CreedⅡ炎の宿敵

2019年1月31日


ネタばれしないよう申したいのですが、
僕は、最終盤、お母さんが帰ったことにドラゴ父子共々気づいて、それでもヴィクターが立ち上がる場面
(ネタばれギリギリ、すみません)、
そしてそのあとの結末(ここは言いません)、この流れが物凄くツボでした。こういう終わり方とは・・。
僕は十分納得です。30年を経た物語、とても良かった!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

殿、利息でござる!
殿、利息でござる!
題名から想像も出来ぬほど、良い内容でした。 このお話で立ち上がったのは百姓の皆さんですが、 人のため義のために身命を賭す武士と、志はなんら変わりませぬ。 己のことより宿場のこと。人のためになれ。政治家は保身に走ってはダメ、絶対。 最後に流れる曲が清志郎さん、これがまた良くて! 「殿、利息でござる!」予告映像 忌野清志郎 上を向いて歩こう
投稿が消えてしまいました・・
2015年6月頃、当サイトの投稿が、見た目、すべて消えてしましました。   データは残っているようなのですけど、みため、見えなくなりました。 再構築する知識も自分にはございません。 何が起こったのか・・・ すみません、回復するまで、お待ちいただきたい。 それまでは、新規投稿のみを、表示しいたします! とりあえず、そんな形で継続いたしたく・・
韓国ドラマ時代劇について「朱蒙」「薯童謡」
2011年5月現在、BS11で月~金13:00から放送中の 「朱蒙」 莫大な制作費を投入し作られ、韓国では2006年に放送された歴史ドラマです。 どちらかというとそれまで(チャングムあたりまで)は 王室は絶対な存在で、その内幕を描いたものが多かった、気がするのですが、 この朱蒙は外に向かってゆく躍動感があり、民衆目線もふんだんにあり、斬新で、韓国時代劇の流れを変える画期的な作品に感じます。 前年の「薯童謡」も、敵国どうしの男女の恋を描き、王が民(たみ)目線から国を作り上げてゆくという脚本は画期的と言われます。(薯童謡についてはReviewにて改めて詳しく) この2作はそういう意味でも傑作だと思います。 今後、気になる韓国ドラマをReviewのところにて。
アイアムアヒーロー
本当に「ヒーロー」になれるか?、アイアムアヒーロー
恐怖やむごさをことさら強調するホラー映画は、僕はあまり得意ではありませんが、こういう映画なら全然大丈夫。 慈悲も容赦もない敵の群れに立ち向かう点では、僕も好きな「ロードオブザリング」の世界と違いません。例え時代劇であっても、ファンタジーでも、ホラーでも、闘いとはさもありなん。 . 家族や友人がゾキュンに、という悲哀もきちんと描かれています。特に、徳井優さん演じるアベさんの存在が大切。 . 終盤、ファイナルファンタジーの魔導少女のように有村さんが覚醒して活躍するのかと思いきや・・、いえ、最後まで芯(主役)は大泉さんですよ~。 男子は少々ダメなくらいでちょうどよい。立ち向かえ! . 英雄くんが本当に「ヒーロー」になる瞬間、どうぞ観てあげてください。 この話の間、行政はいったい何をしていたんだ?、と一瞬思うけど、それは言わずに・・。(^^) . ・Youtube 「アイアムアヒーロー」予告映像
二つの主題がこうして、いとみち
この作品の大きな2つの主題が、三味線とメイドカフェ、だと理解して、いざ劇場へ。こんな形で2テーマをつなげるとは、と感激。 ・・、もう、本当に良い映画でした。 終盤のライブへの流れは、見事です!

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!