‘Review’ カテゴリーのアーカイブ

2011年5月23日 月曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

新羅と百済、敵対する国の相手と恋に落ちて
ドラマティックな逃避行の始まり・・
古代のお話でありながら、自分の意志で決断し
行動するソンファ姫はとても現代的。

1999年の「ホジュン」を皮切りに 「商道」、 「大長今(チャングムの誓い)」とMBCのドラマで素晴らしい演出を手がけてきたヒットメーカーイ・ビョンフンは、2005年にSBSで、百済時代の科学技術を巧みに織り込み、異国新羅の姫と百済の王とのラブロマンスを軸にした壮大なストーリーを描いた。

現在でも安定した活躍をする多数のスター俳優たちが、イ・ビョンフン演出に応えています。チョ・ヒョンジェ(最近兵役から復帰して新作ドラマ「49日」出演)、リュ・ジン(京城スキャンダル、千万回愛してますなど)、ク・ヘソン(王と私、19歳の純情など)。
とりわけ推したいのは、このドラマの核になっていたソンファ姫とモンナス博士です。イ・ボヨンは既に取上げました。イ・チャンフン演ずる博士は、最初から最後までこの物語を引っ張ってくれています。ベテランらしい気配りで、現場でも尊敬を集めていたそうです。

とある記事によれば
~既存の史劇は王の存在を、権力争い、勝利過程で見せてきた。 このドラマでは 「偉くなりたくて」王になろうとするのではなく 「したいことがあって」王になろうとする人物の話、すなわち権力争いの勝利者としての王ではなく 「最高経営者としての王」~

王が民(たみ)目線を持つ流れは、製作陣は違えどこの後の「朱蒙」(2006)や「善徳女王」(2009)などにも通じてゆく気がします。
(イ・チャンフン、Personにて)
参照記事http://contents.innolife.net/listd.php?ai_id=7547最高経営者としての王

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。

2011年5月22日 日曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)

内幕を描くものが多かった韓国時代劇にあって、この朱蒙は
外に向かってゆく躍動感があり、民衆目線もふんだんにあり、
斬新で、韓国時代劇の流れを変える画期的な作品
朱蒙とソソノの、切ない恋とも信頼とも呼べる関係が素敵

敵対する勢力にとらわれ、絶体絶命のソソノ。ここから序盤最高の見せ場へ・・。
これは第32話のことです。この回をご覧になると、ハン・ヘジンの瞬発的な演技力に気付くと思います、なんて言うか凄く、深い。この回から数話の間が大きなターニングポイントで、同時にこの物語のチュモンとソソノの関係性が集約されています。

このドラマの俳優さん素晴らしい方が多いのですが、その中から3人の方をpickup!ソン・イルグクさんは「神と呼ばれた男」が放送される頃に扱うとしてそれ以外の方に焦点を・・

テソを演じたキム・スンス、好青年役が似合う方なのに、ここまで嫌われ役に徹するとは。つらかっただろうなぁ。あっぱれです。
ソソノ役のハン・ヘジン。上記のキム・スンスとは「あなたは星」(2004)で相思相愛の役どころでしたね。
そしてチョン・グァンリョル。素晴らしい俳優さん。この微妙で複雑なクムワ王を、説得力ある人物に。

(キム・スンスハン・ヘジンチョン・グァンリョルはPersonにて)

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。

2011年5月14日 土曜日

0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 (0 投票, 平均値/最大値: 0.00 / 5, 評価済)


記憶を失うという空白期間が作り出したすれ違い。
はかないラブストーリーとともに、
優しく素敵なテーマ曲が耳に残ります。

「水花村の人々」「薯童謡」を観て以来イ・ボヨンのファンになり
チソンも最近良い俳優だな、と思っている次第。
このドラマでユジンさんが気になり、色々調べてみました。

S.E.Sというポップグループで一世を風靡していたそうですね。
現在はすっかり女優さんとして定着されています。
最新作は「製パン王キム・タック」。
昨年2010年の韓国で「怪しい三兄弟」「チュノ」などとともに高い視聴率を記録したドラマです。
清純派のイメージを払拭し悪女の役どころとか。

2年連続演技大賞を受賞したコ・ヒョンジョンもそうでしたが
息の長い活躍をする方は、こういう挑戦の時期があるようです。

今後もますます活躍してほしいですね!
(ユジンイ・ボヨンチソンコ・ヒョンジョンはPersonにて)

タグ:
カテゴリー: Review | コメントは受け付けていません。


プライバシーポリシーリンクについて相互リンク

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!