日本では平成に変わり、年末に株式最高値を更新して、以降真直ぐに下降線をたどってゆきます、バブル崩壊。

さて、〇の事件とは
六・四 天安門事件。
踏みとどまった国とは、もちろん中国です。
中国政府は、この事件に関する情報流出に物凄く敏感になっています。
最近ウィキリークスの調べで、こんな報道がされていました。新唐人テレビより

2011年10月5日、スティーブ・ジョブス氏が亡くなりました。アップルの創始者の一人であり、最近でいえばIphoneの生みの親。彼はビル・ゲイツと並び、現在のインターネット社会の土台を築いたともいえます。
思えば、2010年に起きたある事件が、インターネット世界がもつ可能性を大きく示しました。12月18日のジャスミン革命。ジャスミンはチュニジアの象徴である花。一人の若者の焼身自殺をきっかけに民衆が立ち上がり、ベンアリー大統領がサウジアラビアに亡命。影響が世界に広まってゆき、2011年1月にエジプト騒乱がおき、2月11日にムバラク大統領がその圧力に屈して辞任、エジプトでも革命が成立します。このときに強力な力を発揮したのがツイッターやフェイスブックでした。

幸い、今は90年代ではありません。インターネット社会がしっかり発達した時代で、私たちは、求めれば多くの正確な情報を手にする事が出来ます。もちろん嘘やデマも多くあります。ここには、受け手の我々も検証する努力が必要です。

政治と文化は切り離して考えるべき、といつか私も申しましたが、中国や韓国はその混同が著しいお国柄だと思います。私は基本、文化レベルでは極めて親中、親韓ですが、政治レベルでは全く別の話。世界各国でリーダー交替が相次ぐ来年へ向けて、日本周辺に色々と動きがあるでしょうね。でも言うまでもなく、最も心配なのが日本政治家皆さんのの姿勢です。言われなき中傷や理不尽な圧力には、毅然と立ち向かってほしい!

一昨日、昨日と、三菱重工および衆議院議員らのPCにサイバー攻撃があったと報じられています。背筋が寒くなりました。攻撃元は・・・参照記事朝日新聞より

参考文献、
西尾幹ニ「日本の孤独―誇りある国家であるために」、
青山繁晴「王道の日本、覇道の中国、火道の米国

写真は「馬英九與蔡英文」鳳凰網より(中国語)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

TPPについて
今週末(11月13日)にAPECを控え、TPPについての日本政府の対応に注目が集まっています。[…]
アイアムアヒーロー
本当に「ヒーロー」になれるか?、アイアムアヒーロー
恐怖やむごさをことさら強調するホラー映画は、僕はあまり得意ではありませんが、こういう映画なら全然大丈夫。 慈悲も容赦もない敵の群れに立ち向かう点では、僕も好きな「ロードオブザリング」の世界と違いません。例え時代劇であっても、ファンタジーでも、ホラーでも、闘いとはさもありなん。 . 家族や友人がゾキュンに、という悲哀もきちんと描かれています。特に、徳井優さん演じるアベさんの存在が大切。 . 終盤、ファイナルファンタジーの魔導少女のように有村さんが覚醒して活躍するのかと思いきや・・、いえ、最後まで芯(主役)は大泉さんですよ~。 男子は少々ダメなくらいでちょうどよい。立ち向かえ! . 英雄くんが本当に「ヒーロー」になる瞬間、どうぞ観てあげてください。 この話の間、行政はいったい何をしていたんだ?、と一瞬思うけど、それは言わずに・・。(^^) . ・Youtube 「アイアムアヒーロー」予告映像
イ・ジュンヒョク(イ・ジュニョク) (Lee JoonHyeok)
7月末で韓国にて「シティハンター」が無事終了しました。 こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現したい 一日に3編ずつをぶっ通しで見た中学高校時代。大学では自身で短編映画を製作したりした熱血映画通。「セブン」などフィンチャーやタランティーノ作品のようなジャンルの映画を良く観たそうで、彼は過去のインタビューで「こぎれいで格好よい役目より内面の痛みを表現することができる演技に挑戦して見たい」と語っている。 プライベートで何度か来日していて、結構日本通。イラストがかなりの腕前で、来日の折、ファンにプレゼントし好評だった。 参照記事http://mpro.brandak.net/ijunyoku51/2008123215.html映画通イ・ジュンヒョク 写真はこちらhttp://2.suk2.tok2.com/user2/hyunbin-protok2/?y=2008&m=11&d=13&all=0より
蜘蛛巣城(1957 日本)
こんな良い日に、こんな悪い日は見たためしがない 西洋のお話が展開するのは、この上なき和の世界! 反喩が効く印象的な台詞が、美しい日本語に乗る 三船敏郎もぴったりですが、夫人役の山田五十鈴が至極。 さて、オリヴィエの後は、我らが黒澤明による作品。 本作は、言うまでもなく「マクベス」の映画化。 私は、日本が持つ独特の美意識と、シェイクスピアの世界は、とても相性が良い、と感じました。 騎馬で荒野を駆け迷う武士、夫人の立ち振る舞い、森の中で蚕の糸を紡ぐ老人、刺さる矢、などなど、本来スコットランドの大地で展開する物語が、日本という土地で見事に体現され、展開されます。 本作はまさに「見るシェイクスピア」!。美しい日本語台詞と共に、能を取り入れた流麗な動き、陰影で織り成す水墨画のような世界は、白黒の深みもあいまって、何度観ても飽きない。 オリヴィエの「ハムレット」でも申しましたが、白黒の持つ奥深さや寒々しさは、特に古典シェイクスピアの悲劇戯曲にはふさわしく、この映画も、忘れられないようなマクベス世界の暗闇感を残してくれます。だからと言って、もちろん白黒以外は認めないとは申しません。 何度かご覧になった方はお感じになるかもしれませんが、本作で、目立ち方から言っても、本当の主役はマクベス夫人の山田五十鈴さんです。登場時間は三船さんの半分くらいだと思いますが、要所要所が素晴らしく、抑え目でかつ的確、悪人でありながら非常に強い意志を秘め、物語を牽引しています。 この映画に唯一つ難点を申せば、忠義や誠を重んじる日本人の武士が、こうもあっさり己の利益のために悪事に手を染めるかな、とも思いますが、五十鈴さん扮する夫人が、それを正当化してくれてる、と私は思います。
20160403甘楽市小幡さくら祭り_0
甘楽市小幡さくら祭り
4月3日、群馬県甘楽郡甘楽町小幡さくら祭り 私、大勢のお客様の前で最後に演じたのは、平成20年6月、今から約8年前も前のこと。 もちろんその間、中国武術をつづけ、大会や舞台などで演じてきたのが奏功したと思いますが、とにかく久しぶりでした。 自分をうまく活かしてくださった共演者の皆様。とくに相手役をなさった大森さんには感謝の言葉のみです。 桜真っ盛りの中、大勢の皆様と共に、 忘れがたい時間になりました。 (左から、大森さん、武藤さん、藤森さん、私、小仁所さん)

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!