ハン・ジミン(Han JiMin)

2011年6月29日


澄んだ大きな瞳と
健気な愛らしさが素敵


名前
ハン・ジミン(Han JiMin)
Profile
生年月日:1982年11月5日
身長:160cm
体重:44kg
血液型: B
おすすめ作
復活 DVD-BOX 1
Works
■映画
朝鮮名探偵 (2011)
解剖学教室 (2007)
青燕 (2005)
■TVドラマ
カインとアベル (2009 SBS)
イ・サン (2007 MBC)
京城スキャンダル (2007 KBS)
無敵の新入社員 (2006 SBS)
偉大な遺産 (2006 KBS)
復活 (2005 KBS)
宮廷女官チャングムの誓い (2003 MBC)
オールイン (2003 SBS)(ソン・ヘギョの少女時代の役)
ナイスガイ (2003 MBC)
韓国で1月に映画「朝鮮の名探偵」が公開、キム・ミョンミンと共演。
日本での公開は未定のようです。

身長160cm弱。170cm以上の長身女優が多くいる韓国芸能界においてとても小柄。しかし健気で愛らしい存在感、力のある澄んだ大きな瞳は、凛とした演技力とあいまって、物語の局面局面で観る者の心を掴んで放さない。とある記事によれば、「幼い頃からたっぷりと家庭の愛情を受け育ってきたことがうかがえる、愛らしさ」。「オールイン」で同い歳のソン・ヘギョの子供時代を演じたのも今や懐かしい話。
「カインとアベル」の後、準備中だったドラマと映画の制作が白紙となったため、1年半の長い休みとなっていたが、ようやく映画「朝鮮の名探偵」が公開され、興行も大成功。

参照記事
予想外の空白期
写真
こちらのブログより

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

タグ:

関連記事

ハン・ヘジン(Han HyeJin)
韓国で「茨の鳥」が5月始めに無事終了。 デビュー作は韓日合作ドラマ「フレンズ」。 新人の頃から演技力で定評があり、悪役ぶりが評判。 演技の授業を高校時代から受けており、映画武術も学んでいたので、アクションもそつなくこなせる。趣味がヌンチャク! 明朗かつ頼もしい雰囲気が持ち味。 イノライフの記事によれば「長男の嫁のような」 「1%の奇跡」で注目され「あなたは星」「がんばれクムスン」で演技賞を獲得、大作「朱蒙」のヒロインに。 敬虔なクリスチャンとしても知られる。 ご本人いわく、時代劇の台詞が少し苦手とのこと。 時代劇の台詞まわしが難しいのは、どの国でも同じようですね。 参照記事http://contents.innolife.net/listt.php?ai_id=1909イノライフ 写真は「韓国StarNews」より
ハン・ゴウン(Han GoEun)
すらりとした体型の米国育ち 穏やかで懐深い独特の魅力 韓国では11月より「私も、花」が放送開始予定 13歳のとき両親とともにアメリカに移住し、大学で衣装デザインを専攻した。20歳のときモデル大会出場のため一時帰国。 22歳の時CF監督の目にとまりKFCのコマーシャルでデビューする。その後CFクィーンと呼ばれるほど多くのCMに起用された。 最初の演技は短編ドラマでのCFモデル役、以降「ハッピートゥギャザー」「京城スキャンダル」などでその懐の深い魅力を存分に発揮している。 写真はhttp://www.kntv.co.jp/news/?p=9559KNTV芸能ニュースより
キョン・ミリ(Gyeon Mi-ri)
’84年にMBC公開採用17期としてデビュー。 「大長今(チャングムの誓い)」「朱蒙」と大作での悪役ぶりが見事だったため、そのイメージが浸透してしまったが、本来は「イ・サン」で演じているような誠実な女性役がぴったり。 現場ではとても面倒見がよく、もう一度共演したい女優として頻繁に名があがるほど、俳優仲間からも非常に尊敬される人。 ご両親が岐阜県大垣市住まいとのこと。来日時に牛丼を食べて大好きになったらしい。 近年は夫と力を合わせた苦労が実り、株式での成功も収めた。 参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0628/10085651.html株式投資に成功 http://yaplog.jp/o-momo/archive/322大桃美代子さんのブログ
コ・ヒョンジョン(Go Hyeonjeong)
人気絶頂時に引退、10年を経て復帰し、第一線で活躍 ご存知「善徳女王」でのミシルさん。 ミシル役で2009年MBC大賞(最優秀俳優)。翌年は「レディプレジデント~大物」でSBS大賞と2年連続のベスト俳優です。凄い! 09年名品イメージ女性1位(2位はイ・ヨンエ)に選ばれる など、ファッションリーダーとしても一流である彼女。 韓国ドラマ史上3位の視聴率を記録した「砂時計」のヒロインとして人気を獲得したさなか、財閥との結婚で引退。 その後8年の歳月が流れる。 2003年11月に離婚を発表。周囲の心配をよそに「春の日」で見事復帰した。 清純なイメージを見事振り払い、スター女優として活躍中。 写真はhttp://ameblo.jp/binyuming/entry-10416394776.html名品イメージ芸能人より
キム・スンス(Kim SeungSoo)
私の母の一押し俳優キム・スンス 優しげな紳士役と鬼気迫る悪役 善悪どちらもOKの優しげな貴公子は幅広い演技力を持つ体育学を専攻したスポーツマン。デビュー時から優しい紳士的な男性役が似合う俳優で、2003年のドラマ「百万本のバラ」で、自由気ままな青年を演じ、 KBSの優秀演技賞を受賞している。 そして大作ドラマ「朱蒙」で自身初の悪役に挑み、高い評価を得た。 2009年2月初来日。 どんな厳しい悪を演じても誠実な一面を垣間見せるのはさすが。 韓国では「今日のごとくあれ」が11月より開始。キム・ガプスと共演。 歴史劇「広開土大王」が5月より放送中。イ・テゴンと共演。 写真はhttp://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/CU/content/cms_view_769373.jspより

コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!