羊と鋼の森

2018年6月27日


印象的な場面やセリフがたーっくさんありました。

芸術や職人の世界を描きつつも、
人の生き様や人間模様、想いを描いていて、
とても良い作品です!

おすすめポイントを申します。
犬を飼っている青年のピアノを直す場面。
最小限の台詞で、過去と現在を走馬灯のように描き、
とにかく素晴らしいです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

DQ_ユアストーリー
 自分が二十歳前後の頃、今から20年以上前なのですが(!)、 慣れ親しんだ「ドラゴンクエストⅤ」を描いた作品で、 ものすごく懐かしかったです。 また内容も良かったです。アニメ技術は勿論のこと、筋書きも、しっかり描くところは描き、大きな時間軸の部分は流れるように美しい、絵画のつなぎ方をしています。  特に、作品の鍵になる二人の女性、ビアンカとフローラがしっかり描かれていて、 ゲームでも実に悩ましかった「伴侶選び」の様子を丁寧に綴っています。 表情の描き方が実に繊細で可愛くて、 これぞ現代アニメ!と思わせる見事さです。
蜘蛛巣城(1957 日本)
こんな良い日に、こんな悪い日は見たためしがない 西洋のお話が展開するのは、この上なき和の世界! 反喩が効く印象的な台詞が、美しい日本語に乗る 三船敏郎もぴったりですが、夫人役の山田五十鈴が至極。 さて、オリヴィエの後は、我らが黒澤明による作品。 本作は、言うまでもなく「マクベス」の映画化。 私は、日本が持つ独特の美意識と、シェイクスピアの世界は、とても相性が良い、と感じました。 騎馬で荒野を駆け迷う武士、夫人の立ち振る舞い、森の中で蚕の糸を紡ぐ老人、刺さる矢、などなど、本来スコットランドの大地で展開する物語が、日本という土地で見事に体現され、展開されます。 本作はまさに「見るシェイクスピア」!。美しい日本語台詞と共に、能を取り入れた流麗な動き、陰影で織り成す水墨画のような世界は、白黒の深みもあいまって、何度観ても飽きない。 オリヴィエの「ハムレット」でも申しましたが、白黒の持つ奥深さや寒々しさは、特に古典シェイクスピアの悲劇戯曲にはふさわしく、この映画も、忘れられないようなマクベス世界の暗闇感を残してくれます。だからと言って、もちろん白黒以外は認めないとは申しません。 何度かご覧になった方はお感じになるかもしれませんが、本作で、目立ち方から言っても、本当の主役はマクベス夫人の山田五十鈴さんです。登場時間は三船さんの半分くらいだと思いますが、要所要所が素晴らしく、抑え目でかつ的確、悪人でありながら非常に強い意志を秘め、物語を牽引しています。 この映画に唯一つ難点を申せば、忠義や誠を重んじる日本人の武士が、こうもあっさり己の利益のために悪事に手を染めるかな、とも思いますが、五十鈴さん扮する夫人が、それを正当化してくれてる、と私は思います。
いじめと活劇が見事に共存、ミスミソウ
痛い内容でしたが、結構心に残る作品でした! 中心が女子たちであるのも、大きいと思います。とにかく美しい。 舞台が雪深い土地のため、その美しさをさらに引き立てています。 Youtube 「ミスミソウ」予告映像
俳優陣が弾けまくる、ミックス。
これ、主演のガッキーさん、瑛太くんも勿論良いのですが、 脇役の方々がもの凄く良くて、吉田鋼太郎さん、田中美佐子さん、新藤憲一さん、広末さん、 若手の皆さんもぶっとんでいて、永野芽依さんの憎まれっぷり、蒼井優さんのパワフルさには凄みも感じました。 子供時代の母のしごきとか、ちょっとリアルさに欠ける部分もあるけど、元気になれる良い内容だと思います! 「ミックス。」予告映像
トリガール!
面白かった!・・ですけど、ん~、なんかちょっとやりすぎな感じもあり、 途中、集中を切らさずについてゆくのが、大変でした。理系男子の皆さんの描き方がちょっと・・ 後半の、いよいよ飛行する、ってところからの数十分間は演者の皆さんも素晴らしく、 スピード感と、テンポの良いコミカルさと、とにかく面白くて、釘付けになり、うなりました! 土屋太鳳ちゃんの演技は突き抜けた素晴らしさだし、相手役の間宮くんも頑張っている。 監督の英勉さんも、2年前の「ヒロイン失格」での仕事ぶりが素晴らしかったので、今後も頑張ってほしいかたです。

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!