‘韓国俳優’ タグのついている投稿

2011年9月30日 金曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

1992年のビューティーコンテストから1994年SBS公採タレント入社。
韓国ではファッションアイコンとして都会的な装い、ヘアースタイルで流行を牽引した。
ドラマ「モデル」はベトナムでも人気を博し、ベトナム女性たちが一番似てみたい女優に選ばれたこともある。2005年4月、俳優キム・スンウと結婚。二人のお子様がいらっしゃいます。

2008年に復帰、いまや確かな実力持つ中堅女優の代表格。2010年、「逆転の女王」でMBC演技大賞(最高俳優)に輝いた。

おすすめ記事イ・ボヨン、チェ・ジウ、キム・ナムジュ、「若いおばさん」バトル!
写真はhttp://blogs.yahoo.co.jp/omakaseseoul/14495828.htmlおまかせソウルより

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年8月2日 火曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

7月20日より韓国にて「姫の男」が始まりました。

皆さん(私も)大好きな重鎮俳優さん。「ホジュン」「商道」「イ・サン」「善徳女王」など、出演作は数知れず。韓国では「カールじいさんと空飛ぶ家」のフレドリクセンの吹替も担当。
趣味がクラリネットで「ベートーベン・ウィルス」出演時に披露している。

80年代から政治と関わり、90年代初頭には国会議員も経験。
後輩の育成にも尽力しており、放送業界の殿堂入りも果たしているほどの大人物。
これほどの人なのに芝居の中では飾らず、楽しんで演じている素敵なベテラン!

参照記事http://navicon.jp/news/8471/>自殺行為に骨ある一言
写真http://matome.naver.jp/odai/2126466921288880601>こちらのサイトより

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年8月2日 火曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

’84年にMBC公開採用17期としてデビュー。
「大長今(チャングムの誓い)」「朱蒙」と大作での悪役ぶりが見事だったため、そのイメージが浸透してしまったが、本来は「イ・サン」で演じているような誠実な女性役がぴったり。

現場ではとても面倒見がよく、もう一度共演したい女優として頻繁に名があがるほど、俳優仲間からも非常に尊敬される人。
ご両親が岐阜県大垣市住まいとのこと。来日時に牛丼を食べて大好きになったらしい。
近年は夫と力を合わせた苦労が実り、株式での成功も収めた。

参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0628/10085651.html株式投資に成功
http://yaplog.jp/o-momo/archive/322大桃美代子さんのブログ

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年6月29日 水曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

すらりとした体型の米国育ち
穏やかで懐深い独特の魅力

韓国では11月より「私も、花」が放送開始予定

13歳のとき両親とともにアメリカに移住し、大学で衣装デザインを専攻した。20歳のときモデル大会出場のため一時帰国。

22歳の時CF監督の目にとまりKFCのコマーシャルでデビューする。その後CFクィーンと呼ばれるほど多くのCMに起用された。

最初の演技は短編ドラマでのCFモデル役、以降「ハッピートゥギャザー」「京城スキャンダル」などでその懐の深い魅力を存分に発揮している。

写真はhttp://www.kntv.co.jp/news/?p=9559KNTV芸能ニュースより

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年6月29日 水曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

韓国で1月に映画「朝鮮の名探偵」が公開、キム・ミョンミンと共演。
日本での公開は未定のようです。

身長160cm弱。170cm以上の長身女優が多くいる韓国芸能界においてとても小柄。しかし健気で愛らしい存在感、力のある澄んだ大きな瞳は、凛とした演技力とあいまって、物語の局面局面で観る者の心を掴んで放さない。
とある記事によれば、「幼い頃からたっぷりと家庭の愛情を受け育ってきたことがうかがえる、愛らしさ」。「オールイン」で同い歳のソン・ヘギョの子供時代を演じたのも今や懐かしい話。

「カインとアベル」の後、準備中だったドラマと映画の制作が白紙となったため、1年半の長い休みとなっていたが、ようやく映画「朝鮮の名探偵」が公開され、興行も大成功。

参照記事http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0120/10079289.html予想外の空白期
写真http://blogs.yahoo.co.jp/almdaunsanullim/32975108.html>こちらのブログより

