キム・ナムジュ(Kim NamJu)

2011年9月30日


緩急自在で、頼もしい
今や中堅女優の代表格


名前
キム・ナムジュ(Kim NamJu)
おすすめ作
Works
■映画
あいつの声 (2007)
アイラブユー (2001)
■TVドラマ
逆転の女王 (2010 MBC)
僕の妻はスーパーウーマン(2009 MBC)
彼女の家 (2001 MBC)
ワンチョ -伝説の英雄- (1999 MBC)
勝負師 (1998 SBS)
私の心を奪って (1998 SBS)
モデル (1997 SBS)
英雄日記 (1994 SBS)
1992年のビューティーコンテストから1994年SBS公採タレント入社。
韓国ではファッションアイコンとして都会的な装い、ヘアースタイルで流行を牽引した。
ドラマ「モデル」はベトナムでも人気を博し、ベトナム女性たちが一番似てみたい女優に選ばれたこともある。2005年4月、俳優キム・スンウと結婚。二人のお子様がいらっしゃいます。2008年に復帰、いまや確かな実力持つ中堅女優の代表格。2010年、「逆転の女王」でMBC演技大賞(最高俳優)に輝いた。

おすすめ記事
イ・ボヨン、チェ・ジウ、キム・ナムジュ、「若いおばさん」バトル!
写真
おまかせソウル

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ユジン(Eu Gene)
ご結婚が決まり、7月に挙式だそうです。 おめでとうございます! 韓国のSPEEDなんて言われた女性3人のアイドルユニットS.E.S.。 男性中心であった当時の芸能界で、現在のK-POPブームの礎を築いた。1997年デビュー当時16歳で、妖精のごとく。 「Loving You」から女優業を中心に活躍中。 「デビュー以後、最もたくさん泣いた」という「製パン王キム・タック」では、今までのイメージを覆す悪い女ユギョン役で出演。 彼女の美容哲学は、「全ての女性は美しく、美しさは健康と堂々としたものから現れる」。 参照記事http://travel.innolife.net/innoreport/list.php?ac_id=12&ai_id=8557美は、健康と雄雄しさから 写真はhttp://koreanjoyu.blog118.fc2.com/blog-category-29.html韓国女優注目トピックより
キム・スンス(Kim SeungSoo)
私の母の一押し俳優キム・スンス 優しげな紳士役と鬼気迫る悪役 善悪どちらもOKの優しげな貴公子は幅広い演技力を持つ体育学を専攻したスポーツマン。デビュー時から優しい紳士的な男性役が似合う俳優で、2003年のドラマ「百万本のバラ」で、自由気ままな青年を演じ、 KBSの優秀演技賞を受賞している。 そして大作ドラマ「朱蒙」で自身初の悪役に挑み、高い評価を得た。 2009年2月初来日。 どんな厳しい悪を演じても誠実な一面を垣間見せるのはさすが。 韓国では「今日のごとくあれ」が11月より開始。キム・ガプスと共演。 歴史劇「広開土大王」が5月より放送中。イ・テゴンと共演。 写真はhttp://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/CU/content/cms_view_769373.jspより
コ・ヒョンジョン(Go Hyeonjeong)
人気絶頂時に引退、10年を経て復帰し、第一線で活躍 ご存知「善徳女王」でのミシルさん。 ミシル役で2009年MBC大賞(最優秀俳優)。翌年は「レディプレジデント~大物」でSBS大賞と2年連続のベスト俳優です。凄い! 09年名品イメージ女性1位(2位はイ・ヨンエ)に選ばれる など、ファッションリーダーとしても一流である彼女。 韓国ドラマ史上3位の視聴率を記録した「砂時計」のヒロインとして人気を獲得したさなか、財閥との結婚で引退。 その後8年の歳月が流れる。 2003年11月に離婚を発表。周囲の心配をよそに「春の日」で見事復帰した。 清純なイメージを見事振り払い、スター女優として活躍中。 写真はhttp://ameblo.jp/binyuming/entry-10416394776.html名品イメージ芸能人より
チョン・グァンリョル(Jeon Kwang-ryul)
最新作はドラマ「サイン」で、 韓国で3月に終わったばかりです。 「張禧嬪」や「朱蒙」など、やり方によっては目立たず 忘れられてしまう微妙な役どころであるのに、大変魅力的であり、 ともすると主役がかすんでしまうほどの存在感と説得力を放つ。 それぞれの場面に確かな芯を通す素晴らしい俳優。これでも「ホジュン」で主役に抜擢されるまでは、苦労していた遅咲き。 奥様はスタイリストのパク・スジンさんで、「太陽を飲み込め」で着ていた見事なスーツは彼女の作品。 「製パン王キム・タック」(2010)にも出演していて、 白血病の子供を撮影現場に招待した、なんていうエピソードもあります。 参考記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=118701 写真はhttp://kyuha.blog110.fc2.com/blog-category-80.htmlの方のブログより
イ・ボヨン(Lee Bo-young)
韓国では7月16日より、「愛情万々歳」が放送開始。 「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来 この方にはいつも注目しています。 2000年ミスコリアテジョン・チュンナムで選出され、 2003年ドラマ「NO春香vs非夢龍」で注目を集めた。 長い黒髪と古典的雰囲気のある顔立ちが特徴。 「ラストダンスは私と一緒に」で恋敵役を好演。 「薯童謡」でのソンファ姫役でトップスターになる。 「ゲームの女王」「ミスターグッドバイ」「セレブの誕生」と、 ひとくせある役どころも鮮やかにこなす。 信念を持つ行動的な女性がぴたりとはまる女優。 英語と日本語が堪能だとか。 写真はhttp://yae51.blog112.fc2.com/blog-entry-190.htmlまりもーさんのラベル部屋より

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!