羊と鋼の森

2018年6月27日


印象的な場面やセリフがたーっくさんありました。

芸術や職人の世界を描きつつも、
人の生き様や人間模様、想いを描いていて、
とても良い作品です!

おすすめポイントを申します。
犬を飼っている青年のピアノを直す場面。
最小限の台詞で、過去と現在を走馬灯のように描き、
とにかく素晴らしいです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

DQ_ユアストーリー
 自分が二十歳前後の頃、今から20年以上前なのですが(!)、 慣れ親しんだ「ドラゴンクエストⅤ」を描いた作品で、 ものすごく懐かしかったです。 また内容も良かったです。アニメ技術は勿論のこと、筋書きも、しっかり描くところは描き、大きな時間軸の部分は流れるように美しい、絵画のつなぎ方をしています。  特に、作品の鍵になる二人の女性、ビアンカとフローラがしっかり描かれていて、 ゲームでも実に悩ましかった「伴侶選び」の様子を丁寧に綴っています。 表情の描き方が実に繊細で可愛くて、 これぞ現代アニメ!と思わせる見事さです。
蜘蛛巣城(1957 日本)
こんな良い日に、こんな悪い日は見たためしがない 西洋のお話が展開するのは、この上なき和の世界! 反喩が効く印象的な台詞が、美しい日本語に乗る 三船敏郎もぴったりですが、夫人役の山田五十鈴が至極。 さて、オリヴィエの後は、我らが黒澤明による作品。 本作は、言うまでもなく「マクベス」の映画化。 私は、日本が持つ独特の美意識と、シェイクスピアの世界は、とても相性が良い、と感じました。 騎馬で荒野を駆け迷う武士、夫人の立ち振る舞い、森の中で蚕の糸を紡ぐ老人、刺さる矢、などなど、本来スコットランドの大地で展開する物語が、日本という土地で見事に体現され、展開されます。 本作はまさに「見るシェイクスピア」!。美しい日本語台詞と共に、能を取り入れた流麗な動き、陰影で織り成す水墨画のような世界は、白黒の深みもあいまって、何度観ても飽きない。 オリヴィエの「ハムレット」でも申しましたが、白黒の持つ奥深さや寒々しさは、特に古典シェイクスピアの悲劇戯曲にはふさわしく、この映画も、忘れられないようなマクベス世界の暗闇感を残してくれます。だからと言って、もちろん白黒以外は認めないとは申しません。 何度かご覧になった方はお感じになるかもしれませんが、本作で、目立ち方から言っても、本当の主役はマクベス夫人の山田五十鈴さんです。登場時間は三船さんの半分くらいだと思いますが、要所要所が素晴らしく、抑え目でかつ的確、悪人でありながら非常に強い意志を秘め、物語を牽引しています。 この映画に唯一つ難点を申せば、忠義や誠を重んじる日本人の武士が、こうもあっさり己の利益のために悪事に手を染めるかな、とも思いますが、五十鈴さん扮する夫人が、それを正当化してくれてる、と私は思います。
いじめと活劇が見事に共存、ミスミソウ
痛い内容でしたが、結構心に残る作品でした! 中心が女子たちであるのも、大きいと思います。とにかく美しい。 舞台が雪深い土地のため、その美しさをさらに引き立てています。 Youtube 「ミスミソウ」予告映像
3D彼女、再放送☆
 9月30日と、本日10月8日に、「3D彼女」がWOWOWで再放送されました。 久々に観ましたけれど、やっぱり良い作品です。 何度も観ているのですけど、いつもダレることなく一気に観終えられます。 英監督の映画は、観ている者をぐぐっと引き込む力がありますね。 テンポが良くて、そして内容も良くて。 改めて気付いたことをいくつか。 音の使い方が上手だなあと思いました。 バックハグ、カベドン、アゴクイ、の3連続場面とか、 いろはちゃんがつっつんの部屋に侵入する直前の 湯飲みをマトリクスの如くかわすシーンとか 何気ない声や音が計算されて入れられているのが判ります。 そして撮影大変だったろうな、と毎回思う場面がいくつかあります。 いろはちゃんからちゅーされて階段を後ろ向きに転げ落ちる場面、 清水尋也くんに拳をもらい机ごしにこれまた後ろ向きに一回転する場面、 この二つ、見ていても結構危険なスタントで、撮る側も細心の注意を払ったと思います。 おそらく佐野勇斗くん本人ではないと思いますが、本人だったら凄い。 でも危険だから事務所がやらせないでしょうね。 あと、最後の場面でハロウィンダンスを踊る群衆の中で、 いろはとつっつんのやり取りがあるのですが、この数分間、周りはストップモーション! 静止画を使っていません。これ、ダンサーの皆さんきつかったんじゃないかな。 でも皆さんの頑張りで最高の盛り上がりのフィナーレとなっています。 あやみちゃんに関して、 来月11月13日に、いよいよ水上のフライトが公開されますね。 当初は6月予定で、オリンピック直前の公開を狙っていたわけですけど、 五輪は来年になり、この映画も延期になっていて、ようやくですね。 来年の五輪への期待も膨らませつつ、楽しみです!
今年楽しみにしている二つの映画
今年、公開を楽しみにしている作品が二つあります。  一つは広瀬すずさん主演の「一度死んでみた」。  もう一つは、我らが中条あやみちゃん主演の「水上のフライト」。  このチアダンコンビ二人の活躍、今後も断然注目いたします!

コメントは受け付けていません。


デスクトップバージョン | モバイルバージョンにスイッチ

プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!