、羊と鋼の森

2018年6月27日


印象的な場面やセリフがたーっくさんありました。

芸術や職人の世界を描きつつも、
人の生き様や人間模様、想いを描いていて、
とても良い作品です!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

命は選別されている。、三度目の殺人
「関ヶ原」に続いて、またもや役所さんに驚きました。素晴らしい! 最後まですずちゃんを守ろうとする姿に、いや実は本人の意思は別にあるかもしれないけれど、そこもなんか本当っぽくて、心震えました。 三度目の殺人、とありますが、三度目の対象が誰なのか、物語最後あたりでやんわり気づけるかも、という奥深い作品です。
韓国ドラマ時代劇について「朱蒙」「薯童謡」
2011年5月現在、BS11で月~金13:00から放送中の 「朱蒙」 莫大な制作費を投入し作られ、韓国では2006年に放送された歴史ドラマです。 どちらかというとそれまで(チャングムあたりまで)は 王室は絶対な存在で、その内幕を描いたものが多かった、気がするのですが、 この朱蒙は外に向かってゆく躍動感があり、民衆目線もふんだんにあり、斬新で、韓国時代劇の流れを変える画期的な作品に感じます。 前年の「薯童謡」も、敵国どうしの男女の恋を描き、王が民(たみ)目線から国を作り上げてゆくという脚本は画期的と言われます。(薯童謡についてはReviewにて改めて詳しく) この2作はそういう意味でも傑作だと思います。 今後、気になる韓国ドラマをReviewのところにて。
母にやっと会えた、はらはらなのか。
最終日に、渋谷アップリンクで観てまいりました。 上映後にトークショーがあり、そのあとサイン会もあったので、酒井麻依監督にサインを頂きました。 こちらの話をしっかり聞いてくださる、良い方でしたよ! お若いのに、頑張っていらっしゃる監督さんです。 亡き母の影を追い、演劇で頑張る少女の話。小品なのに驚くほどよくて。色彩も豊かで、映像も綺麗でした。 翌々日が母の日だったので、自分も、面倒を我慢して、母にメールしてみたり。 「はらはらなのか。」予告映像
新しき光成と家康、関ヶ原
とにかく僕は、この作品で役所さんを見る目が変わりました。 これぞ俳優、これぞ演技!、この作りこみ!
いじめと活劇が見事に共存、ミスミソウ
痛い内容でしたが、結構心に残る作品でした! 中心が女子たちであるのも、大きいと思います。とにかく美しい。 舞台が雪深い土地のため、その美しさをさらに引き立てています。 Youtube 「ミスミソウ」予告映像

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!