女子みなさんのパワーで、少女邂逅

2018年7月1日


観てきました!

蚕(かいこ)の繭(まゆ)がキーポイントの映像世界ですね。

舞台挨拶も二度ほど拝見しました。
監督さんやキャストのみなさんによると、
観た方から、岩井俊二監督の「リリィシュシュ」を思い出す、というご意見も多く聞かれるそうですよ。

ちなみに、新聞(産経です)の紹介記事で、星五つ(最高評価)がついていました。
こういう評価は観る人によって違ってくると思いますが、
実際に観てみて・・、
なるほど、奥深い芸術性のあると申しますか、
女子の世界の厳しさも垣間見えるというか、
女子みなさんのパワーを感じる、
納得です。

「少女邂逅」予告映像

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ヒロイン失格
これぞまさに女子!、ヒロイン失格
「ヒロイン失格」を観てまいりました。 これぞまさに女子!の世界ですけど、いやー面白かったです。桐谷さんの、お人形さんのような美人イメージも、良い意味で見事に壊れました。この人はきっと良い女優さんになります。 客層は、9割が女子、そのうち半分くらいがティーン(10代)でした。 ・Youtube 「ヒロイン失格」予告映像
私も魔法が使えたら、3D彼女
「ヒロイン失格」や「トリガール!」でも素晴らしかった英勉監督は、個々のキャラを立たせる手腕に秀でた人だと思います! 後半になってきて、「半年」の持つ意味がここまで活きてくるとは、素晴らしい。 美人とサブカルオタク、という設定で、奇をてらって突っ走る内容かと思いきや、 身分違いの恋、という内容に落とし込んでくるところが、凄く好きです。 中条あやみちゃんについては、チアダン以来応援してます、頑張れ~! ・Youtube 「3D彼女」予告映像
繕い裁つ人
着る人に寄り添う服を。繕い裁つ人
「繕い裁つ人」 着る人の気持ちに寄り添う服を作る、 一生き続けられる服を作る、夢見る服を。 繕う中で、その人の成長も老いも含めて、体の変化を感じ取りながら。 こういった職人魂、世界共通でいらっしゃいますが、特に日本の匠のみなさんってそうだよな、と思いました。 頑固じじいのよう、と評される、中谷さん扮する市江さん。 貴婦人のように、品があり、優雅ながら、繕い以外ではドジで、お茶っぱをひっくり返したりする。 チーズケーキにかぶりつき幸せそうに頬張る中谷さんを見て、何だか和みました~。 写真は、本作を観た、名古屋で通好みの映画館のひとつ、伏見ミリオン座です。朝一回目は、上映前にコーヒーが無料で飲めるのです、うれしい! 「繕い裁つ人」予告映像、シネマトゥデイより
いじめと活劇が見事に共存、ミスミソウ
痛い内容でしたが、結構心に残る作品でした! 中心が女子たちであるのも、大きいと思います。とにかく美しい。 舞台が雪深い土地のため、その美しさをさらに引き立てています。 Youtube 「ミスミソウ」予告映像
夜空はいつでも最高密度の青色だ
タイトル通り、密度の高い青、だけでなく闇の黒や、煌々と光る赤や黄。 映像に深みがあり、音楽もいい感じ。 人物の作り込みも良く練られてます。 池松くんの演技は斬新だし、中年男の切なさ全開の田中哲司さんがいいね。 身近な、日常よくある話満載で、よかったですよ~。 ・「夜空はいつでも最高密度の青色だ」予告映像 ・街頭でライブする人「Tokyo Sky」”がーんばーれー”

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!