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年6月7日 火曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

父親役といえばこの人
最近は映画の出演も活発

1989年「ワンルン一家」で国民的俳優と認知される。その続編
である「ワンルンの大地」(2000)をはじめ、数多くの作品に出演。
父親役といえばこの人、というほど。最近は映画の出演が
活発で、「執行者」(2009)では死刑執行現場の痛み苦しみを
観る側に感じさせる名演。以下、過去のインタビューからの抜粋。
「30余年多くの役割を演じたが、今後もずっと率直な演技を、
人生の真正性と感動がにじみ出る、そんな姿をお見せしたい」

参照記事はこちら「執行者」(韓国語)。 2006年のインタビュー記事(韓国語)

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年6月2日 木曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

韓国では5月より「私に嘘をついてみて」放送中。

端役から確実に一歩ずつ
なんとミュージカル出身

大学でグラフィックデザインを専攻し、兵役を終えた後、
舞台「ロッキーホラーショー」を皮切りに、なんとミュージカル中心にキャリアをスタートしている。
ほんの少しの出番の「夏の香り」(2003)より少しずつTVにも進出、端役から確実に一段一段登ってゆく。やはり脇に徹していた「ラストダンスは私と一緒に」と同じ医者の役で遂に「がんばれ!クムスン」(2005)での大活躍へ。日本にも舞台公演などで何度も来日していておなじみ。

写真はこちらのファンサイトよりhttp://kanjifan.seesaa.net/category/3261959-1.html

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年5月30日 月曜日

2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5, 評価済)

優しいロマンチストから
厳しい役まで、安定した演技力

優しいイメージの男性役が似合い、ソフトで深みのある印象的な声。多彩な作品に出演するイ・ソンギュンは実は下積みが長い。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからドラマ「白い巨塔」に出演したあたりからである。そんな経歴からか、作品が良ければ、端役でもOKとか。
今や、最高のロマンチストにぴったりの俳優。しかし、ひとつのイメージにこだわらない彼は、常に多彩な役どころを選ぶ。

「パスタ」では驚くほど意地悪な役。この変身ぶり!いやはや、役者ですね。
写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年5月28日 土曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

韓国では「最高の愛」が6月に無事終了。

個性的で独特な持ち味で、等身大な女性の姿を体現できる女優さんのひとり。周囲の人たちからは、裏表がないさっぱりとした性格で、とても気さくな性格、とのこと。

学生時代をオーストラリアで過ごし、その経験が演技にも現れているような感じを受けます。大胆さと繊細さ。

今泣いた烏がもう笑った、みたいなさっぱりしたものがありつつ、凛とした芯の強さもしっかり感じさせる方。本当に面白い!私は「パスタ」を観てファンになりました。
環境問題に関するエッセイを発表し、話題を集めたこともある。

参照記事http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=124518環境エッセイ集「空冊」
写真はhttp://blog.goo.ne.jp/ymaskeパスタ壁紙より

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。

2011年5月26日 木曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

韓国で10月より、時代劇「根深い木」が放送開始。

武術家の一面も持つ
挑戦意欲の高い俳優

2000年にドラマ「ワンルンの大地」に出演以来、ハイペースで映画、
ドラマ、MVなどに出演し人気上昇のさなか、2004年に入隊、一時
業界から離れる。韓国の男性芸能人なら誰もが通る試練の時期だ。
彼は兵役後の復帰に最も成功した芸能人と言われ、
MBCのドラマ「ありがとうございます」の好演で高い評価を受けた。
作品を選ぶ基準は、俳優として挑戦意識を持てる作品。
独特の、ゆっくりとした多少のろい喋り方も愛嬌がある。
日頃よりジークンドーも学んでいるので、殺陣の場面の動きは一級品。

参照記事http://contents.innolife.net/listc.php?ai_id=1088まだ現在進行形
写真はhttp://komasumida-janghyuck.blog.so-net.ne.jp/2009-10-23ファンの方のブログより

タグ:
カテゴリー: Person | コメントは受け付けていません。


デスクトップバージョン | モバイルバージョンにスイッチ

プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!